« 忙しさに追われても・・・ | トップページ | 評価が ^^; »

2008年11月30日 (日)

思い切って剪定

 春先から窓辺のプランターボックスを彩っていたゼラニウムの鉢植えがこのところの寒さに耐え切れず傷み始めた。遠目にはまだまだ綺麗に咲いているが、このままでは遅かれ早かれ枯れてしまう。そして春までは窓辺は雪にも寒さにも強いパンジーの出番だ。パンジーなら雪が積もろうが寒さで凍ろうが0℃以上あれば成長する。だから雪国の窓辺にはパンジーに代わる植物がない。

Image  役目を終えたゼラニウムも温かい場所に置いておくことができればまた回復するのだが、我が家の中にプランター6個も置くなんてそんな場所はない。それでなくても屋内に取り込んだ熱帯性鉢物で家の中は冬の間はジャングル状態だ。だからある程度寒さに強いものは、暖房していない倉庫の中で越冬させる。ゼラニウムの場合は太い茎を地際から10センチほどのところをバッサリ切り詰め殆ど乾いた状態で冬を越す。画像の上が剪定前、下が剪定後。 以前本で読んだのだが、スイスあたりでは、土をつけたまま掘り上げて紙に包んで冬を越すという。乾燥に強いゼラニウムは春先に水分を与えると又芽を出すらしい。葉っぱがないから明るい必要もないし蒸散作用もない、だからこの下の画像の状態で春まで二度ほど湿り気を与え温かくなったら充分な水をやる。そうすれば又新芽が伸びてくる。ゼラニウムって奴は本当に強い。

|

« 忙しさに追われても・・・ | トップページ | 評価が ^^; »

園芸・庭仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190701/43277161

この記事へのトラックバック一覧です: 思い切って剪定:

« 忙しさに追われても・・・ | トップページ | 評価が ^^; »