« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月の投稿

2007年10月29日 (月)

カメムシ=オヤジ臭?

 我が家の周辺は自然がいっぱいが自慢である。ところが秋が深まると毎年歓迎されざる訪問者がわんさと押し寄せる、カメムシである。

 天気が良くて気持ちのいい秋の日和には、窓をいっぱい開けて秋の日差しを家に入れたい。しかし・・・ 好天に誘われカメムシの大襲来で窓を開けることさえできない。。 洗濯物も布団も外に乾せない、カーテンだって迂闊に引けない、 カーテンの裏にもビッシリ。 どうやらクサギカメムシという種類のようだ。姿かたちといいクサギ甕虫という名前からして臭ってきそうな嫌な奴だ。

 カメムシの住みかは杉林らしい、我が家の近くは杉の木だらけだから居るわけだ。また大雪になる年は大繁殖するらしいが、確かに昨年秋は発生が少なく小雪だったし、その前の2年の大雪の前は今年と同じ大発生だった気がする。その段からすると今年は大雪になるのだろうか?

 触ったり刺激を与えさえしなければ臭いを出すことはないが、うっかりとか知らずに、不本意で刺激しあの臭気を放出されるとたまらない(ーー;) あの臭いはいったいどこから出るのだろう?てっきり尻の先と思っていたのだが、胸の足の付け根から発するのだという。

 捕獲に失敗したとき、その放屁の瞬間を目撃したことがある。名前からして「屁・・・」だからガス??と思っていたのは先入観であった。霧状のものを10数センチも勢いよく噴出した(@_@;) 臭いのなんの・・・ (~_~;)  石鹸で洗ったくらいで簡単には取れない油状の液体が正体である。種類によっては、蜂に刺されたほど痛くて腫れるらしい、布団や洗濯物の中にもよく潜んでいるから気をつけなくては。窓を閉め切ってても、薄い体でサッシのレールの隙間からでも侵入してくるから困ったもんだ。

 あの臭い、敵をかく乱させるばかりか強い臭いで仲間に危険を知らせたり、薄い臭いで仲間を集めたり、仲間同士のコミュニケーションの手段となっているという。人間に害があるほどだけに毒性もあり、カメムシを数多く閉じ込めた容器の中で1匹が臭いを発すると臭気でみんな失神したり死んでしまったりするほど強力だそうだ。恐るべしカメムシの屁!

 ネットで検索をかけたら、面白いことがヒットした。「あの臭いの成分は30過ぎたオッサンが発するオヤジ臭に限りなく近い組成だ」という。雰囲気がオッさん臭いのとは訳がちがう、気をつけないと・・・カメムシオヤジと嫌われかねない(*^_^*)

 我が家ではゆっくり慎重に、上からガムテープでピタッ。素早くテープを二つ折で密封してポイ。たまに失敗することもある(>_<)が他にいい方法が思いつかない。市内でも山間部ではカメムシを「ダンナサマ」と呼ぶという。どうしてかというと「丁寧に慎重に、機嫌を損ねないように扱わないとえらい目にあうから」だそうだ、なぁるほど言い得て妙である。

     ※注 オトコの立場であえて弁解すると「ダンナサマ」とは妻からみた所謂ご亭主のことではない、ダンナサマ=素封家:「気難しくて当らず触らず、鼻持ちならないの財産家・資産家の意」である。妻から見れば亭主もおんなじかも・・・??"^_^"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月24日 (水)

こんな日が休みなら・・・

 今日は朝から久しぶりの大快晴、朝の最低気温は5℃を下回りこの秋一番の冷え込みであった。この寒さに背を押され起きぬけいちばんの朝仕事は、放置していた野菜畑の秋始末。茄子もトマトも今までよく成ってくれたが、思い切ってみんななぎ倒した。

