« デッキ組み立て | トップページ | ようやく終わった »

2008年4月 8日 (火)

どうする廃棄物

 DIYをやっていると困った事が起こる、それはDIYに伴い出て来る廃棄物の処理。クルマのバッテリー交換はバッテリーを購入した販売店に持ち込めば処理してもらえる、オイル交換した場合、DIYerはどうしているだろう? 私の場合、正しい方法かどうか判らないが吸着マットに浸み込ませ可燃ごみとして自治体のゴミ収集へ、オイルフィルターは小さいものだから埋め立てごみ、壊れて交換したオーディオも・・・。

 先日は、部屋のリフォームで出た石膏ボードの処理で困った。きちんと計測し無駄が出ないよう気を付けていたのだが、それでもサブロク板2枚ほどの端材が出た。いったい何処に持ち込めばいいのか?処理業者に依頼するほどではない。石膏ボードは一般埋め立てゴミとして出すには、指定されたごみ袋は透明であまり丈夫ではないから、手を掛け細かく砕いて土のう袋に詰める。およそ4~5袋分になる。中身が判ると産業廃棄物とみなされ持って行ってもらえない。でも業務で出すわけではない、あくまでも一般家庭ゴミだ。わずかなリフォームでさえこれだから、ひと部屋そっくり改装なんてしようものならその量はすごいことになる。そうなったら処理業者に任せるしかないのだろう、そのことを考えると煩わしくて気が重くなる。幸い木材の端材や廃棄物はとっておいて冬になったら薪ストーブで燃やせるから良い、むやみに屋外で野焼きも出来ないから薪ストーブを持たない人は困っているだろう。そして次は手洗いシンクがいらなくなりそう (-_-;) あのバカでかい陶器、こなごなに叩き壊して埋め立てゴミに出すしかない、まあ大きい茶碗と思えばいいか (^^ゞ ・・・

  家電のリサイクルが始まる前は、テレビでも洗濯機でも「埋め立てゴミの日」に出すことが出来た。そんな当時はせいぜい4分別くらいであったので、洗濯機をゴミにしないで全て分解し分別しそれぞれ金属やプラ・埋め立てに分別して出したことがあった。今は11分別、手間ヒマ惜しまずキチンと分ければ相当のものがリサイクルできる。上には上がいるもので知人のDIYerに、処理料を払いたくないからと、古い軽トラック1台をそっくり自分で解体分解して分別、金属として業者に引き取ってお金をもらったという。引き取ってもらえないものは何十回にも分けて自治体の埋め立てゴミとして出したというツワモノである。こんな方は別格だ。今ではそんなことも出来ないだろうが、自分で解体分別して資源ごみとして出せるものはいくらでもある。

 我が家には、自転車やスクーターのタイヤ、期限の切れた農薬、固まって使えないセメントや塗料、使わなくなったエンジン付きの運搬車、FRP製大型容器・・・・・こんなものはどうする?、一般家庭ゴミとしては絶対に処分できない(>_<)  農家や業者では無いから処分の手立てのわからないものが多い。こうしたものがホントに溢れ、ゴミ屋敷になってからでは遅い。少しずつ処分しようと思うがなかなか出来ない。 "^_^"

 物置には使っていない冷蔵庫やテレビ、洗濯機、ヒーターなどいろいろある。今は場所があるからまぁいいが、いつかその処理に頭を悩ます日が来る。使えるものだが使わなくなった品のいくつかは人にあげたりもした。でも型が古いだけで使えるモノやチョッと手を加えたら充分使えるモノ、いつか何かに使おうと思うモノ、いつか役に立ちそうなモノ・・・それらが物置から溢れ車庫にまで溢れたら処分しなくてはならないが、今は「置き場がある、まだ使えるから勿体無い」という気持ちが先に立っている。どうしよう?こうしたゴミではないいらないモノ・・・  (-_-;) いらないものの処分に頭を悩ます日々。

|

« デッキ組み立て | トップページ | ようやく終わった »

手仕事・工作」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190701/40814648

この記事へのトラックバック一覧です: どうする廃棄物:

« デッキ組み立て | トップページ | ようやく終わった »