« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月の投稿

2009年1月30日 (金)

コードの三つ編み伝授

 長過ぎる音楽プレーヤーのイヤホンやマウスのコード、いろいろな電源アダプター・携帯の充電コードなどが絡み合っているのは鬱陶しくて扱いにくい。処理に困って何とか簡単にスマートに短かくしたいと悩んでいる方はかなりいるようだ。当サイトの検索フレーズランキングでも上位に「マウス・コード短縮」とか「イヤホンコード・三つ編み」とか様々なキーワードで検索した末にたどり着く方が多いようだ。
 家電の電源コードなんかは元から切ってつなぎ直すのがいちばんスッキリするのだが、マウスやイヤホンコードは細かったり芯線が何本もあったり、おまけにプラグの末端部が成型固着されているから、簡単に切ってしまうわけに行かない。
 

 こうしたコードは編んで短縮するという裏技を使うのが簡単なのだが、コードの編み方を詳しく載せているサイトが意外に少ない。目の前で編んで見せれば「ああそうか~!かんたーん!!」と言われるのだが、出来上がりの画像だけではなかなか理解してもらえない。動画を公開しようと思ったのだが、とりあえず何枚かの編み方の途中経過画像に解説を加えて紹介してみよう。これで理解してもらえるといいのだが・・・

photo

Photo_2

Photo_3

Photo_7

Photo_6  解っていただけただろうか? 最後の段階でひねった穴に末端を通すため、編み終わり方向に大きなアダプターやイヤホンがあると通せなくなってしまう。編み終わりの末端が小さいほうに向かって編むことがミソ。 後日、改めて編み方がもっと簡単な「鎖編み」の方法を公開しようと思う。

 編むことで絡んでいたコードがスッキリし、使い勝手はよくなるが、コードが受ける物理的ストレスや電気的影響については素人なので考慮していないcoldsweats01。それぞれの自己責任でお願いします m(__)m

  サルでも判る簡単コード編み をアップしました

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年1月26日 (月)

解決(*^。^*)

 スタイルシート編集の課題、ずっと悩んでいた事がようやく解ったflair\(◎o◎)/! 場所を指定する単語と位置を指定する言葉
#sub_a { text-align :center;}  #sub_b  {text-align: center; }
 たったこれだけの言葉をある場所に書き加えるだけだった。

ついでにこのブログタイトルも今までは縮小で表示したりワイドディスプレーで見るとタイトルバナーが右寄りだったのだが、スタイルシートに 
background-position:center; 
と一文書き加えること
で解消した。いつかは直したいと気になっていたことが一気に解決しスッキリしたscissors。やってみればなんとかなるもんだ。 CSSは面白い、もう少し勉強?してみようかな。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月25日 (日)

試行錯誤

 好天の日曜日だが、この時期は外での園芸作業が出来ない(-_-;) 真冬、外でやることがない時には部屋の中でこれとは別のブログをあれこれいじくって楽しんでいる。表面上は何処といって大して変化はない、細かな部分のスペースとか文字の配置などにこだわっているのだ。HTMLもCSS(スタイルシート)も全く学んだことがないド素人だが、パソコンネットで検索しながら独学?で少しづつ少しづつ・・・

Photo_5  今はCSSの記述にはまり、連日0時近い時間まで・・・意味を理解しないままやっているので失敗したら元に戻せないと思う、しかし駄目もと。訪れる人の少ないブログだから実験?もやりやすい(^_^;) 結果どうなるかは?だ。昨夜の課題は、本文の折り返し。センタリングの文を左詰めにしたいのだがどうしたらよいのか?基礎が判っていないのだからただ試行錯誤あるのみ。膨大な英文?記述の中からスタイルを決めている場所をつきとめ、たったひとつの単語を書き換えるだけでブログのスタイルが全く変わってしまう。上手くその場所を突き止めたときの感覚は、まるで推理小説の犯人探しのようで面白い。

