« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月の投稿

2007年12月28日 (金)

ラストスパート

 今年もあと残すところわずか3日、仕事もラストスパートだ。12月の休日はたった一日だけだったが、あすあさっての頑張り次第で大晦日は休めそうだ。

Nennga_3  新年の準備なんて何もしていない。例年年賀状は年が明けて二日頃になってようやく書き始めていた"^_^"。今夜はとりあえず年賀状の準備だけでもしようかとパソコンに向かってみた。あっちこっちのサイトから画像や賀詞をダウンロードして簡単でいい加減に作ってしまった。さあ印刷だ・・・

 昨年の正月、年賀状をプリントしようとしたときこれまで7年使ってきたA-3対応のプリンターが壊れてしまい、それ以来プリントする時はいつも会社の複合機で済ませていた。業務用だからカラーでも何でもとにかくキレイで早い(@_@) 壊れるより前も自宅のプリンターなんてカラー写真入りの文書とかのプリントは時間がかかりすぎてとても使ってられなかった!だから印刷データをフラッシュメモリーに取り込んで会社に持っていかなければプリントできない。年賀状のために正月早々人気も火の気も無い寒い会社の事務所に行って印刷するという不便な思いをしてきた。このままプリンター無しというわけにも行かないので思い切ってL版が14秒でプリントできるという新しいものを買ってしまった。久しぶりに元旦に届く年賀状になりそうだ。(^^♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月26日 (水)

ハウスの換気

 このところ忙しくてなかなか庭仕事も出来ない、それでも一日一回は越冬ビニールハウスを覗いてみる、ただそれだけ・・・。

 毎年冬はハウスの湿度に悩まされる、ハウス内は常に湿度100%に近い。湿気が多いと花がらや密生した葉や茎の周りなどに病気がでやすいのだ。また今年もプリムラやデージーに灰色カビ病が出始めた、早速「ゲッター」という薬剤で消毒したので蔓延を防ぐことはできているが、根本的な解決策は湿度を下げることしかない。扉を開ければ換気になるが温度が下がるというジレンマがありなかなか解決できない(-_-;)

 だいぶ前に近所の方から古い業務用換気扇をもらった。ハウスの換気用に使おうと思っていたが取り付けないでいた、ファンと連動して窓が開くようにしたかったからである。しかしそんな面倒なことを考えていたらいつになったら付けられるかわからない。とりあえず窓は手で開くことにして、夜なべ仕事に換気扇を付けてみた。   

D1020001  ついでに980円という激安タイマーを買って日中の数時間だけファンが働くようにした。結果、湿度計を見ると数値的にはほんのわずかだが湿度は確実に下がった。ハウスの床に雑草防止と泥汚れを防ぐ廃パンチカーペットを敷いてあるが、これまで冬場にはなかなか乾かないでいることが多かったがこれが換気扇効果ですぐに乾いてきた。湿度が下がった証拠であろう。わずかでも気持ち的にはかなり湿度が下がった気がする。これで悩み解消となればいいのだが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月23日 (日)

近頃マイブーム

 寒い日は家に帰り風呂に入るのが楽しみだ。暖かい風呂に浸かると「一日がようやく終わった」という気がしていいもんだ。しかし普段どおり入浴するのはいかにも儀式的。洗って浸かって・・・子供じゃないが100数えて?上がるだけ??(*^_^*)。

 忙しくて慌ただしい時こそゆっくり風呂を楽しみたいと、ちょっぴり工夫してみた。

 夏場は窓を全開し外の空気を吸い庭を眺めながら入っていた(そのために風呂の外に植え込みとフェンスを作った)。雪見風呂もいいが毎日ではいただけない。簡単できる事は何かと考えたら先ず入浴剤・・・ほかには安物のジェットバス?? しかしいくら安物といっても少し投資が必要だ(>_<) 車で20分圏内にはいくつも入浴施設があるが、ガソリンも高騰しているし、入浴料も安くはないから頻繁にという訳にも行かない。

Cimg6221

 家の風呂で安上がりに済ますには入浴剤だが、あまりにも安直でありきたり。そこで家中探してみたら使えそうなものが見つかった。以前100円ショップで買った何種類かのアロマオイルとアロマポット、一時は楽しんでいたが飽きて使わなくなったものだ。オイルを湯船に直接入れようかとも思ったが、合成の安物だけになんか心配だったので、アロマポットで加熱して香りだけ楽しむことにした。ロウソクに火を点し香りの漂う中で入浴。ふむふむ・・・なかなかいい感じだ。いいムードなんで電気を消すともっとイイ感じ。いつもの風呂場がほの暗い極上のリラグゼーション空間に変身。チャポン・・・う゛ぅ゛~~~ (●^o^●) 気持ちよくてついつい長湯してしまう。カモミール、シトラス、ラベンダー・・・etc、毎日とっかえひっかえ。ロウソクの明かりで風呂を楽しんでいる、なにより雑なものが見えないのがいい。すっかりはまってしまった。今度新しい香りを買って試してみよう。入浴剤より安く、たった100円のオイルをわずか数滴でこれほど楽しめるなんて安いものだ。

