« 東京 | トップページ | 絵手紙美術館 »

2007年7月16日 (月)

震度5強

 中越地震以来、久しぶりの大揺れに驚いた。2階の仕事場で遭遇、最初は小さい縦微動。次第に大きな縦ゆれ。ここまで約10秒ほど。縦ゆれが次第に横揺れに変わり激しくなる。満タンの灯油タンクからオイルが噴出している。およそ30秒ほどで揺れはおさまった。揺れの時間が比較的長かったので、落ちそうなものを抑えたりしながら冷静にあっちこっち観察していた。震源地は柏崎、このあたりは震度5強であった。3年前はこの程度の余震が頻発していたので、気持ちには多少の余裕はあったがやっぱり怖い。地震は何度経験しても慣れることはできないが、だが何をしたらいいか考える余裕が出来ていた。

 地元コミュニティFMをつけて聞いていたが、一般放送から地震情報に切り替わるまでの時間がかかりすぎていた、NHKより遅かった。こういうときのコミュニティ放送だ、中越地震をきっかけにできた放送局だけに、揺れが収まったら直ちに呼びかけるだろうと期待していただけに残念だ。「いま揺れている、落ち着いて、慌てないで、火の元注意!」これだけでいい。「震度や震源地情報はその次でいいから、先ず落ち着くよう呼びかけをして欲しかった。赤字でそんな体制もできないか (ーー;)  それにつけても心配の種は「柏崎原発」。もろ震源地の真上だ、NHKニュースを聞いていても原発に関する情報は30分も過ぎてから。震度6強で本当に大丈夫かい?原発付近の地震は先ず原発に関する情報を流して欲しい。津波や倒壊より本当は原発の方が怖い。これを言っちゃうとパニックになるから、情報がないときは危険と思えということか・・・余震もありそうだから今夜は懐中電灯など備え注意して寝よう。我が家にはテント・発電機・キャンカー何でもあり、でも被災地に向かうほどには足りない。何かあったときのご近所用としよう。

 中越沖地震と名づけられたそうだ。2度の揺れでP波とS波の違いに気がついた。多分あれがそうだと思う。最初のP波はたて揺れ、続いて横揺れのS波。今回は震源からおよそ40km、最初の揺れから大きい揺れまで10秒弱。緊急告知放送があったとしたら、あらかじめどの程度揺れるか判るし、大きい揺れに備えるには充分の時間だ。

|

« 東京 | トップページ | 絵手紙美術館 »

地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190701/15775119

この記事へのトラックバック一覧です: 震度5強:

« 東京 | トップページ | 絵手紙美術館 »