« 日齢普及委員会 | トップページ | アクセス10,000オーバー »

2008年2月28日 (木)

あいつが・・・(-_-;)

 今朝、出勤のため家を出ると雪の上になにやら点々・・・桜の蕾だ!数日前に「心配している」と書いたあいつがとうとう来た(>_<) 桜の高い梢で「フィーフィー」と鳴き声がする。見上げれば10数羽、まだ偵察だろうか?? 落ちている蕾の数もそれほど多くない。しかし今年もやってきた。あいつは春が近づいて蕾が少しばかり大きくなり始めた頃やって来て、それからおよそひと月ほど居座って食べ続ける。厳寒期は蕾が小さくて蜜の味がしないのか、それとも固い蕾は食べにくいのか・・・ウソに聞いてみなきゃ判らん(-_-;)。春がそこまできた証拠だが、今日も昼過ぎまでは雪の予報。 

D1020048  桜はこの落ちた蕾1つで花が1つというわけではない、1つの蕾から4~5輪咲くのだ。1羽が一回に50個100個、20羽30羽 それが終日ときたら ・・・ごく少なく見積もって4輪×50個×20羽×日数=(@_@) 1週間も居座れば2万数千の花々??? 実際はそんなもんじゃない。全滅の年の春、雪が消えた道路に落ちた蕾を、ほうきで掃いて掃除したら大きいバケツに何杯分もあった。路外の畑に落ちている分も合わせたらその何倍あるだろう。3本のcherryblossomcherryblossomcherryblossom大木なら天文学的数字eye!まったく堪ったもんじゃない(>_<) 今年は高い梢の頭頂部ハゲ? それとも下まで全滅?? じっと見ているだけでどうすることも出来ないshock 無駄な抵抗と判っていながら雪の玉をぶっつけてみる、でも、ずうずうしい態度で隣の枝にピョンと移るだけ・・・ 何も出来ずに見ているのは精神衛生上実によくないcrying 。憎~~~い! <`~´> イライラが募るぅ~~bombimpact。一度道がつけば仲間を連れてどんどん来るだろう。

こう毎日雪が降ると山に餌が足りないのは判るが、うちの蕾を喰うのは止してくれぇ~。里山に餌が少ないのは雪のせいばかりではない、人間が広葉樹をみんな切り倒し、杉の単一林にしてしまったと言う原因もあるんじゃないか?とも思う。我が家からはどっちを見ても、荒れた杉林ばっかりだ。里山の自然林なんてほとんど無い。こんな環境では野生動物に影響がない筈はない。

 家から歩いて数分のところにある森林総合研究所の観測データによれば、今朝の積雪は約190センチ。この冬の降雪累計深はおよそ9メートル、この先あと1ヶ月の雪の季節があるから11メートルは軽く越すだろう。大雪と言われた年の降雪累計18~21メートルには及ばないとしても並程度の雪になりそうだ。明日は久しぶりにsun太陽を拝めそうで嬉しいが、天気が回復するとあいつは確実にやってくる (-_-;) 

|

« 日齢普及委員会 | トップページ | アクセス10,000オーバー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190701/40299379

この記事へのトラックバック一覧です: あいつが・・・(-_-;):

« 日齢普及委員会 | トップページ | アクセス10,000オーバー »