Cimg6074   まだ花も小さい実もいっぱいつけているが、もう気温が上がることもないから大きくなることもないだろう、未練がましい気を抑えつつためらいながらひっこ抜くが、冬は待ったなしだからしょうがない。逆にリーフレタスや菜花はこの寒さで一層元気になってきたようにみえる。それだけ畑に鮮やかな緑が少なくなったということだろうか。

      

Cimg6075   雨よけハウスに行って10月始めにポット上げした苗を見廻ると、いつ蕾が上がってきてもおかしくないほど生長しているものも多い。ストックの葉の間には蕾らしいものものぞいて来たようだ。プランターの花も花壇の花もまだきれいだが、そろっと植え替えの準備もしなくてはならない。夏の間ずっと戸外に出していた熱帯性の鉢植えも急いで室内に取り込まなくては・・・ 家の内中がジャングルになる日も近い (ーー;)   

 日は短いし天気の良い日は少ない、そのうえ年末に向かい仕事はだんだん忙しくなる。陽の当らない仕事場で「こんな天気の良い日が休みだったら・・・」と時々外を眺めてはやきもきしていたが、多分休みであったとしても庭仕事なんて手につかず、遊びに出かけるだろう。(*^_^*) 今年はまだ紅葉見物にもいってなかった、秋の晴れは本当に貴重だ!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月21日 (日)

震災から3年

 明後日で中越大震災からまる3年、市内あっちこっちで避難訓練が行われていたようだ。我が町内でも実施、滞りなくスムーズに終わったけれど・・・

あれは、ただ避難が上手くできただけ、単なる避難の訓練だ。問題はそれから・・・ 本当の避難生活はそれからが始まりだ。避難の訓練も大事、でもそこから先の危難生活を想定した訓練を考えなくてはいけない。トイレや水や食料の割り振り・・・来年以降の訓練の課題だが、災害は待ったなし。

 うちの町内では補助金制度を使って限度いっぱい200万円をフル活用し、考えられる限りの装備を揃えた。今話題のAED、避難用車椅子、リヤカー2台、ジャッキ3台、チェーンソー、担架、台車2台、骨折用副子、鍋鎌コンロ多数、発電機4台、照明設備×4、浄水器(造水能力・時間/300ℓ)、無線機8台、テント、 etc・・・etc・・・

 訓練が終わってからの市内各地域合同反省会で他町内の話をいろいろ聞いて感じた。 それは、1つの町内だけ上手くいっても駄目ということ。

 自分の町内だけ装備備蓄ができて訓練がそこそこできても、同じ避難所にいく他町内の備品は不備だったら?。考えられる限り全てを備えたのはうち等だけだった。

 同じ避難所で装備の格差がで場合、人情として分ける?貸す?・・・。独占すれば「あの町内ばっか・・・」と言われかねない。
 さあどうする。平等に分け合い・貸す?それもいい。だけど、そうすると町内から文句が出そう、 アリとキリギリスの童話を思い出した。

 自分の町内だけが頑張っても駄目なんだろうか? 同じ避難所を使う同士で足並みをそろえないといけないのでは?。そうでないと非常時には間違いなくブーイングが出るだろう、困った。 一次避難が終わり避難生活に移行したときを想定した装備は、同じ避難所を使う地区同士で装備を分担するなど連携も必要だ。他所も頑張って欲しい。 

コメント(0件)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月17日 (水)

カケス=樫鳥(カシドリ)

 アニメ「となりのトトロ」が封切りになったのはかれこれ20年ほど前。その頃小さかった子供たちは「トトロ」にはまり、家でもしょっちゅうビデオを見ていた。そしてトトロの好物はドングリ、秋になると、子供たちは出かけるたびにドングリを拾ってきては家の周りに蒔いていた。小さかった子供たちもすっかり大人になってしまった。20年後、さして広くもない庭のあちこちに当時蒔いたドングリが芽を出して成長し、大きなナラの木となった。邪魔になって何度も切られたものもあるが、切るたびに脇目を出して復活し大きくなっている。

