« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月の投稿

2007年6月27日 (水)

これって絶対に変?

 今日は市内某所で仕事してた。仕事場のすぐ脇に、見通しは良いが一時停止標識が設置されているT字路がある。そこから2~30mほど離れた土手下にパトカーが潜んで、一時停止違反の取締りを始めた。そこに1台のスクーターがやってきた。「捕まるぞ」と思いながら見ていると案の定、きょろきょろと安全確認はしているが完全に停まらず曲がって走り去る。パトカーが追跡して100m以上先で捕まえた。 そのあとすぐに続いて来た車は次々とスクーターと同じような動作でその交差点を通過していった。かくしておっさんは、みんなの生け贄・身代わりとなった。後続の連中は運が良かった、あのスクーターのおっさんの反則金を割り勘にして払わせてやりたい。お前らだって同罪なんだぞ!

 普段見ているとその交差点は見通しが良いのでおよそ半分は止まらず行き過ぎている場所だ。その後も同じパターンで取り締まりは続く。一応止まるが安全確認もせず過ぎ去るのは取り締まられず、徐行しながらでも良く見て安全確認をしていても捕まる。これって絶対に変。あの場所からでは停止の有無は確認できても、確認動作を見る事は絶対に無理だ。取り締まるなら停止と確認をセットで取り締まるべき、一方の不停止だけで違反とは解せない。よく考えれば停止動作そのものより安全確認の有無が問われるべきである、これでは本末転倒だ。交通安全推進が任務なら、一時停止標識の手前にパトカーを置いて停止を呼びかけるとか、威嚇?して停止を促すとかするべきだ。集金業務のような取締り・姑息な手段で反則金徴収なんて許せない。

 免許取得40年になるが、20数年前似たような経験をした事を思い出した。そこは市街地のはずれにある30キロ制限の直線道路、郊外に向かってホッとするような緩い下り坂。アクセルを目一杯吹かしても50キロも出ないボロ車に乗って差し掛かった。前方にはクルマはいなかった、後続には離れて数台が続いていた。坂を下って上りに差し掛かるところで脇から出たおまわりに停止させられた。30キロ制限の15キロ未満オーバーであった。捕まった場所のほんの数10メートル先からは50キロ制限、30キロで走っても5秒以内で通過してしまう位置である。「こんな場所で取り締まりなんて」と怒り心頭で悪いことをしたという感覚は無かった。やるなら危険が予想される市街地ですべきだ!あと数秒で制限解除の場所でするなんて摘発実績作り以外の何物でもない。制限オーバーは認めるが「たまたま下りでスピードがついた、運が悪かった(ーー;)」としか言い様がなかった。キップを切られている間、もっと早い車がどんどん通過していった。「俺が犠牲になってやったんだ、反則金は割り勘だ」と言いたかった。それ以後は無事故・無摘発(違反があったとしても捕まっていない)である。捕まらないように、また細心の注意を払って安全運転に努めているつもりだ。

 違反は悪い、しかし運が悪かったというような取締りは絶対よくない<`ヘ´>。 法の下ではみんな平等である、悪いのは1台もらさずに摘発するような納得のいく取締りをしてもらいたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月25日 (月)

久比岐自転車道

 日曜日、どうやら天気は持ちそうということで、かねてより計画していた輪行練習会を行った。参加者は若干減ったが総勢14名。駅まで各自が自走してきた自転車を分解する、余裕を見て1時間前の集合であった。だが家でもひそかに練習を重ねたらしく、20分ほどで全員が分解し袋に収めてしまった。早い!(◎o◎)  そうこうして出発、これだけの集団が輪行する姿は異様だ。なるべく目立たず迷惑をかけないよう分散して乗車するが、同じ列車に乗るのだからやっぱり目立つ。