  只、やったことは直ぐに忘れてしまう(>_<)。何処をどう書き直したのか覚えがないのに・・・プレビューで見たら記事本文は左詰めになっていた(◎o◎)?? 次の課題はメニューバーの部分、ここを画面に対しサイズ可変にしたい、しかし昨夜はあと一歩で王手というところで近所からお誘いの電話があった(*^。^*)。お酒酔っ払って帰ってしまたのでまた1からやり直しだ(>_<) 時計一夜明ければパソコン昨日何処までどうしたのか全く覚えていない、困ったもんだ(>_<)。カレンダーも中央に移動したい・・・折角の晴れた日曜日だが今朝は冷え込んで何もかもガチガチに凍てついている。たぶん鉢土もまだ凍っているだろう。でもビニールハウスに行ってみよう、クローバー何かやれそうな仕事が待っているかも。 PCの前に座ってしまうとそれで一日が終わってしまいそうだから・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月19日 (月)

律儀だけど忌々しい!

 何時頃だろう?まだ真っ暗?・・・遠くで何か小さな音がする・・・ 「*@△ЦΩπ▽・・・#”・・・・」 そのままうつらうつら・・・ どれくらい経ったのか分からないがまだ音が・・・ 「▽λ@#”*+・・・ω@αψ・・・」 今度は耳を凝らして聞くとどうやら人の声? 何か言っている?・・・ 「▽δΨ@блфになりました、#”*Ωεξになりました。00の00になりました・・・。」  どこかで聴いたことがある声? 女性の声?誰だっけ??何処で喋っているんだろう? !! flairそうだぁ~! 携帯のアラーム~! 

 実は昨夜、昨年春まで使っていた携帯電話に残したデータが欲しくて電源を入れた。そしてそのまま引き出しの中にしまい込み寝てしまったのだった(~_~;) 寝床を抜け出しリビングに行ってみると、引き出しの中からあの聞き覚えのある声で「予定の時間になりました・・・予定の時間になりました・・・予定の時間になりました・・・」 と繰り返している。 律儀な機械は充電切れでもしっかりデータを保持し、電池さえ入れば決められた仕事をやってのける!(@_@;) 暗がりの中、寝ぼけ眼で適当に解除して電話をテーブルの上に置いてもう一度布団にもぐりこむ・・・そしてまたウトウト。するとまた「予定の時間になりました・・・予定の時間になりました・・・予定の時間になりました・・・」 と始まった。クッソ~・・・、ったくぅ~・・・((+_+))! スヌーズにセットしてあったことなどすっかり忘れていた。もう一度起き出して今度は完全に息の根を止めた<`ヘ´> おかげで5時前というのにすっかり目が覚めた(~_~;)

 このアラーム、早朝サイクリングのためにセットしたアラームだった。しかし今はまだ真っ暗、fuji日の出までまだ2時間もある。春になればこの時間はもう夜明け、もう起きだす時間だ。だが外は雪・・・、雪が消えても寒さが和らぎ早朝サイクリングが出来るようになるまでまだ3ヶ月以上もある。それまでは冬眠(-_-)zzz ・・・ もう少し寝よう・・・でも、もうすっかり目が覚めてしまった(>_<)。律儀だが全く忌々しい奴!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月14日 (水)

09年雪まつり始動

 来月開催されるsnow十日町雪まつりの雪像製作の準備が動き出した。偶然にも札幌よりわずか2週間早く第1回が始まり、今年で60回目を迎える。文字通り日本の雪まつりの発祥地であり、宗教行事や信仰とは異なる近代雪まつりとしては元祖、現在世界各地で雪まつりが開かれているが多分世界初ともいわれている。

 12月も押し詰まった頃、今回もまた我が町内会からのエントリーが決まり第1回目の製作会議があった、とは言っても主だった製作メンバー3人だけでの打ち合わせ会なのだが、毎年どんな作品を作るか簡単には決まらない。その年のkey10大ニュースとか事件・事故、流行や話題、その年を表す漢字ひと文字など様々な中から題材を選ぶのだが、昨今はたのしい祭りに不似合いな暗いニュースばかりが多くなかなか難しい。