D1020078 D1020077_3

 我が家のナラの木は豊産種らしく毎年大量に実をつけ下に落ちた実からは芽を出す、ブナの大量発芽を「ブナもやし」というがドングリの木の下は間もなく「ドングリもやし」の状態になるだろう。

ドングリはトトロの好物であり、縄文人にとっても大切な食料であったらしい、そして野生動物も好んで食べる。リスは近所の野良猫を警戒してなかなか近づくのを見かけないが、今時分はカケスがやってきて盛んについばんでいる、どうやら彼らにも好物らしい。  

Kakesu   調べてみるとカケスはカシドリとも呼ばれているいうことが解かった。樫鳥とは樫の実を好んで食べる鳥ということで「カケス=カシドリ」と初めて知った。 数羽づつ入れ替わり立ち代りやってきては「ジャ~ジャ~ッ」としゃがれ声でけたたましく鳴いて、梢の葉をがさがさ揺らしながらドングリをいくつもついばんでいる。鈴なりに実をつけたドングリは、くちばしからこぼれてボトボトと音を立てて下に落ちてくる。大きな鳥だけに何もかもが騒がしい。カケスは「貯食」という食物を蓄える行動をするといわれているが、我が家のドングリを森のあっちこっちに貯めているのだろうか?

そういえば親も子供に感化されのか、手づくり作品のモチーフにドングリが多い。偶然にも子供の名前が「サツキ」と「ミー」とはちょっと出来過ぎだ (^^♪。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年10月15日 (月)

焦った!(/_;)

 夕飯前、車庫にしゃがんで昨日割った薪の後始末をしていた。天井から何かが首筋にポトリと落ちてもぞもぞ動いている感触。何かと思い手でパッと振り払ったらチクッ(ズキッ?)と痛みがはしり、蜂が床に落ちた。やられた!(@_@;) ヤバイ!! 以前から何度も刺されたことがある。最近では指を刺され肩の付け根まで腫れて手が上がらないことがあった。近頃は、何回も刺された人はアナフィラなんたらショックになり易いとかいわれている。暫らく安静にしていたが、刺された場所が場所だけに心配になり夜間救急外来を受診。若い先生が形どおりの質問・・・そして「今までに刺されたことは??」と聞いてきた。半世紀以上も並み以上の田舎生活をしている身だから「5回や10回じゃない!」と答えた。「吐き気やジンマシンが出たらまた来い」と言われ軟膏をつけて終わり。今夜は風呂も酒も駄目と言われた(;_;) 。家に帰ってからも刺された所は腫れてズキズキ痛い、顔が火照ってきたが今のところそれ以外さしたる症状は出ていない。どうやら心配なさそうだ。 クソッー よりによって暗くなってから家の中で刺されるなんてついてない(T_T) ネットで調べたら「フタモンアシナガバチ」という種類だった。仏滅かと思って暦を見たけど違ってた(*^_^*)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月14日 (日)

先ず外から・・・

 冬が近づくと尻に火が点いたように、天気のいい日は薪割りに精出す。今日は朝から終日薪割り、といっても今年の冬用はもうたっぷりあるのに・・・。処分を頼まれて引き受けた「建築廃材」をそのまま雪の下に置きたくないので、切って軒下に取り込んでおくためだ。

D1020071  D1020072_2

D1020073

 

 

 

 

  というわけで一日汗した成果がこれ。これでざっと2か月分。住宅解体廃材は太さも長さもマチマチで釘だらけ、釘を避けてチェーンソーで切り、太いものはマサカリで割る。薪ストーブは三度温まるといわれている。最初は薪を切ったり割ったりで体の外から、二度めは実際に燃やして温まり、三度目は炎を見るとココロが癒され暖まる。三度というが実際は切っても、割っても、運んでも、積んでも、薪を動かすたびに何度もなんどでもたっぷり暖まる・・・しかし天気がいいので暑くて・・・(~_~;) 一番めは充分すぎるほど暖まった"^_^"