さら湯のいちばん風呂はピリピリ刺激があるので台所にあった炭酸(ふくらし粉)を入れるといいというので入れてみたがこれもなかなかだ・・・。日本酒風呂も気持ちよさそう(^^♪ しかし、これはもったいないからやはり飲むほうがいいか・・・(^^♪ 冬至の昨日はユズをいっぱい買い込んでユズ湯を楽しんだ。りんごの皮やみかんの皮もいい香りがしそうだ。ロウソクのほの明かりでリラックスして入る風呂、本当に落ち着けて当分楽しめる近頃のマイブームだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月19日 (水)

08年雪まつり始動

 今日は来年2月の雪まつりの作品製作の打合せがあった。我が町内の雪像製作も今度で連続14回目となる。当初は大勢が集まり案を練っていたが、あまり人数が多いと意見がまとまらず、決まるまでなかなか大変だったので、近年は数人でテーマを決めた後、製作委員長と実行委員長の2人でデザインを決めていた。しかし今年の実行委員長は以前のようにみんなで決めようという方針を打ち出した。10人ほどに声をかけ近所の居酒屋に集合。飲みながらの検討会となった。しかしゼロから出発しテーマを決めるということはなかなか難しいものだ。過去の作品を見たり題名、題材を検討するがなかなか決まらない。酒だけはドンドン進む(^^♪ ここ数年芸術作品コンテスト部門の2~3位がつづいてきたので、「今度こそ優勝を目指そう!」という強気な発言が相次ぎやる気も感じたが、反面「成績より観客にわかりやすく親しめる作品にしよう!」という意見も根強い。

 ここ数年の題名は祈り→絆→命 と続いてきた。今年の流行語「そんなの関係ネェ」や今年の漢字ひと文字「偽」も案として上がったが作品としての夢が無いという意見が多く却下。そこで密かに考えて来たテーマ「繋がる」を提案してみた。相次ぐ災害による平穏の祈り、そして復興で培った絆、大切な「命」を未来への象徴とした作品とつづきその後にくるものは・・・温暖化・食糧問題・貧困・エネルギー・地球上のあらゆること全てがみんな「繋がっている」ということを訴えることをテーマにしようという漠然としたものだった。具体的に作品という形にするのが非常に難しいものだが他に有力な対案もなくテーマはすんなりこれに決まってしまった。絵も漠然とした案はあったがみんなで決めようという委員長の考えを尊重し封印。

 「繋がる」「繋ごう」「繋(けい)」こんな感じの作品名で年始早々にエントリーすることになった。作品デザインそのものはこれから考えることにして散会。 さてさてこれからどんな形になるやら紆余曲折ありそうだがとにかくまた始まった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月12日 (水)

モチャツケした話(^^ゞ

 モチャツケという方言がある。モチャツケとは「どうにもならない・手に負えない・手こずる」とか「もてあます」などといったニュアンスの言葉だ。用例として『あのガキは腕白でモチャツケな子だ!』とか『菜っ葉を山ほどもらってモチャツケした』とか・・・ 新潟県の魚沼地方から上州の高崎以北辺りで使われているらしい。今日はそのモチャツケだった話。

 昨夜はオッ家内が忘年会で留守。時間に追われることもなく、したいことをして、いつもよりゆっくり風呂に入り、いつも以上に多めの晩酌(^^ゞ  ゆっくり食べ、終わったら食器を食洗器にセットしスイッチON.

 それからパソコンに向かい暫らくすると、何やらキッチンに異変が・・・ 流し台の前辺りに白いものがうごめく。ン~ンン??? ワァーーーーーーァ キッチンの床が泡だらけー(@_@) (>_<) 何じゃこりゃぁぁぁ 食洗器辺りが大変な状況だ。ドアに付いている排気口からは湯気ならぬ泡がモクモクフワフワ。慌ててスイッチを切って食洗器のドアを開けると中からどうしようも無く泡があふれ出た。あわてて閉めたがもう手遅れ(>_<) 手の施しようが無い。隙間という隙間は泡で溢れ床も泡の山だ。ドアを開けないことにはどうすることもできない、 あければ泡があふれ出す、まったくモチャツケだ。

 状況がのみ込めるまで暫らく時間がかかった。どうやら食洗器に使う洗剤を間違えたようだ。専用洗剤のボトルが空だったので、近くの似たようなボトルの洗剤を使ったのだが、これが普通の食器洗剤、それにしてもこんなことになるとは・・・(>_<)  普通の洗剤は使えないことは知っていたがまさかこんな状況になるとは・・・

 それからが大変。床にあふれた泡の山を手ですくって流し台へ移す。外国映画の泡風呂見たいな硬い泡とは大違いで、軽くてフワフワだから手に負えない。すくってもすくっても次から次と流れ出てくる。大きいボウルですくって流し台に移すがシンクの中も泡の山。量が全く減らない(ーー;) 水で流そうとしたが水だけ流れて泡はまったく流れない。どうにもならないから、その泡を風呂場に運んでシャワーを掛けるがやはりなかなか流れない(ーー;) そうこうするうち床まで水浸し、軽いので運んでいる気がしない。むなしい作業が続く・・・ 根気よく水を掛けようやく泡が減り始めた。今度は食器洗浄器の中の泡の後始末。水を運んで掛けながら流してようやくきれいになった。しかし目に見えないポンプやパイプの中はまだ洗剤の混じった水が残っていた。スイッチを入れて運転を始めると、庫内はまだ泡だらけ(>_<) それをかき出して同じことを繰り返す。何度か同じことをやってようやく泡が出なくなった。

それから水浸しの床やシンクの下周りを雑巾がけしてようやく解決した。やっときれいになったころ女房殿のご帰還。開口一番「どしたん??」 「どうもこうもネェ!」 かれこれ2時間 ほんとモチャツケな泡との格闘は終わり酔いはすっかり醒めてしまった(*^_^*)キモガヤケテ写真なんぞ撮る余裕はゼンゼン無し(^^ゞ 食洗器を使っている方、洗剤には注意しよう!見えないところに流れてしまった泡はそのままだがいずれ乾くだろうと手も付けず。当分泡は見たくもない。

 自業自得でダッタイ、ミッタクネェくてショジョモネくてシャッキラモネくてキモガヤケル モチャツケな話でした  訳:《自業自得でグッチャグチャ、みっともなくて、とるに足りないほどつまらん、キモガヤケル、どうしようもない話でした》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月10日 (月)

お正月準備

お正月まであと20日、まだ20日・・・考え方はいろいろ。昨日は日曜出勤を終え夕方近所のショッピングセンターにお歳暮と夕飯の買出しに行った。店内はXmasの飾りつけがあったりしめ縄やお飾り餅が売っていたりですっかり年末ムードが漂う。

D1020091_2 レジが混んでいるので会計が終わるまで店内を廻ってみた。100円ショップでお正月飾りを見つけたのでいくつか買ってきた。毎年お正月にちょうど開花するよう今頃から保温を始める紅白の寒梅、今年は添え物には何を飾ろうかと考えていたがちょうど良いのが見つかった。夏の間は装飾用の苔や石を取り除いて管理している。年末に蕾が膨らむと表土に苔を張ったり白い砂利を敷き詰めたり、南天や笹を植え込んだりしているがどうしても根を傷めてしまう。去年から寄せ植えはやめ、水引やプラスチックの飾りのを添えて飾ってみた。100均で買ったものは小さい色紙についた獅子頭と干支のネズミのモビール。おまけにレジで抽選が当り525円の買い物をしたのに315円分の商品券をゲット!ラッキー(*^_^*) 年末ジャンボなんて当りっこない、これぐらいがちょうどいい(^^)v

D1020094_2  早速バラバラに分解しドリルで穴を開け、細いワイヤーの足を挿して飾りスティックの完成。これで正月準備ができた"^_^"。今年は例年飾っているベランダのクリスマスイルミネーションもまだ点いていないと言うのに・・・ 忙しいと言いつつアタフタした日々を送っていても着実にお正月はやってくる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 5日 (水)

どうする800鉢

 いよいよ本格的な降雪時期がやってきた。初雪は一度すっかり消えたけど、昨日今日の雪はもう一度消えてくれるだろうか? 雪除けのビニールハウスの中には、まだ庭の花壇に植えなくてはならないパンジーなどの花苗が800鉢も残っている(ーー;) これまでに半分以上はプレゼントにしたり、コンテナやポットに植えたが花壇には1本も植えていない。さて残ったものはどうしたらいいやら・・・

 雪囲いに追われ、薪割りに追われ、仕事に追われとうとう根雪の時期になってしまった。年内は日曜出勤が続くので当分休めそうにない。これから残りを植えるためには、休みを取ることとその日に天候良くて積雪が無いという3拍子が揃わないと無理、だがまずそんなことは無いだろう (*_*; 。根雪の遅い年は新年の休日に植えたこともあったが、今年はこの雪だから多分駄目だろう。秋に植えた株は地上部は死んだかに見えるが、根雪の間にしっかりと地面に根を張りその根で雪が消えると同時に養分を吸い上げ短期間で大きく育ってきれいな花を咲かせる。しかし、春になって植えた株は根が張る前に花を咲かせるため、養分が行き届かず直ぐにスタミナが切れて大きくなれない。何とか晴れ間を見て植えたいのだが・・・。

D1020089  ビニールハウスで越冬するポット苗も、寒冷地の無加温ハウスでは冬の間はほとんど活動していない。だから水遣りは本当に時々でいいし、施肥も冬の間に1~2度。しかし日が長くなり気温が上がる3月になると急に成長が始まるので水も肥料も要求してくるので管理が難しくなる。だが、その頃花壇はまだ雪の下。雪が消えて花を植えることができるのは早くて4月半ば過ぎだ。

 苗は成長につれスペーシングという大事な作業をしなくてはならない。スペーシングというのはポットに植えた苗が生長するに従い苗の間隔を広く取り徒長を防ぐために行う作業だ。ホームセンターや花屋で売られているかごに詰められた花苗は、あのままで育てられてきたのではなく、出荷直前にビッシリと詰め込まれたものらしい。何年も試行錯誤しながら苗を作ってようやくそういうことがわかってきた。苗がまだ小さいうちに庭に定植するならスペーシングは必要ないが、市販されている程の大きさに育てるなら、ある程度の大きさに育ったら必ずしなくてはならない。

 今年のようにまだ植えていない苗が多く残る時はスペーシングが必要だが・・・ かと言ってそんなに広くもないハウスの中は今でも空いたスペースなんて全く無い(ーー;) ゆったり育てるには今の何倍もの広さが必要だ。今は何とか詰め込んでいるがそろそろ間隔を広げないとヤバイ。矮化剤を散布して成長を抑えているがいずれ薬効は切れる。さてどうする800鉢。(-_-;) 春を待つしかないか ・ ・ ・ 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 2日 (日)

温泉で忘年会

 昨夜は輪行仲間の忘年会。毎年12月の第一土・日に野沢温泉を会場にして行うようになって早20年、その間メンバーにほとんど変化はない。夫婦子供同伴・家族ぐるみで延々続いている。初期の頃参加した小さかった子供たちはとうに成人、若かったメンバーも結婚して子連れになったがその子供たちでさえもう中学生。年月のたつのは本当に早い(~_~)。

 夕刻、会場に向かう大人とは別に、小さい子供たちだけが電車やバスを乗り継ぎ一足早く温泉に向うという冒険をしてみたり、夜遅くまで大人の宴会に付き合い夜中の温泉街に繰出したり、13箇所もある共同浴場を巡り全制覇したり。子供にとっては大冒険の連続で楽しみにしていた。そんなこともあり、どの家の子供たちも中高生になった今でも嫌がりもせず一緒に楽しんでいる。今回、部活で参加できなかった子が「俺のスケジュールに合わせろ!」と言っていたとか?・・・ そんなわけで今では大人以上に子供が楽しみにしている忘年会になってしまった。いったい何の忘年会??自転車だよ!子供はあくまで付録だ。先月にはメンバーの一人が随分遅い結婚をして新婚で加わって久しぶりの増員となったが・・・もし来年あたりベィビー誕生なんてことになったら?年長世代から見れば孫??にぎやかに忘年会が出来るのは良い事だが何だかのっとられてしまいそうな気がする(*^_^*) 

 今年は総勢17名、宿に着くなりバーボンのハイボールと焼酎、名産馬刺しなどで勢いをつけて宴会に突入。延々4時間、その後部屋に戻ってさらに2時間以上の長い長い宴会であったが若いもんに馬鹿にされたくなくて、何とか最後まで付き合った"^_^"。だからせっかくの温泉も昨夜と今朝の2回入ったのみ。しかしツワモノは昨日宴会前後に8つ、今朝また3つと11箇所も巡ったという。あれだけの短時間でよくもまぁと呆れるほど精力的だ(^^ゞ 

 ゆっくり温泉情緒に浸っていたいのは山々だが日曜出勤のためのんびりもしてられず、朝食もそこそこに帰らねばならないメンバーが数人。気持ちのよい冬晴れの道、山の高みはすっかり雪化粧、中腹は落葉、下界はまだまだ紅葉が残っている。自転車に乗ったらさぞ気持ちよかろうと思いながら お土産の温泉饅頭や温泉たまごなど手に急いで帰らねばならないのは残念だ。この忘年会が終わると師走モード、いよいよ年末最後の追い込みで猛烈に忙しくなるのだ (>_<) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »