« 毎年のことだけど(ーー;) | トップページ | 思い切って剪定 »

2008年11月27日 (木)

忙しさに追われても・・・

 年の瀬が迫るにつれ毎日あわただしい。いくら忙しくて去年からの宿題?がある、それは家の電飾。昨年末にイルミネーションをしてみようと思いついて、オークションで激安のLEDイルミネーションを30本ほど手に入れた。海外からの出品だったことから通関などで手間取り、年が明けてからようやくそれは届いた。防水性能やコードの細さなど若干気になる点はあるが、試しに点灯してみたら少しくらいの雨ならまったく問題なく価格以上の価値があった(^_^)。60~100球のストレートライトで色は何色かあるが、飾りつけのセンスもないのでそのまま点けたのでは大して見栄えがしない、ただ数多く点滅させればと良いというものでもないようだ。そのうえ年末過ぎれば無用の長物、何の使いみちもなくあっという間に一年が過ぎた。今年こそというつもりなのだが12月はもうすぐそこに迫っている。

Dsc00553  暦に急かされ、夜なべで「手作りのオリジナルX'masモチーフ・イルミネーション」を作ってみた。素材はありあわせの園芸支柱や端材のスタイロフォームなど。3センチ厚のフォーム板をカッターや包丁を使って星やリースの形に切り出す、園芸支柱は自転車チューブとかバインド線、ビニタイなどで骨組みを作ってイルミネーションを絡める、モチーフのイメージに合った色の電球を止めるだけなのだ。しかし点灯した時に見るだけなら素材に着色の必要もないが、日中に見たらまったく冴えない。そこで灯かりが点かなくてもそれなりにイメージが沸くようにと思いスタイロフォームを着色することにしたのだが、これがなかなかうまくいかない。油性のラッカースプレーでは素材が溶けてしまう。水性の塗料は刷毛で塗っても弾いて素材に馴染まずムラになる。結局ホームセンターで水性のアクリル系スプレー塗料というものを買ってきて吹いたらようやくうまくいった。

Dsc00571 色が着いたらLED電球を止めるだけ。これには又釘というU字型の釘を使って線を止める、素材が柔らかいから手でブスブス簡単に突き刺さる。ストレートライトはそのまま表面に止めるのと、半田ごてで表面から穴を開け、裏側から電球を通すのでは明かりが点ったときの見え方がかなり違うことが分かりいろいろ試行錯誤してみた。DIYだから経費は材料代のみ、直径60センチのリースに使ったのは100球の赤と緑のLEDイルミネーションが各1本(@380)スタイロフォーム板は端材だから0円、水性スプレーが2本(@498)合わせても2000円に満たない200球の豪華なリース(*^_^*) これだけの大きさの完成品を買ったら1万円は下らない。普通のストレートライトでもこうすれば立派な2Dモチーフ・ライトだ。ほんの少し使ったスプレーの残りはどうしよう(ーー;) 赤とグリーンはX'masカラーだから、もう1つ何んか作ろう(*^_^*)。

 決して満足な出来映えとはいえないがもう時間がない、毎晩少しづつ作り何種類かできた。後は家の外壁に飾るだけ、でも問題はありあわせの自作素材でどうデザインするか・・・・壁面自体が広いし、壁に取り付いていると全体のバランスが見えないからなかなか難しい。それに明るい時に点灯した様子を思い浮かべながら飾るのだから想像力が働かない(>_<)。、おまけに経験もセンスもないときている。朝晩少しづつ取り付けているのだがなかなか思うように出来ずやり直しの連続だ。この不景気な世の中で、まして裕福でもない我が家が浮かれたように電飾でもなかろうが、物好きというか悪戯コキ根性丸出しというか・・こんなときこそパッと明るくしたいと思うのだ。12月1日には何とか点灯しようと思いながら今夜も・・・。

|

« 毎年のことだけど(ーー;) | トップページ | 思い切って剪定 »

手仕事・工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190701/43247228

この記事へのトラックバック一覧です: 忙しさに追われても・・・:

« 毎年のことだけど(ーー;) | トップページ | 思い切って剪定 »