« 紅葉狩り、天気が・・・ | トップページ | 土手カボチャで »

2008年10月30日 (木)

道具あればこそ

 ここ2~3日は朝晩めっきり寒くなった。我が家の暖房は薪ストーブがメインだが、まだ本格的に焚くには早いし薪の準備も済んでない(>_<) 。朝晩のほんのチョイの間を暖めるのには薪ストーブは少し厄介だ。ボタン1つで着火でき消したいときにはすぐ消せる、そんなファンヒーターの便利さは捨てがたい。ファンヒーターが出ると、ただでさえ狭い部屋の中では掃除やなんかで邪魔になって動かすことが度々ある。また、温風の方向を変えたい時なども結構重くて、フローリング床の上では引きずるために擦り傷がついてしまう。何台かには簡単に動かせるよう台車を用意しているが、まだ一枚足りない。

Dsc00468  もう一台作ることにして昨日は廃材を物色したり、小さいキャスターも買ってきた。今日は昼休みのチョイの間に端材のコンパネにファンヒーターを乗っけて型を写し、手鋸でカットし始めた。ところがホンの数センチ切っただけで間怠っこしくなり電動丸鋸を出してきた。やはり電動ってすごい、あっという間にカットが済んだ。手鋸で切っても何分もかからないがやはり手が痛くなったり疲れてしまう、 何とヤワになってしまったんだろう!  (>_<) エレキのおかげでキーンと一発、1分もしないでカットが済んで木口にカンナをかけサンドペーパーでチャッチャと仕上げた。

   .

Dsc00469  お次はひっくり返して四隅にキャスターをつける。これはインパクトドライバーでダダダ・・・、(^^♪ 

 材料費は@80円のキャスターが4個のみ、〆て240円。始めてからものの10分もしないであっという間に完成したお手軽工作のファンヒーター台車、これも道具あればこそ。道具を出したり仕舞ったりとか、おが屑や鉋屑の掃除の方がよっぽど手間がかかってしまった(~_~;) 

    .

Dsc00475  これでファンヒーターの移動は指1本?で楽々、簡単な工作だが我ながら良い出来(*^_^*) 植木鉢もテレビもあれもこれも・・・みんなキャスターの付いた台車を作ってしまった。一体いくつあるんだろ?

|

« 紅葉狩り、天気が・・・ | トップページ | 土手カボチャで »

手仕事・工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190701/42952877

この記事へのトラックバック一覧です: 道具あればこそ:

« 紅葉狩り、天気が・・・ | トップページ | 土手カボチャで »