« 雪まつり・雪像作り最終日とその後 | トップページ | いつもの思いつきで「テーブルソー」 »

2007年2月25日 (日)

春が来た\(~o~)/

 目が覚めた、朝から真っ青な空が広がっている。暖かい日差しに誘われてウキウキ・ソワソワ。こんな気持ちのいい休日はうれしくて「あれもしたい・これもしたい」と気もそぞろです。とりあえず急いで朝めしを喰って外に出る。少雪の今年は庭の雪もすっかり消えている、いつもの年ならまだ2メートルはあるというのに・・・。好天の朝は冷え込んで、空気はキ~ンと冷え切っているけれど日差しは温かく気持ちが良くて、気温1度を全く感じさせない。同じ気温でも日差しがあるとないではこうも違うものでしょうか。まず目に付いた落ち葉や枯れ枝、雪の下から出たごみの掃除。次に花木の消毒。ハウスの中の花も日差しを浴びて、なんとなく活き活きとしているようです。そんな花を手入れし、何鉢かの寄せ植えを作ったり施肥したり。夢中でやっていると「お昼だよ!」の声。時間の感覚を忘れるほど熱中していました。お昼を食べながら家内の「映画にいこ?」の誘いも、あんまり天気がよくて気が進みませんでしたが、仕方なく付き合うこと・・・、山田洋二監督の「武士の一分」。心に沁みる感動的なエンディング。館内の灯りが付く頃、スクリーンに向かい感激の拍手をする人、ハンカチを手に感動に浸る人、さまざまです。実は昨夜も「硫黄島からの手紙」を見ていたので二日連続でしたが今日の映画の方がよかった。ホールを出るときに近所のトーチャン目をしばたかせて小声で曰く 「またカアチャンを愛してしまいそう!」 昔、高倉健の映画を見た後、「オトコはみんな、肩で風を切って出てくる」とか言いましたが、映画を見たあと自分が主人公になりきるっていうのはいつの世も変わりません。あのトーチャンも気分はキムタク???(~_~;) 好天の日中をつぶしても見る価値ありでした。市内に映画館がなくなってしまった今、たまにやってくる出張上映会以外に見るチャンスがない。遠方のシネコンにでも行けばいいと思うのですが、映画を見るために一日を費やすなんて・・・(-_-)、庭仕事が忙しくなるこれからはなかなか出来ません。家に帰ってもまだ日が高いので暗くなるまでもう一度庭でひと仕事。風呂から上がり「カツオのタタキ」を肴に頂き物の旨い芋焼酎で晩酌(*^_^*)至福のひと時です。満足するほどいろいろやった良い休日でした。

|

« 雪まつり・雪像作り最終日とその後 | トップページ | いつもの思いつきで「テーブルソー」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190701/14076349

この記事へのトラックバック一覧です: 春が来た\(~o~)/:

« 雪まつり・雪像作り最終日とその後 | トップページ | いつもの思いつきで「テーブルソー」 »