 薪の品質とすれば最低クラス、煤が出やすいうえに熱量が少なく短時間で燃え尽きる、しかしどんな木であれ燃えれば暖かい。灯油はどんどん値上がり傾向、廃材燃料はCO2の循環だから地球にもやさしい。手間は掛かるが、ゴミ(建築廃材)?で暖房できるなんてフトコロもあったまっていいじゃないか (^^♪ 大きい山がもうひとつ残っている。軒下に積む場所がある限り雪が降るまでもっと切って積んでおこう。そして寒い冬はジャンジャン燃やそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月10日 (水)

IE7入れてみた

 インターネットを開いたら、ブラウザの新バージョンIE7の導入を促すメッセージが出た。前のバージョンは出てから時間が経っているので充分こなれている、直ぐにバージョンアップの必要はないようだけど、興味半分で仕事用PCを早速バージョンアップしてみたら・・・ 

 ADSLでもインストールが終わるまで30分近くかかった。使ってみると確かにクイックタブとか印刷機能の向上など使い勝手が良さそうな部分もある、ツールバーの表示が異なるので暫らくはまだ戸惑うところも多いだろう。これからカスタマイズして使っていればそのうち慣れてくるかな?。出たばかりだからバグなども出るらしい、認証トラブルでサイトにアクセスできなくなることもあるという。飛びついてインストールしてみたがどうなることやら・・・ 旧バージョンに戻すことも簡単そうだが、もう少し使ってからマイPCにも導入するか考えよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 7日 (日)

秋晴れの中を・・・

 恒例「体育の日サイクリング」。個人的にはまだまだ走るのだが、サイクリング協会では走り納めと呼ぶ行事。

Cimg6053  天気は快晴、朝は気温が下がりレーパンでは肌寒い。だが日中は気温も上がりそう。目指す先は願入のやきもの美術館うぶすなの

直接行くには近過ぎるので回り道をしていくことになった。ところが、スタート早々同行者がパンク(ーー;)  出て10分もしないうちに川原の土手でパンク修理となってしまった。天気が良いからパンク修理も気持ちがいい(と負け惜しみ)。みんなに置いて行かれたので、刈り取りがすっかり終わった田んぼの中の一本道を真っ直ぐに「うぶすな」を目指し途中の「ドミニクペロー・バタフライパビリオン」でようやく先行に追いついた。先ほど修理したタイヤを見ると切れた穴からチューブが少しのぞいている(>_<)もう一度タイヤを外し今後はタイヤの内側からパッチを当てた、今度はバッチリ(*^^)v そして山を上ると・・・

Cimg6055

Cimg6060   「うぶすなの家」では酒器展を開催中。芸術祭会期中と違いゆっくり鑑賞できた。販売もしているということなので試しに気に入った小さいグイ飲みを裏返して底の値段をチェック、なんと6桁の数字が並ぶ!!!、「自転車なら買うがグイ飲みひとつでは・・・」という声が聞こえてくる。最低でも6千円、そんなものが直接床にドンと並べられている。こんな器で飲んだら飲み慣れた安酒でも味が良くなる??な訳ないか(*^_^*) 同時にその器で地酒を味わう試飲会も行われていたが馴染みの地酒ばかりで珍しくも無いのでパス。その後は思い思いにそれぞれの場所を見つけて少し早い昼食。みんなはうぶすなの定食、数人はうぶすなの前の駐車場の隅っこへ、バックから小さいコンロを取り出しキノコ入り豚汁を作り、栗ご飯の握り飯で秋を味わった。紅葉には少し早いが秋たけなわである。その後はさらに交通量の少ない山の道を巡って帰路。走行約40キロと物足りない気持ちで午後3時前に解散、さあ夜は温泉で飲み放題の慰労会だ~ (^^♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 6日 (土)

ホテイアオイ

D1020069

 庭に小さな池がある、ビニールを敷いて水を溜めただけで手入れもしないビオトープ?春に水を張ってその後は雨水が溜まるだけ、カエルや昆虫の住みかとなっている。ここにたった1株浮かべていたホテイアオイが水面を見せないほどびっしり繁茂している。盛夏の頃あまりにも増殖し大半を水から上げて捨てたがまた増えている。漢字で書くと布袋葵、日本的な名だが外国からの移入種、気温が高いと簡単に増える、「生態系を乱す外来種ワースト100」のひとつというのもうなずける、別名ウォーターヒヤシンスと呼ばれ香りは無いが春咲くヒヤシンスにそっくりの花。草姿や花からは嫌われ者という印象は薄い、花言葉は「恋の愉しみとかゆれるこころ」と花に似てにやさしい。ホテイアオイは夏の花というイメージだが、桜の木の下で日当たりが悪いせいかここでは夏の間はほとんど花が咲かず、桜が落葉する頃になると咲き出す。今年も秋晴れの日には一面に薄紫の花が満開となる。きれいだが花の命はたった1日。しかし毎日次々と・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 5日 (金)

早朝サイクリング:最終日

 雪消えから半年間の早朝サイクリング、今朝が最終日。しかしあいにく昨夜からの雨が上がらずお流れとなってしまった。この時期日の出が遅くなり出発時はまだ薄暗い。スタート時間を遅らせてもやれるのはあとせいぜい1ヶ月足らず、天候も不順となり、晴れた早朝は寒すぎて体によくない。そんなわけで例年体育の日の前の週で終わりとなる。最終日と言っても特別なことがあるわけではないが雨で流れると不完全燃焼と言うか尻切れトンボのようでスッキリしない。今年度は猛暑であったわりには実施回数も49回と例年に比べかなり少ない。30年も続いている中で50回を下回ることはあまりないことだ、雨の日が多かったのか、それとも開催日と雨が偶然重なっただけなのか?これからは日増しに夕暮れも早くなり、休日の日中しか走るチャンスは無いがもう少し走りたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 4日 (木)

今度は10万トン!

 長岡市郊外でCO2地下貯留プロジェクト実証実験なるものが行われたこと、地下に水を注入することが「地震への影響があるかもしれない」ということを数日前に書いた。

 今朝の新聞によると経産省は、「今度は年間10万トンのCO2貯留実験の候補地を選定し、来年にも実験を開始、2015年にも実用化するする」という記事が載っていた。度重なる地震があり地盤が不安定と思われる中越地方、どうか近くではやらないで!。他所だからいいとは言わないが、実験と言うからにはリスクも伴う。温暖化対策CO2処理の切り札と期待されているようだが本ッ当~にダイジョウブなの??? 地震はもうご免だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 3日 (水)

秋蒔き一年草;ポット上げ

 種まきから約1ヶ月、セルトレイからポットに移植するのが忙しい時期になった。今朝、サイクリングに出かけるときの気温は10.5℃と肌寒いを越えて寒いと言う言葉がぴったり。夏野菜の畑の後始末・薪の準備と秋の深まりが庭仕事からも感じられる。

Cimg6023

  画像手前はパンジー、奥はストック・ムルチコーレなどなど。例年より1週間遅蒔きであったため、生育も同じように遅れている。しかし、遅いなりにまあ順調 (*^_^*) どんどん伸びろ伸びろ。 本格的な寒さが来る前にどこまで成長するか?今年はラニーニャで寒い冬になるというが・・・ 当分の間は移植が忙しい。昨日はポットの用土が足りなくなり、近くの焼土センターに購入に行った。1トン1万1千円(T_T)  いちばん安いこれをベースにピートモスとか薫炭、腐葉土などブレンドしてオリジナル用土を作る。これだけあれば3年は持つだろうが用土代も全部合わせると結構高くて馬鹿にならない。焼土だけなら2~3円、しかしいろいろ混ぜると7円を越える。1ポットではわずかだが春秋2回、数が多くなると・・・ 道楽だから仕方が無いか"^_^"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »