« ツールド妻有2008試走 | トップページ | ヒガンバナ復活 »

2008年6月12日 (木)

dododayに・・・

 去年の秋、廃品を利用した壁掛けハンギングバスケットを作り、その過程を「dododay」というDIY関係のサイトで公開していた。 「dododay」というのは、DIYerにはお馴染みの雑誌「ドゥーパ」を発行する学習研究社が運営するSNS(ソーシャルネットワークサービス;コミュニティ型のWebサイト)のことである。 その記事が編集者の目に止まり、今日からdododayの特集:ミニ講座で紹介されている。 些細なことだが、その中の作者名が「飾り屋はなさか」となっているが本当のHNは「創り屋はなさか」である (^^ゞ・・・ これで閲覧数が一気に倍増???

 数多い人と、数多い作品紹介の中から、よりによってこんな貧乏くさい作品が選ばれて紹介されるとは恥ずかしい限りであるが、日頃「なるべくお金をかけず、楽しく作り、便利に使う」というのがモットーの貧乏DIYerにとって、そのアイディアが認められたということはうれしいやら照れくさいやら・・・"^_^"  

1124_2   その自作ハンギングバスケットというのは、花屋さんが鉢植えポットを売った後、廃品として残る黒いカゴトレーを切って、裏側にコンパネを打ち付けただけで完成、カゴの中には、これも何処にでもある黒いゴミ袋と底には果物ネットを敷き込んで花の苗を植えるだけの簡単DIY工作。詳しい作り方はミニ講座を見ていただければ解かるが、狭い敷地や殺風景な壁面を花で飾れる鉢植え用のバスケットである。市販のバスケットは安くて数百円程度の小さいものから、大きなものでは数千円もするものまでいろいろある。それが厄介者のゴミ同然のカゴトレーとわずかな板切れだけで只同然ででき、工夫次第でその形も植物の植え方も、また表札代わりにしたりといろいろ応用が利く。

 昨秋に作ったときは、苗を植えたばかりであったので春になって花がきれいに咲いたらもう一度写真を撮って画像をUPしようと思っていたのだがすっかり忘れ、満開をだいぶ過ぎてから気がついた。いくつも作った中から最後に残った余り苗を植えたものがかろうじて残っていたので、慌ててケイタイのカメラで写したいたのだが・・・最近その画像を記録したメモリーカードを紛失してしまった(>_<)。こんなことになるならもっと早く画像をアップしておけば後悔している。今、あっちこっち血眼で捜しているのだがまだ見つからない。

 この特集で紹介してもらうことで、より多くの人の目に止まり大勢の人から作ってもらい、花いっぱいにしてもらえたらうれしいことだ。それを見てもっと多くの人がマネをしてこれが日本中に広がったら愉快だ・・・なんて考えてしまう (*^_^*)。

 

|

« ツールド妻有2008試走 | トップページ | ヒガンバナ復活 »

手仕事・工作」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190701/41510214

この記事へのトラックバック一覧です: dododayに・・・:

« ツールド妻有2008試走 | トップページ | ヒガンバナ復活 »