 Cimg5503

 輪行の基点は「梶屋敷駅」、組み立てもスムーズに終わって定刻にスタート。今日は輪行そのものが目的だからサイクリングそのものはどうでもよかった。のんびり・行き当たりばったりの、あっちフラフラこっちフラフラでよい。心地よい日差しと潮風を浴びて・・・といいたいが、どんよりとした空模様。能生では弁天岩や民俗資料館・白山神社などで時間を過ごすが、昼前にはマリンドリーム能生(道の駅)に着いてしまった。ちょうどイベントの真っ最中でカニ食べ放題とか競り市とかやっていて賑わっている。予報より早く、今にも降ってきそうな空模様だ。更に込んできそうなので、ここで早めの昼食。2階の魚料理「番屋」で好き勝手に注文、刺身定食とカニちらしに人気が集中。新鮮な魚に皆んな満足の様子だ。ここでは飲食金額に応じた抽選会をしていた。旅行券はともかく米や酒が当ったらどうしようかと獲らぬ狸の・・・。荷物にならないものが当たるよう願ってくじを引いたが、ほとんどが末等の粗品だった。だけどポケットティッシュならよかったが、ここのはデカイ !ティッシュボックスだ (@_@) 全員が2~3個のティッシュボックスを抱え困惑。さっさとあきらめて他所様に気前よく譲る人あり、しっかりリュックに詰める人ありで様々。

 予報では夕方から崩れるらしかったが、食事を終わって外に出ると小雨に変わっている。見物もカニの堪能もパスしてソソクサと次の目的地名立に向かう。天候は回復はしそうにない、合羽を出して着る人もいた。途中はどこにも寄らずまっすぐ名立に到着。残念であったが、ここで今日のサイクリングを打ち切った。駅で自転車を分解し、駅員さんに預かってもらい「うみてらす名立」まで15分ほど徒歩で移動。汗と雨で濡れた体を入浴でさっぱりさせた後は、列車の出発時間までお決まりの宴会モードに突入。 

Cimg5551  4時過ぎ雨の中を再び駅まで引き返し帰路に着いた。わずか25㎞と走りは物足りなかったが、輪行の腕は確実 に上がったようだ。オトコはともかくほとんど6×歳??をはるかに過ぎるオバァが自力で輪行ができる・・・すごいじゃないか!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年6月23日 (土)

どうやら明日は晴れそう(^^♪

 週間天気予報も7日先はほとんど当たらない、先週の今頃の週末予報はほとんど傘マーク。金曜になってやっと傘マークがとれて晴れ予報。今朝は土日両日ピーカン予報だったけれど、今夜の予報は午後には崩れるらしい、ホント全く当てにならない (~_~;)  

 ところで、5月に計画し雨天続きで延期していた輪行練習会を明日決行することにした。これ以上天気が悪いほうに外れないように祈るばかりだ。行き先は久比岐自転車道。天気があまり良すぎると暑くて大変だし降られるのも嫌だし、適当に曇って涼しいのが一番良いと勝手なことを願っている  (^^ゞ  マリンドリーム能生では明日、お祭りをやっているようだ、楽しみが増えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月21日 (木)

カラス撃退

 ツバメはめげずにまた抱卵しているようだ。絶対に守ろうと思ったが、四六時中付きっ切りという訳にはいかない。半開きのシャッターの隙間はいっそう狭くしよう。今までその隙間には白い目立つロープを5~60センチ間隔でぶら下げていたが、今度は間隔をもっと狭くして目立たないテグスかキラキラ光る細い糸を下げてみよう。畑や田んぼでよくカラスの死骸をぶら下げてからす除けをしているのを見かける、あれはどうだろう。しかし、家の出入り口にあれを下げるのはどうも気味が悪い。ホームセンターにはプラスチック製のダミーを売っていた。値段は結構高くて3~4千円 (@_@) とっても買えない (*_*) 効果の程も判らない。そこでありあわせの材料でカラスもどきを作ってみた。Photo_23

 材料は発泡スチロールトロ箱、こんなものがカラスになる?? 薄いものを何枚か重ねて竹串で串刺し。ボディ・頭・くちばし・足と4つのパーツに分けてそれぞれをカッターでスパスパと整形しそれぞれのパーツを串で刺してくっ付けた。

 

1  どうやって黒くしようか・・・串刺しカラスは簡単にバラケそう。黒いポリマルチフィルムを巻いたけど包帯のようで巻くのが難しかった。ラッカースプレーはスチロールを溶かすのでまずい。そこでバラケ防止のためガムテープを巻いて塗装しようと思ったがそれならいっそ黒いガムテなら一石二鳥。というわけでわずか2時間程で簡単に不気味なカラスの出来上がり。チョッと艶っぽいがカラスはどう思うだろう?拾った本物のカラスの羽を2~3本刺したらどうか?? 材料は只だし、今度はもっと早くいくつでも作れる。しかし、これでツバメが怖がって巣に寄り付かなければ元も子もない。そうしたらどうしよう?? 試しにペットのセキセイインコに見せても全く平気な様子。そうか、こいつはカラスを知らなかったんだ。(~o~)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月16日 (土)

めげない!!(◎o◎)

 5日前、カラスに襲われ巣は全壊、全ての雛が餌食になってしまった。翌日もツバメ夫婦は誰もいない場所にまだ餌を運んで来ていた。しかし、ようやく状況が飲み込めたのであろう。二日後にはめげずに同じ場所に新しい巣作りを始めた、本能とはいえすごい。(@_@。

D1020072

 

  新居はもうすぐ完成しそうだ、巣の土はまだ乾いていない。今度は必ず守ってやるぞ (`´)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月11日 (月)

怒・怒・カラスのバカヤロー<`ヘ´>

 4~5日先に、我が家の車庫のツバメの巣がカラスに襲われそうになったと書いた。直ぐにツバメだけが通れるようシャッターの隙間を少しだけ狭くしてビニールの紐を暖簾状に下げ対策をした。今朝は下に落ちたウンチの掃除をして雛の成長を楽しみにしていたのに・・・

D1020071_3  昼に帰ると巣が壊れ落ちていた、雛の姿はない!やられたぁ~~ あたりを見ると黒い羽毛が何枚か落ちている。大きさからして多分カラス こんぢぐしょう~~ とりあえずの感情は怒・怒・怒であった。次にきた感情はもっと隙間を狭くした対策をすればよかったという後悔。

 

 

D1020070

  親ツバメはいまだに状況を飲み込めず、巣の近くの電線にとまっている。その口には雛に運んできたであろう大きな虫をくわえている・・・ この姿を見てようやくミジョゲでセツネェ(可哀想で悲しい)という感情。虫もツバメもカラスも懸命に子育て。食物連鎖・弱肉強食・自然の摂理・いろいろ考えさせられた。それにしてもわずか50センチの隙間に紐まで下げて注意していたというのに、そこをかいくぐり車庫に進入するなんて。先日、市街地のアーケードのツバメの巣がカラスに襲われているのを目撃した、勢いよく飛んできて足蹴りで巣を叩き落し、落ちたヒナを食べるという手口だ。ここはあの隙間と巣の位置からして歩いて進入しもう一度飛び立たないとゼッタイ無理だ。外から飛んできて直に襲うとは考えられない。なんと図々しい。4~5日前の侵入は偵察か?もっと太らせて襲う計画だったのか?きっとこれはカラスの悪知恵だと勘ぐりたくなった。

 コラッ カラス,!!朝早くからギャアギャア、うるさい!安眠妨害だゾ!お前らはゴミでも喰ってろ!とっ捕まえて焼き鳥に??は喰えない、 焼き殺すぞ~ 怒・怒

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月10日 (日)

happy

 今日は一日中朝から晩までいろいろやった。畑仕事に庭仕事・自転車いじり・薪の始末・工房?の整理・ある方から枕木を頂けそうなのでそれを見に山の中までちょっと息抜きにドライブ・ひとしきりの驟雨の間は外に出られず軒下で鎌を研いだり、汚れた植木鉢を山ほど洗って整理、土壌のPH計測器を修理。ホント暗くなるまで1日中あれこれやっていた。(*^_^*)  直ったPH計測器のテストにタナゴの水槽に突っ込んだらとんでもない酸性値(@_@。。明日は早起きして水槽の掃除をしよう。夜はゆっくり風呂に入って、それから晩酌しながらBS日本の歌を聞く。お気に入りの都はるみ「熱唱ひとり舞台」。演歌はいい・・・、酒が旨い~ いい日曜の締めくくり(^_-)-☆ ♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 9日 (土)

ピクニカ兄弟とおまけのハリー

 我が家のピクニカは3台、真ん中の赤いワンタッチピクニカ2台と左のシルバーのピクニカ。いちばん右はゲスト?の「ARAYAマイクロハリー16」 みんな可愛い子供達だ。

Cimg5480

 左のシルバーのピクニカ、名前は「ブリヂストン ピクニカ」 赤のOPC-1型より前に発売されていたものでワンタッチではなく現在普通にある折りたたみ同様フレームの真ん中を折る方式。とはいえ今のように折りたたみ自転車がどこにでもあるという時代ではなく折りたたみというだけで珍しい時代の元祖ピクニカです。当時BSだけが採用していたアルミダイキャストフレームというスチールパイプをアルミの鋳造ラグで繋いだ車体。「さすがBS」とうなずけるしっかりした構造だ。

Cimg5478_2 ペダルはBSオリジナルの折りたたみ式。ワンタッチではありませんが工具無しでも簡単に折り畳めるユニークな優れもの。スライドロックでペダルシャフトを固定して手回しで緩めてクランクから外しますが、外れたペダルがクランクから離れないようになっている。

  30年たってさびや傷はいっぱいだが、今なお充分実用に耐えている。年代は忘れたがこのピクニカ、発売当時にお年玉年賀はがきの1等の景品となった、それに当選した知人が使っていていらなくなったものを譲り受けた。15年前に一度レストアした後、チョイ乗りやポタリングで重宝して使っていた。レストアのときにメッキ部分はしっかりを錆びを落とし、そこにクリアを吹いておいたので今でもピカピカだが、2回ほど海の波打ち際で戯れた後のメンテを怠ったため、車体の塗装部分にうっすらとさびが浮いて惨めな姿となってしまった。今度は車体を全塗装してみたび蘇らせる予定。そのときにはオリジナル部分は残しながら、内装3段変速に変えたり、軽量化もしようかと思案中・・・

他のピクニカとマイクロハリーについてはまた次の機会に書こうかな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年6月 7日 (木)

サンコウチョウ

 雨上がりの今朝、家の裏手の畑を見回っていた。気温も上がってくるこのごろは、雨が降ると雑草は突然元気が出てくる。乾いていたときには何もなかったところに一斉に雑草が芽を吹いている (--;)  これからは抜いても刈っても生えてくる雑草とのバトルが始まる。一年草ならまだ何とかなるが、手に負えないのはスギナやどくだみ・・・なかなか根絶できない(ーー;) 車庫のツバメの巣がカラスに襲われそうになった。そのカラスも家から見える高台の杉の木のてっぺんで子育て中。朝からガァガァと騒がしい。近くのナラの木ではウグイスがさえずった、鳴き始めよりもだいぶ上手くなってきている。

 そんな時、林の方からきれいな鳴き声が聞こえた。毎年何度か必ず聞こえる特徴のある鳴き声で印象に残っていたが姿を見たことがない。○△・・**・・+#ヒョイヒョイヒョ~ィとか聞こえる。「ツキ・ヒ・ホシ・ホイホイホイ」は知っていたが実際に聞いたことがない。が・・・、ひょっとしてこれがサンコウチョウ??家に入って早速ネットで検索すると鳴き声が収録されたサイトがいくつもあった。いろいろな声が録音されていたが、今聞いたあれは間違いなくサンコウチョウだと確信した。こんな家の近くで??? 今度正体をつかもうと双眼鏡は手の届くところに置く事にした。「ツキ・ヒ・ホシ・ホイホイホイ」そう思って聞けばそう聞こえなくもない・・・ やっぱり「○△・・**・・+#ヒョイヒョイヒョ~ィヒョイ」かなぁ。 住宅街だけどに山に近いから、昨年末には車庫の中にキジが3羽・・・ シャッターを下ろせば簡単に捕まえられる場面でしたが放っておいた。今度はサンコウチョウ、身近な自然は大事にしなくちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 4日 (月)

菖蒲湯

 中越地震以来風呂場から水漏れするようになった。今まで何もしないでいたけどだんだんひどくなるいっぽうなので昨日思い切って修理した。とはいってもタイルのひび割れにコーキング材を詰めただけ。夕べは乾いていないので近所の日帰り湯へ。そこは菖蒲湯だった。6月何日に入るのが正しいのか判らないが確か5日頃ではなかったか? 今夜は風呂も使えるようになり、家の周りからヨモギを採ってきて我が家も菖蒲湯でした。ヨモギと菖蒲の香りが漂いいい気分(^^♪ 毎日でもいけれど・・・

Cimg5467  

 菖蒲湯は 「あぁ~今年も夏が来る」という感じがする季節の風物詩。毎年の楽しみの1つです。この辺ではこの時期に玄関先など家の出入り口にはヨモギと菖蒲を束にして吊るす風習がある。こうすることで「家に蛇が入ってこない」という邪気払いの言い伝え。近所を見回してもこうする家はほとんどない。菖蒲を吊るす家は大概年寄りのいる家だけ。我が家だけとなっても続けていこう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »