« ツールド妻有:終了 | トップページ | ツールド妻有写真館 »

2008年7月21日 (月)

ツールド妻有:直後レポート①

 終わった後も資材の整理やら借り物を掃除して返したり何かと慌しい。看板やゴミの後始末や点検。夜になってようやく当日の全容をを知ることが出来た。

 当日出走111名 完走101名 内ショートコース走行18名を含め完走率90.9%という。熱中症も予想されるかなり厳しい気温の中でこの数字はまずまずだろう。

 あらかじめ配ったデータでは総標高差を1660mと発表していたのだが、これはプロフィールマップから拾った数値なので細かいアップダウンが判らなかった。多分?と予想していたが、やはり総上昇標高は2000mを超えていた。その数値は参加者の1人がつけていたGPSデータによると実に2046m(@_@)という。

 2046mって・・・あの乗鞍やスバルラインのヒルクライムでさえ1200mほどだから。上り下りを繰り返しながらとはいえ、炎天下でその倍ほどの高度差を上がる訳だから凄いコースを設定してしまったもんだ(^_^;) しかし、この妻有で100キロのコースを設定すると、こういった標高差にならざるを得ないのだ。

 この2046mを例えばスバルラインヒルクライムに当てはめた場合、ゴールの5合目を遥かに超え8合目近くの標高3100mまでも登る事に匹敵する。そんなコースにムキムキのマッチョから中学生、若いそれもイベント参加が始めての女性、60代半ばのシニアまで様々なエントリー。そして90%超のみんなが汗と乳酸を発生しつつ走りきったのだ\(◎o◎)/怖いもの知らずというより凄いとしか言いようがない。先週の試走結果を見ると自分のタイムが情けない(*_*;。でも無理なコースというわけではない。時間を掛ければ何とか完走できるようにしたつもりであった。事実、スタート直後から殆どマイペースで終始最後尾を走り、最初の坂から自転車を押して歩いていた単独参加の若い女性は、失礼ながら後から観て、「これは絶対完走は無理だろう」なんて思い込んでいた。ところが68Km地点のエード閉鎖にギリギリ間に合い、ショートカットするかと思いきや、そのままロングに突入。押したり漕いだりしながらも、とうとう制限時間いっぱいでゴールし大拍手を受けていた。正に脱帽物である。

 ミスコースで数10㌔も多く走ってしまった人、給水で補給しなかったためハンガーノックでタイムを落とした人、100㌔と聞いて参加したのだがその過酷さにリタイヤしてしまった人など様々なドラマがあった。みんな来年こそとリベンジを誓っているだろう、だから来年も・・・やらなきゃ 

 ツールド妻有のホームページには終わった直後からのアクセスが急増している。参加したみんなが結果のレポートを知りたがっている。レースでは無いからタイムが発表されるわけではないのだが、やはり自分の出た大会だから気になるのだろう。早速更新をするようお願いしておいた。肖像権など問題もあるのだが写真も近いうちにアップされると思うので「乞うご期待!」である。参加者には何らかの方法でアンケートを頂き、自信の反省点も加え来年の糧にしよう。地方紙ではあるが新潟日報にも記事が載るようだ。

|

« ツールド妻有:終了 | トップページ | ツールド妻有写真館 »

大地の芸術祭」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

猛暑の中お疲れ様でした。
参加者の皆さんには喜んでもらえたようでなによりですね。主催者側の心配りがすばらしかったのだと思います。
昨今のヒルクライムブームとはひと味違った催事として、今後も注目されていくことでしょう。

当方のブログにてこちらの様子を引用させて頂きました。
レポートの続編、楽しみにしています。
ヾ(^_^)

投稿: mayuta | 2008年7月24日 (木) 06時45分

毎度のコメント感謝します。初めてのイベントで心配や不安がいっぱいでしたが、何とか終わってホッとしています。まだ何も決まってはいませんが心は既に「来年は・・・」です(^_^;) 9月は松之山温泉ですか。ご一緒したいのですが12日から当協会は北海道の予定があって行けそうもありません_(._.)_ 妻有の山を楽しんでください。

投稿: @はなさか | 2008年7月24日 (木) 22時03分

はじめまして こんにちは

ツールド妻有、思う存分楽しませていただきました。これも主催者のスタッフの皆様のご努力の賜物と思います。ありがとうございました。
予想以上のハードコースに充実感満点の一日でした。

参加人数も多すぎず、少なすぎず、ちょうどいいと思います。
後、ショートコースを設定するともっと参加しやすくなると思います。

いろいろご事情もありましょうが、スタート時間をもう1~2時間はやめてもいいような気がします。そのほうが途中のアートオブジェをゆっくり見られたかな、と思います。
あとミスコースした方が結構いたようですが、他の大会ではミスした場合の、Uターンマークを設置している大会もあります。

投稿: 空っ風 | 2008年7月25日 (金) 12時20分

コメントありがとうございます。妻有を楽しんでいただいたようで嬉しい限りです。ご指摘の件は全くおっしゃる通りです。出来れば参加者全員からアンケートを頂き、来年の開催時にはこうしたことを全て改善し、もっと楽しんでいただける大会にしたいと考えています。次回開催の節は友人知人をいっぱい誘ってまた是非お越しください。お待ちしております_(._.)_

投稿: @はなさか | 2008年7月25日 (金) 21時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190701/41934160

この記事へのトラックバック一覧です: ツールド妻有:直後レポート①:

« ツールド妻有:終了 | トップページ | ツールド妻有写真館 »