2012年10月18日 (木)

焚火の巻① ワープロ文書をPCに取り込む

 焚火の準備 手始めは10数年前に中学生対象の野外活動「焚火体験プログラム」で配布したプリント探しから。しかしそんな古いものあろうはずもない。まずはPCの中を検索、しかし長い間にノートとデスクトップで4~5台ほどの変遷があり、古いPCは処分してしまった。とりあえず手元にあるPCと外付けHD3つばかり中を検索。面白いもので調べものをすると、いろいろ懐かしいデータがボロボロ出てくる。そんなものをみて懐かしんでいるからサッパリ前に進まない。^^;、ちょうど押入れの片付けをしていて古いお写真や新聞雑誌を見つけた時のようである。あれこれ寄り道しながら探したが目的のものは行方不明。ふと机の引出しのフロッピーディスクに気が付いた。10年前といえばちょうどワープロからPCに移行している時期だった、もしやと気が付いてフロッピーの保存ファイルをめくるとようやくそれらしきものに出会った 

 さて、これを読み込むには・・・用済みの古いFDドライブを使ってPCで読み込もうと思ったがこれは土台無理で無謀な話  PCでワープロデータを読み込むソフトがないものかとグーグル先生に尋ねたが有料ソフトばかりでフリーは無いようだ。 有料で変換してくれるサービスもあるが、重要なデータならいざ知らず、たかが子供相手の文書に支払うにはお高い値段。それでは他の方法とを調べると 一旦ワープロで読み込んでMS-DOSデータで保存してからPCで読み込めばよいというようなことが書いてあった。

 これなら何とかなりそうだと、早速10年以上電源を入れていない我が家のワープロに差し込んだがFDDが不動 orz 確かどこも何ともなかったはずのワープロだったのに、使わないでいるとこうなるのか (>_<) 気を取り直して会社にあった埃だらけの最新式ワープロ(とはいえこれも使わなくなって8年経過)を借りてようやく読み込めた。 とりあえずプリントして最悪に備えようともしたのだが、肝心のインクリボンがなくてはどうにもならない(T_T) プリントしたものをスキャナで認識させるという奥の手もこれでは使えない、だがあれは識字率が悪すぎあとの手間がかかり過ぎ!こうなったら何が何でもMS-DOSデータに変換!!、だが予備知識もなくいきなりは無茶。ところが読み込んだデータを「名前を付けて保存にする」ようにしところ、画面下にテキスト保存というタブを発見 これをクリックすると「MS-DOSファイルをセットして・・・」というガイドが示された。こんなことができるなんて何年もワープロを使っていて全く初めて見た しかしそう簡単にはいかなかった!新たにDOS形式でフォーマットしたフロッピーがないと保存できないというのだ。 今更新しいFDなんてないし、新しいFDを買うのも癪だし・・・。そこで得意先名が書いてあった内容は判らない何かのデータと思われる古いFDをMS-DOSでフォーマットしそれに読み込んだ文書を書き込んでみた。ちなみにワープロの機種は「SHARP書院WD-VP3」。

 書き込みが済んだFDをPCの外付けFDDで読み込んだところ大成功! レイアウトはすっかり崩れてしまうが、一字一句間違いなく読み込むことができた ちなみにTXT形式だから単なる文字の羅列、それでもキーボード入力の苦手なおっさんにとってプリントを見ながら新たに入力するよりはるかに効率的なんです。 

 いらなくなったと思っても何でもかんでもすぐに捨てないで取っておくもんですね~ 外付けFDD・古いフロッピー・ワープロ・・・ これらがみんな揃っていたからこそ出来たこと。だから家も職場も粗大ごみ置き場といわれてもしょうがない (*_*; 読み込むワープロが健在でなかったらできなかったらこんな技も使えないんです。早速ワープロに溜まった埃を払って、まだ当分捨てないで置くことに決めたこと言うまでもない。古いFDから役に立ちそうなデータを救出できることは判ったけど、そうめったにあることでもないから、結局粗大ごみ保存の大義名分ができただけなんでしょう。

 最新のデータ保存方法も10年後にはどうなっていることやら。VHSビデオ 8ミリビデオ ミニDV 思い出がいっぱい詰まった映像がわずかの間に駆逐され、見たいと思っても再生機器がないため見られないものが山積。これと同様にHDDにバックアップした資料も、10年したら読み込む術がなくなるかも知れないと思うとプリントしてとって置くのが一番かも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月16日 (火)

気がついたら

 気が付けば何と半年も更新をサボってた(^^ゞ その間には書きかけの記事がいくつかあったが、どれもこれも今更アップするというのは時機を逸したようではばかられる。言い訳がましいが、今年は春から自転車の大会準備に始まり、初孫の誕生、大地の芸術祭にかかわる様々な行事が続いたため慌しく過ごし、別のブログ更新に手間を取ったりで、なかなかこのブログに集中することが出来なかった。 とはいえ、相変わらず庭仕事やDIYはわずかなヒマを見つけてはチマチマチマチマ・・・ どれこれも些細なことなのだが、なんかつくろ魂は相変わらず健在である。ここらで本腰を入れブログ更新に精を出そうと思う。 

 先日、近所の中学生の親から「子供の野外活動で焚火をするので協力して欲しい」と相談を受けた。焚火といえば彼是15年ほど前に野外活動の講師をしたのが最後。自称焚火インストラクターとして久々にその血が疼いてきた。 ここまで書くと止まらなくなる、久々の更新だから今夜はとりあえずここまで。 次回は焚火にまつわるDIYのあれこれを何回かに分けて書きます!!! (と、自分に叱咤激励) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 4日 (金)

逃げたインコが・・・

 我が家の春の恒例、大勢の仲間を集める花見の準備で朝から大童。テーブルやテレビなど家具を動かし掃除をしたりとあわただしい。ついでに飼い鳥のカゴも大掃除しよう思いたった。天気も良いことだし、家の掃除が一段落する間日光浴をさせようと、いつもの場所からベランダにカゴを出した、青空が広がる満開の桜の下、気持ちよさそうにカゴの中を飛び回っておしゃべりしている。花見は午後からだし時間はたっぷりある。お茶でも飲みながら暫し休憩しようとほんの4~5分目を離した矢先。今までガサガサ音がしていたのが何か静かになった気がした。「カァサン、ノビがおとなしくなったから様子を見て!」と云って少しすると「ノビがいない―――!!!」と悲鳴のような大声・・・ 慌ててベランダに出たらカゴの中に姿が見えない。時々カゴの下に敷いた新聞紙の下にもぐって遊ぶことがあるのでもしかしたらと思ったがいない。カゴの扉はみんな閉まったままだがぬけの殻、いったい何処へ??
 「ノビ~!ノビ~!!」と大声で名前を呼ぶと10mほど離れた桜の大木のてっぺんから返事が聞こえるではないか!「何んで??」という疑問はすぐ解けた。今まで何度か家の中から自分でカゴの扉を持ち上げて出てきたことがあることを思い出した。今回も自分でスライド扉を持ち上げて出てしまったようだ。慌てる飼い主をよそに当の本人?は気持ちよさそうに満開の花の枝に止まってさえずってる。我が家に来て一年、家の中で放しても名前を呼べば飛んでくる。しかし、外では何度呼んでも全く戻って来る様子はない。好物のゼリーの入れ物をガラガラ振れば必ず飛んでくるのだがそれをやっても戻って来ない。桜の花をかじるのに夢中の様子だ。10分ほどたった頃、近くにヒヨドリがやって来てピーピー鳴き始めた。そのヒヨドリが少し離れた隣の桜の木に飛ぶとそれについて一緒について隣の木に飛んで行ってしまった。慌てて追うが、カゴの外がよほど楽しいようで戻る気配はまったくない。さらに10分ほどして今度は小高い丘の上の桜のてっぺんに移動した。残雪を踏んで追いかけて呼び戻すが、高い枝から下に移ることもなく時間だけが過ぎる。それでも見失った訳ではないので二人で必死に名前を呼び続けたが、時間とともに家から次第に遠くに離れついには沢を挟んだ隣の丘の公園方向に飛び去るのを最後に視界から消えた。

 もう戻ることはないと諦めるしかないとガッカリしながら無言で家に帰った。家に帰るやいなや家内は「あんたが悪い!!外になんか出したあんたが悪い!」と猛烈な非難の嵐。まぁ外に出したのが原因だが、扉を開けて出たのは本人の仕業、だが反論すれば何倍になって返ってくる来るのは必定だからここは黙っているしかない。それからは二人で午後に控えた花見の準備を無言で黙々と続ける。もしかして帰ってくるかもしれないと思い、ベランダのカゴはそのまんま。昼少し前、書いてどうなるわけではないと思いつつそんな気持ちをツイッターでつぶやいてみた「・・・ゴシキセイガイインコが逃げたorz」
 二人は気まずい雰囲気のままでにぎやかな花見も終わり。夜になりベランダの空っぽのカゴを見ながら夫婦は「今頃は雪の残った山で腹を空かせているか」とか「もうトンビやイタチに襲われてしまっただろう」とか悪い予想ばかり考えている。

 翌日、家内は早朝から予ての計画で日帰り旅行に出発。一人で朝飯を食べて出勤し暫らくしたらころケータイが鳴った。電話は友達からだった「●●君鳥逃がしたろ?」って 友達はツイッターのフォロワーでもあるからきっとそれを見たんだろう。すると「××タイムスのメール配信でゴシキセイガイインコを保護し預かっているというメールが回ってる」というではないか。地元の情報がいち早く入る地元新聞社が発信するケータイのニュースメール配信に登録しているので配信がある度にチェックしている。その日も朝から2~3の着信があったがたまたま見ないでいた。知らせを受けてさっそくメールを開いたら「ゴシキセイガイを○○で保護、心当たりの方は×××へ電話・・・」のお知らせ 何とそれは会社の町内のご近所さん、ゴシキを保護なんてそう滅多に飼われていない種類だからほぼ間違いないと確信した。それにしても会社から歩いて1分もかからないというところにいるとは全くの偶然かと驚きつつでとりあえず電話で確認しさっそく出向いてドアを開けるとあの甲高い鳴き声が聞こえた。ご主人夫妻がカゴを持って出てきたらそれは間違いなく我が家のインコだった。

 ご主人の話では前日の夕方、少し大きい鳥2羽に追われその家の庭に不時着したところを保護したという。見慣れない鳥なのでペットショップで種類を特定してもらい、エサやカゴをまで買ってくれたようだ。とりあえず一晩保護し翌朝そのことを新聞社に連絡してメール配信してもらったという。入れ物のカゴといえば我が家のそれよりずいぶんゆったりした豪邸?こんなことならそのまま買われたほうがノビちゃんは幸せだったかもしれないと思いつつお礼を言って連れ帰った。 出先の家内にさっそく電話を入れるとその喜びようといったら素っ頓狂な声で「えぇぇぇぇぇ~~~!!」 

 逃げたペットが保護され戻るって話はよく聞くが、まさか我が家にそんなことが起きるとは全く驚きだ。それもツイッターで一言つぶやいたのをたまたまフォロワーさんが気にかけてくれメール配信がきっかけで連絡をしてくれたからだった。その後もフォロワーさんからメールや電話でこのことのお知らせを頂いた。「ツイッターとニュースメール配信のおかげ」とはいかにも今風な出来事。インターネット環境とメール配信恐るべし。ご迷惑をかけた皆様、お知らせいただいた皆様本当にありがとうございます m(__)m 当の本人は大冒険にもかかわらず相変わらず元気で能天気な腕白(^_^)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 1日 (日)

新品PCなのにリカバリ

 9年前のノートパソコン。もともと社用パソコンだったが4年ほど使ってディスプレイが逝ってしまい、新しいパソコンに買い換えたあとは廃棄の予定だった。 しかし、ディスプレィ以外はまだ問題なくHDDも交換したばかりなのでもったいなくてとって置いた。行きつけのPCショップに相談したら暫くして使えそうな液晶パネルの中古を見つけてくれ、まったく同じものではないが交換して使えるようにしてもらった。その後も動作の不安定なHDDを換えたりしながら、個人用のサブPCとしてずっと使っていたが、今年になってキーの一部の反応が鈍ってきた。最初はだましだまし使ってきたがどうもいけない。近頃はキーボードの左三分の一が何度も力を入れて押さないと入力できない(/_;)。もう我慢ができずキーボード交換も考えたが、何しろ古過ぎて部品がない。オマケにバッテリーも寿命らしくACアダプターにつないでいないと使えない状態だ。近頃はは何十倍ものスペックのノートも安くなってきた、延命の価値もないと思いつつ外付けキーボードをつないで使っていたが・・・これではもうノートPCの意味がない

 先日我が町にY電機が開店。オープンセールのチラシに激安PCの特価が出ていたので早速行ってみたら、駐車場が満杯で入ることすら出来なかった。翌週末、再びのオープンセールでまたノートPCが3日連続で連日10台限りの台数限定特価。いちばん安い初日は忙しくて行けず、2日目にどうにか都合をつけて開店前に並んで整理券を貰ったら、何と10台中の最後の10番目でギリギリゲット(*^_^*)  HDD500GB:メモリー4GBというスペックだ。 これまで使ってきたノートはHDD34GBで、買った当時確か20万円以上だった気がするから安くなったもんだ。OSは使い慣れたXPから初セブン。先日仕事用デスクトップPCも更新し、OSが7になったばかりだったが初めてのOSは何かと戸惑うことも多い。

 わずかサンキュッパの激安ノートだからシンプルで機能も限られるがサブPCにしては十分だ。無線Lanやネットワーク・メールの設定も終え、壊れたノートからデータの移行も済んだ。そして使っていた様々なソフトのドライバーを7用に更新していた矢先の買って3日目でこれが出来なくなった(*_*; 管理者権限が無いのだ!! いったいどうしてだろ?? 

 既成のPCはいろいろなオマケのソフトがいっぱい付いている。立ち上げるたびにウザいほどデスクトップに現れる。全くの初心者ならこうしたソフトも有難いだろうが、多少なりとも使ってきた者には邪魔モノ以外の何者でも無い。こんな不要なプリインストールソフトは手当たり次第に削除した。多分そのとき誤って?管理者権限まで削除してしまったらしい。そんなことってあり得ないが多分・・・だ。(>_<)こうなると新たなソフトやドライバーのインストールは全く出来ない。困った挙句に行き着いた方法はただひとつ、買ってわずか4日目のNewPCだがリカバリーという選択肢。今までコツコツ毎晩やってたことはいったい何だった? 結局また一から出直し。 リカバリーなんて滅多にすることではないから「良い経験だった」といえば負け惜しみに聞こえそう。データ移行やLan設定など忘れないうちに復習できたから勉強と思うことにした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月28日 (水)

案ずるより生むが易し:軽トラ名義変更 

 軽トラは田舎暮しのDIYerや日曜百姓にとって是非欲しいモノのひとつ。「3ナンバーの高級車なんてクソの役にもたたん」なんていうと僻みにも聞こえるが、中途半端なワゴン車やピカピカ乗用車とは比較にならないほど実用的で、汚れやキズを気にせず惜しみなく使えるクルマというより道具だ。
 今までは長尺物を運ぶ時も臭い鶏糞や豚プンを運ぶ時も、無理して我慢してワゴン車で運んでいた。草刈機を積むときは、刃を前にしてもエンジンを前にしても、運転席にはみ出しておっかないことこの上ない。耕運機や除雪機も運べないことは無かったが、やはり軽トラの便利さには及ばない。薪ストーブの燃料や土の運搬は、親戚や知り合いからその都度トラックを借りていたが、使いたいときにいつでも使えないのはやっぱり不自由。少しぐらいボロでも「腐っても鯛は鯛」軽トラは軽トラ古くてもいいからいつかは欲しいと思ってもなかかなチャンスは巡って来なかった。

 ところがそんな憧れ?の軽トラを、ひょんなことから譲り受けることになった。すでに家族それぞれがクルマを持っていたから、維持費のことで大反対された。しかし、長年の夢だった軽トラの便利さは他に代え難いものがあり、年間に走る距離はわずかでも簡単には諦められず、なんだかんだあって渋々承諾というよりむりやり承知させて車庫に収まった。
 個人売買だから取引にかかわる手数料や経費は一切かからない、あとは名義変更など諸々の手続きをどうするか。付き合いのあるクルマ屋に何社か聞いたら、安いところで「6000円位かな?」とか「8,400円」とかはっきりした金額はそれぞれマチマチ。ネットで調べたら実際にかかる費用は100円以下で残りは殆んど代行業者の手数料らしい。以前「車庫証明」を自分で撮った経験があったので、今回はクルマの名義変更を自分でやってみることにした。我が家を管轄する届出事務所は家から片道40キロほどだから、半日あれば行って来れる。そんなことが判ったら自分でやって少しでも節約してみようという気になった。あらかじめ手続きの方法や書類の書き方などネットで調べてみたら、それぞれの地方でそれぞれ違っているみたいだが、概ねの流れは理解できた。
 

 しかし、今回は単なる名義変更ではなく、その前に所有権解除という、もうひとつ余計な手続きがあることが判明。ローンが終わった後も所有者は販売会社のままだったから、この所有権を解除してもらわないと名義変更が出来ないという。この2つの手続きが同時に出来るか、それとも別々にやるのかそこんとこが判らない?? 別々ならそれぞれにどんな書類が必要なのかネットの何処にも書いていない。とりあえず販売会社に行って所有権解除して欲しいと言ったら直ぐに捺印した必要書類を作ってくれた。あとは住民票と認印 前使用者の印鑑とか考えられるものはみんな用意し所轄の軽自動車協会へ出向く。
 3月末は月末と年度末が重なってとても混雑するということだったから、早めに家を出て受付開始前の事務所に向かった。まだ業務開始の少し前だったが、ドアが開いたので中に入り書類を取り出して案内窓口で必要な提出書類のことを聞いたら、受付の親切なお姉さん(少し無理のある呼び方だが親切だったのであえてそう呼ばせてもらいます(*^^)v)がテキパキと「これはいりません、これとこれとこれだけあればいいです」「ハイ認め印を貸してください」認め印を一つポン「検査証記入申請書が1枚35円です」と。三十五円渡したら用紙を取り出してここはマークシートだから鉛筆でと言いながら記入までほとんどやってくれた。「住所は住所コードの数字で」とかあれほど記入方法まで予習したというのに・・・。こっちがいかにも素人っぽいジイサンでモタモタしそうだとか、後に続く手慣れたみなさんの邪魔にならない配慮かもしれない(~_~メ)。 3枚の書類の記名欄のところにいくつか鉛筆で印をつけて、「ここに記入したらまたここにもってきて」という。 署名が終わって再び”お姉さん”とこへ行ってチェック完了。向かい側の窓口で再びチェックを受けたら。別棟の窓口に提出するよう言われた。ここまでの所要時間わずか5分!! 早ッ!!ちなみに後続の兄ちゃんには説明だけで書いてくれた風もなかった(笑)
 

 別棟の窓口のオジサンは打って変わって無愛想 ^^; 書類を受け取るとチラッと目を通し「少し時間がかかります! 550番です!」 エッ ゴヒャクゴジュウ? 何だろう? 550も待っている書類があるのか??(ー_ー)!! 聞き直したら「30分ほどかかります」と。他に行くところもないし仕方なく待合室で待っていると、次から次へと業界関係者らしい人の出入りが激しくなってきた。こうした人たちはあらかじめ提出した書類を受け取りに来ているのが大半のようだ。中には分厚いものを受け取って帰る業者もいる。奥では事務のオネーサン達が次から次と書類の処理を進めている。思ったより早く20分ほどで名前を呼ばれ新しい車検証を渡され「間違いがないか確認してください」「はいありません」・・・これであっ気なく終了 古いクルマだから取得税も不要、車庫証明もいらない、登録手数料も印紙もいらない。なんと早かったこと、これで晴れて軽トラオーナーになることができた。(*^_^*)

 しかし、一生懸命調べて予習までして行ったのにみんなやってもらったうえ、掛った費用がわずか35円では何か申し訳ないような気がしないでもない。考えてみれば往復の時間を時給に換算し、交通費や手間を考えたら5~6千円は妥当なのかもしれない。今回自分でやってみて(というより受付のオネエサンが親切でみんなやってくれたから)「案ずるより産むがやすし」という言葉どおりであった。同じ棟ではユーザー車検の行列が窓から見えた。見れば意外に素人っぽい人が大半。こんなに親切に教えてもらえるのなら、今度は他の申請手続きも車検も自分でやってみようかという気も起きてくる。そこまでとはいかなくても「車の名義変更」は自分で出来て呆気にとられるほど簡単だったということが分かったのは収穫だった。たまたま時間帯が良かったのかそれともいかにもミジメっぽい融通の利かなそうなジイサンと思われたのか、後に続いた若者には書き方の説明だけで代書までしてくれた風もなかった気がする。それぞれの管轄の軽自動車検査協会によって対応は違うと思うがやってみる価値はありますぞ!scissors さて次は何か格安の任意保険を探さねば・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«トホホなスマホ・・・