« この時期ならではの・・・ | トップページ | やすづか發動機運転会 »

2008年7月31日 (木)

ベニックス、復活の日は来るか・・・

 最近は何処に行っても道がいい、だからロード系の自転車にばかり乗ってしまう。日帰りは勿論、2~3泊だってヘルメットにレーパンスタイルでデイパックを背負って出かける。余計なもの??が附いていないから輪行だってこっちが楽だ。

 昨年の秋、ゆっくりした「旅」に出かけた。その時久しぶりに昔の感覚が蘇ってきた。ゆっくり走るのもイイじゃないか。ガンガン走るだけでは(まぁガンガンと言うほど早くはないけど(*^。^*))つまらない。という訳でその時ランドナー復活を夢見たのだった。あと数ヶ月であの日から一年、今から復活の準備をしないと間に合わない。

Dsc00171_2  今朝、急に思い立って車庫の奥から1台を引っ張り出してみた。その名は丸紅山口自転車謹製「ベニックス101A号」。およそ30数年前初めて買った新車だった。当時は何処に行くのもこれ1台っきり。峠をいくつ越えたのだろう、二度の海外輪行まで数え切れない思い出を作った相棒だった。何時しか自転車にのめり込み台数が増えるにつれこいつにも次第に乗らなくなり、車庫の一番奥のラックに吊るされたままになってしまった。作業場を兼ねた車庫だからホコリは積もり放題(+_+) 

 深みにはまるにつれオーダー車に憧れたが、買えるほどのお金が無かった(+_+)。知識だけが先走りし、「サンプレがいい」「ギアはやっぱりTAだ」「カンチならマファック」「ソービッツがカッコイイ」なぁんて、あっちこっちのパーツを替えたり分解してみたり、いろいろ勉強させてもらったのもベニックスだった。今となっては「足じゃ若造に負けるが薀蓄は達者になるばかり」のオヤジの回顧趣味だから誰にも解かっちゃもらえない(~_~;)

Dsc00173_2

 朝飯前のひと仕事にとりあえず洗車。積もっていたホコリがカバー??となっていたのか、洗い流すと意外?というより驚くほどきれいだった。日光に当るのはいったい何年振りだろうオレンジゴールドの車体が朝日に輝く!(と自画自賛(^^♪)。鉄製部品はさすがにうっすらと錆が浮いていたが、軽合パーツにいたってはまだポカピカだ。しかしタイヤだけはさすがにボロボロである。タイヤさえ替えればすぐにでも走り出せそうだが・・・一度全てを分解清掃してグリスアップなどせねばなるまい。実際乗るとなれば、フロントバックやサドルバックも探さなきゃならないし、乗る衣装はどうしよう。レーパンにジャージでは様にならないし・・・夢が膨らむほど財布はしぼむ(>_<)

|

« この時期ならではの・・・ | トップページ | やすづか發動機運転会 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190701/42019054

この記事へのトラックバック一覧です: ベニックス、復活の日は来るか・・・:

« この時期ならではの・・・ | トップページ | やすづか發動機運転会 »