 あらかじめ腹案を持ち寄ることになっているのだが、他の二人は案を持ってはいなかった。そこでひそかに考えてきたテーマというかコンセプトの「サライ」を提案。サライという言葉についてはS実行委員長には事前に伝えてあり意味やイメージについて考えておく旨伝えてあったのだが、「24時間テレビのエンディングテーマ曲か雑誌のタイトル」くらいの答えしか返ってこなかった。

 サライを提案した経緯をいうと・・・我が町内の過去数回の作品は「祈り・絆・命・繋ぐ」と一貫して人と人のつながりをテーマに作ってきた。今回もその路線から大きく外れない題材として安心感+やすらぎ+懐かしさという言葉から「サライ=こころのふるさと」をイメージしたものを作ったらどうかという点に発展し「地球環境の危機→人の心にあるものの何かに訴えかけよう」という作品コンセプトを提案したものだ。annoyたたき台として提案したものだったがあっさり「これで行こう」ということになってしまい、作品名も簡単に「サライ・こころのふるさと」に決定してしまった。しかし未だ消化しきれていない部分がある。というのはエントリー申込みの都合で題名だけが先行してしまい、題名と作品内容が一致しないのだ。困ったが後のことはこれから製作開始までに考えることにすれば良いと楽観ムードである(~_~;)。

 年があらたまった先日、2度目の打合せで絵の上手いS実行委員長に大まかな構想を伝えて絵を描いてもらった。大きな地球、それを壊そうとする邪悪、抵抗し修復しようとする正義・・・登場するキャラクターはメルヘンチックで馴染みのある分かりやすいものがたくさん・・・ ざっとこんな構図だ。しかしこれからまだまだ変わるだろう。最終的な絵や構図が描きあがるのは2月始め、それまでにやらねばならないことも山積しているが、ともあれ今年も動き出した。ここ何年かコンテストの2位と3位を交互に受賞し、それなりのレベルには達しているのだが・・・。実のところ賞狙いは少し疲れてきた。賞典外の作品なら自由があり、他の2人からもいいアイディアが出たのだが作品としては却下された。何時かは賞にこだわらず見て楽しく喜んでもらえる雪像を作りたいというのが本音だがそうすると製作費の補助をもらえない。残念だが今年も審査員受けする作品を作って賞を目指すしかないのが現実だ(~_~;) となればやはり狙いは最高賞。 製作メンバーも年を重ねる毎に体力も落ち次第に減少気味、おまけに今のところ雪が少ない・・・ typhoon難問山積、だがここまでくればやるしかないup (*^。^*) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月12日 (月)

ジジイの実感

 今日は成人の日、言わずもがな「二十歳となり大人の仲間入りした若者に成人の自覚をしてもらいはげまし祝う日」である。当地で5月に成人式が行われ、自身のその時は成人式当日は連休でもあり、式に参加せず大阪万博の会場に居た。だから実際「成人の覚悟や実感」も沸かず後日、市から届いたアルバム1冊のみ。そんなこんなで成人を実感することなくそのままズルズル・・・ そして間もなく3回目の成人?を迎える歳になってしまった(^_^;) 

 昨日は町内恒例の新年のお祓いと神事「御日待ち」があった。神前でお払いを受けた後、直会と新年会が行われる。町内会長など町内の面立ちの挨拶や乾杯と続き、やがて祝い歌の「天神囃子」を唱和して会は佳境を迎える。そして会の終盤、中締めと云う手打ちをする。通例で中〆や万歳三唱は年長者の役目なのだが、どういう訳か進行役からこの俺に御指名である。「ええ゛え゛~~~ なんで俺が~」である。こんな役目はジイサンの役目(`´)、まだ10年早いのだ!! しかし指名とあれば受けざるを得まい、だが気の利いた一言も発することさえ出来ず手締めを終えてしまった。酒がだいぶ入っていたこともあり、あまり深く考えることもなく帰宅したのだが・・・成人の日の今日、あらためて考えてみるとまだその域に達していないと痛感(>_<) しかし正にこれは一生の通過儀礼?というか人生の節目であった。そうか、いつの間にかそんな歳になってしまったのか(*^。^*) まだ若いと思っていたのに何てこった(*_*;  正に「とうとうジイサン達の仲間入りをしてしまった!」の実感である。

 そんなことがあってせめてカッコだけでも少し若返ろうと、今日は相方の買い物に付き合って出かけた折、久し振りにジーンズショップでジーンズを買って来た。幸いメタボ傾向もなく、昔とほとんど同じサイズが履ける(*^。^*) 30歳台まではいつも何処に出かけるときも殆どGパンで通していたのに、いつの間にか全く履かなくなっていた。頭は白くて薄くなってしまい、おまけに着ているものまでジジ臭かった??だからあんな役目を仰せつかる・・・これからはせめて見た目だけでも若くいようというのだ。だが息子が今年の誕生日には赤いチャンチャンコをくれるという。だから今から「どうせくれるなら真っ赤なダウンベストを!」とリクエストしている。いまさら若ぶってボロジーンズを履いたら惨めなヤモメのジイサンにしか見えない、せめてウオッシュアウトのジーンズに赤いダウンベスト!。これならなんとか若く見てもらえるかな?。残念ながらお洒落のセンスなんて全くないから、単なる派手好みな爺さんになってしまいそうだ・・・(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 7日 (水)

お年玉?

 給与所得者に年末調整という仕組みがある。これまでは年末には必ず多少のお金が戻っていたのだが・・・ところがどうしたことか昨年末は不足分を追加で支払わなければならなくなった。わずかであれプラスがマイナスに・・・これは痛い(-_-;) 支払った金額はわずかであったが、それより当てにしていたお金が入ってこないほうが痛い(>_<) 我が家では、年末調整は臨時収入moneybagだから「クリスマスプレゼント&お年玉」ということで、それぞれが自由に使って良いという決まりだったのだ。その年末調整が今回戻らないということは大変!(T_T)。

 しかし、出ないものは出ない。あきらめるしかないdowndown その分あとからごっそり取られると言われているから嫌なのだが、こうなったら巷間うわさのあのばら撒きと揶揄される給付金にでも期待するしかない(^_^;) だがクリスマスプレゼントもお年玉も何もないのはなんとも寂しい。わずかな財布の中身と相談し何か欲しいものを1つ買う事にした。ささやかな金額であるがそれは以前から気のなっていた「つめかえ君」というものだ。

Photo  「つめかえ君」とは、アウトドアで使う携帯ガスボンベの空容器に安い家庭用カセットガスを詰め替えて使うアダプターだ。野山に遊びに行くと火を焚きたくなる性分があるが、最近は何処でも直火を焚くということが出来にくい。そこで手軽なガス器具で湯を沸かしたり簡単な調理をするのだが、途中で燃料切れになってしまうこともたびたびあった(>_<) しかし、かさばるので2本持っていくのは面倒。液体燃料を使う器具と違ってガスは手軽な反面ガスの補充が利かないから残りわずかになったボンベはどうしても置いて行かれる。そんなボンベが家には各種合わせて10本近くあった、その使い切れずにもてあましていたガス容器を再利用できて、純正ガスの3~5分の1の価格で使えるというから実に財布にやさしい道具だ。値段もつめかえ君本体のみなら2500円程度だから10本も詰め替えたら元が取れる計算。法的にはこういう使い方はban認められていないようだが、そこは自己責任ということで多くの愛用者がいる。注文した商品が届いたので早速使ってみると・・・

