« 避難訓練 | トップページ | 紅葉狩り、天気が・・・ »

2008年10月23日 (木)

検診

 年に一度は健康診断を受けることにしているのだが、還暦目前の体はあちこちにガタが出始めている。胃のバリウム検査では毎年引っ掛かり再検査となるので、胃カメラは毎年の恒例行事となってしまった。肝機能でも引っかかることがあり、これも医師の指導が必要とかで心配しながら病院に行ったのだがドクターはこの程度なら心配ないとご託宣。危ない数値の基準が検診機関と医療機関で違っているような気がする。

 今回は前立腺がんの腫瘍マーカーPSA値が少し多く出たため初めて要精検の通知が来た。今日hospital病院に行き、改めて血液検査をして診てもらったが、心配なしとのことでとりあえず一安心good。腫瘍マーカーのPSA値は体調により変化するらしく、前回の結果と比較しかなり下がって安全圏内であった。という訳で1年後に経過観察ということで一件落着。ドクターの話では長距離を自転車に乗った後は上がるらしい。だから血液検査前の2~3日はあまり乗らないほうがいいと言うではないか。そういえば健康診断の頃は乗っていたような気もするがよく覚えていない。50を過ぎた検査を受ける自転車乗りは注意が必要だ。数値が上がるというほど乗ってはいないのだが、今回の原因が何だったか来年の検査の頃は気をつけてみよう。兎に角体にはジワジワと自覚症状の無いガタが来ていることは間違いない(>_<)

 そして来週、今度は胃カメラだが、これも毎年のことなので心配してはいない、多分何ともないと思うが一応念のための診断だ・・・ 機械だって体だっていつかは寿命が来る、パーツを取り替えて再生できない生身のカラダだからそうなる前の検査は欠かせない。自転車はサビサビでも根気とdollar資金があればレストアもできるが、カラダは自分で気をつけることくらいしか出来ない・・・せめてあと20年は持って欲しいのだが、歳を追うごとに精検の項目が増えていくようで億劫だ (+_+) 

 身の回りの自転車乗りを見ると、癌手術を受けて復帰した人や心臓のバイパス手術を受けすっかり回復しまた乗り出した人、腰やひざの手術を受けた人など数多い。そんな元気に回復した人を見るにつけ自分がもしそうであったら、再び乗るなんて勇気と気力があるのか自信がない。悪いところは早めに見つけよう。とりあえず一安心したせいか今宵のbottle晩酌は旨かった(^^♪

|

« 避難訓練 | トップページ | 紅葉狩り、天気が・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190701/42880439

この記事へのトラックバック一覧です: 検診:

« 避難訓練 | トップページ | 紅葉狩り、天気が・・・ »