« ベニックス、復活の日は来るか・・・ | トップページ | ピクニカを磨く »

2008年8月 3日 (日)

やすづか發動機運転会

 古い自転車をレストアしている。サビを落とすには研磨剤か化学的にサビを分解するかのどちらかだ。研磨は手間がかかる、効率的に落とす錆落とし剤が欲しくてネットで検索していたら「やすづか發動機運転会」で出張販売しているという。またガソリンが値上がりしたので送料+手数料の方が安いみたいだが「發動機」というフレーズに引かれてに行ってきた。

 朝早くから大勢のマニアが押しかけ、炎天下ではあるが大盛況であった。先ず肝心のサビ取り剤をゲットした後ついで?に発動機運転会を見た。「どの道のマニアも同じだなぁ」とオタク心理を垣間見たような気分だ。心臓の鼓動に近いペースで「シュ・バッ・・・シュ・バッ・・・シュ・バッ・・・」と力強いスローな爆発音にグッと引かれてしまい、こっちの道にもはまりそう (*^。^*) これ以上道楽は増やさないと強い決意を持っているのだがくじけそう(^_^;)  シンプルでスロー・・・こんなに生き物に近い機械は無いというほど魅力的。機械なんてよびたくない、まるで臓器のようだ。機械と言わないなら何と呼ぼう。

|

« ベニックス、復活の日は来るか・・・ | トップページ | ピクニカを磨く »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190701/42047368

この記事へのトラックバック一覧です: やすづか發動機運転会:

« ベニックス、復活の日は来るか・・・ | トップページ | ピクニカを磨く »