 説明書の手順どおり2つのボンベをpassつないでバルブを開くだけといううたい文句そのまま。ところが実際は、「簡単だが~~ 思った以上に時間がかかる」というのが正直な感想だ。empty空き容器がおよそ10分でfull満タンになるというが・・・途中で何度か重さを計測し量を調べるのだが満タン近くになると充填効率が落ち最後もう少しというところで止まってしまったり・・・、気温やタンクの温度のせいもあるらしい。几帳面に満タンにこだわらなければ良いのだが、どうも性分としてそこが許せない。手で暖めたり容器を揺すったり・・・ 

 ガス漏れ爆発の危険が絶対にないとも限らないから、暖かい部屋の中で出来るという作業でもない。受け容器側は冷えているほうがガスの移動効率が良いから、雪の上でするのが条件としてはよい。幸い外には雪が積もっている、だが冷たくて寒~い(T_T) あれこれやりながらこ一時間で4本ほど詰めた、意外に手間がかかる(~_~;)。何本か詰めて気づいたのだが閉めすぎ防止のためのストッパーというパーツの位置が微妙で、ボンベの閉め具合がゆるいと受け側の弁が開ききらずガスが全く移動していないこともあった。やはりある程度の慣れが必要かもしれない。わずかに残ったカセットガスの処理は大気放出でごまかしてしまった(^_^;) 天気の良い日に残りの空き容器もみんな詰めてしまおう。 早速外気温+1℃の戸外で燃焼テストをしてみた。ガスだから普通に火がつくのは当たり前だが、純正ガスに比べ燃焼音が若干小さく感じる。ということは熱量が低い?カセットガスはブタン100%だからこの寒さでは仕方がないのだろう。春秋程度の気温でどんな燃焼をするのかあらためてテストしてみなくてはいけない。しかし軟弱アウトドアマンにとってはこの程度の熱量で十分ということで納得(^_^;)。いずれイソブタンなどのプレミアガスを少し混ぜて充填しテストしてみたいものだ。今日は「ささやかなpresentお年玉」の話でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 4日 (日)

正月休みも今日でおしまい

 三が日は大した事もせずゴロゴロダラダラ終わってしまい、お正月休みも今日が最後。仕事始めに備え体を慣らしておこうと思い活動開始。昼前から海の方にチョッとだけドライブに行った。家の周りは積雪60センチほどだがトンネルを2つ抜けたあたりから雪は目に見えて少なくなり、海岸沿いは白いものが全く見えない。いつもの事ながら「我が家の辺りもこんなふうであれば冬の大変さも感じなくて済むのに・・・」と思ってしまう。柏崎の米山大橋たもとのレストランで食事の後、お魚の三十三間堂でお買いものをして帰宅。

 その後は年末から気になっていたビニールハウスに行って見た。年末から暫らく見ないうちにポットの苗には萎れかかっているのもあり、1時間ほどかけて液肥を与えたり枯れた葉っぱや花柄の整理。それほど寒い日というわけでもないが、手が悴んで一旦退散し家で暖まる。そして第2ラウンド・・・プランター4~5個にパンジーなどの寄せ植えを作りまた敗退、暫らくストーブの前で休憩後、玄関先の雪の積もらないフラワーボックスにも20~30ポット程を植え込んだ。薄暗くなってきたので外仕事ができない。夕飯までにはまだ時間があるので今度は車庫に移動。

 次は今年初の工作。毎年野鳥が使ってくれている玄関先の巣箱の屋根が永年の雨ざらしで腐ってしまい取れていたのが気になっていた。冬の間に直しておかないと、春先にいきなり直したものには寄り付いてくれない。だから適当な端材をあさって工作開始。古い巣箱とチグハグにならないようデザインを考えできるだけ風化した材料を使って屋根部分だけを作り直した。我ながら良い出来??と自画自賛(*^。^*) 仕上げには切った部分の新しく見える木口と屋根の表面をバーナーで焼いて仕上げる。明日明るくなったら早速屋根の無くなっている巣箱に乗せよう。さあ風呂に入って夕飯だ。正月気分も今夜でおしまい、サァ明日から仕事仕事(`´)。

リフォーム後の屋根

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 1日 (木)

あけましておめでとうございます

Photo_7  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »