« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月の投稿

2009年3月29日 (日)

アクセス30,000オーバー

 昨日、このブログのアクセス数が30,000を越えたようだ。開設後最初は1年間でやっと5,000、そのおよそ半年後に10,000ヒットを達成。昨年になってから次第にアクセスペースが増え始め、最近の1年は20,000アクセスを重ね、開設から2年半後にしてとうとう30,000アクセスに到達 ^_^; この1年の増え方はいったいどうしたことだろう?自分でもさっぱり分からない?? どんなbook読者がどんな目的で訪れるのだろう。ともあれ常連さんも一見さんも、みなさん本当にありがとうございま~~す m(__)m 

 ブログを書き始めた最初の記事の書き出しは “ 昨日は何をしたのかさえもすぐに思い出せない、(~_~;) そんな歳になりました。まして一週間前・ひと月前なんて・・・    そういう訳で、日々の記録としてのブログをはじめてみました・・・。”でした。 人様のためにというより、自分自身の覚え書き、物忘れ防止という軽い気持ちで始めたことだから、記事内容が絞りきれず、あれもこれもと雑多でまとまりがない (~_~;) ブログタイトルの「なんかつくろ」にそぐわない内容が多いけど、こうして訪れる人が増えているということはありがたいこと、これからもよろしくぅ~ scissors  たまには読者が期待している記事もpencil書かなくちゃsweat01 ボチボチだけど・・・ これからも脳に刺激を与え知識欲を旺盛に、ボケたり忘れたりしちゃいられない。ブログのおかげでパソコンの知識に明るくなったばかりでなく、文章の構成を気にも使うようになったり、使う言葉の意味を1つ1つ考えるようになったり・・・それなりに効用があった。 ア~~それにしてもいまだにブラインドタッチが出来ないとは情けなや・・・  orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月28日 (土)

巷で話題のETCが・・・安い早い(^^♪

 巷間話題のETC。今日からは、土日何処まで行っても1000円!(*^_^*) 我が家のクルマは既に全部付いている、だが昨年末に娘のクルマが1台増えたが、これには付いていない。しかし、お得なETCを利用しない手はない。新聞やテレビでは駆け込み需要が増え、品薄で「カー用品店店頭では売り切れ続出で入荷待ち!」とか、ネットでも高いものしか在庫が見つからない。しかし慌てて買うほどのことはない、もう少し待っていようかと思ってた。だがこの先いくら待っても急激な値下がりは期待できないし・・・と思いつつ時々ネットを泳いでいた。 何度か3,000円程度の激安ETCを発見したが、フォームを入力するとタッチの差で売切れとなったことが2度あった。snailためらっているとあっという間に売り切れになってしまうshock 

Jhp101a_img01  安いETCを探すと「0円」を謳ったキャンペーンはいくらでも見つかるが、ほとんどがカード契約必須である(~_~;)。カードなんて何枚持っても荷物にもならないと割り切って考えたらいいのだが、カードを何枚も増やすのは性に合わない。何とかカード契約という紐なしの格安ETCはないものかとさらに探してみた。2年ほど前はここで3台のETCを文字通り0円でGET、委任状の郵送費80円だけで手に入れたのだったが、今回は送料525円負担の条件が出ていた。しかしその後再び訪れたときは、やはりもう時既に遅しで売り切れてしまい値上がりしていた。いくつものサイトをブックマークし時々値動きを見ていたが、やはり兎に角安くてカード契約の条件がないところは2つしか見つからない。そこでは売り切れても暫く待つと追加販売されていたが、そのたびに少しづつ値上がりしている。とうとう5000円以下では手に入らないというところまで来てようやく決断した。この先当分値下がりなんて期待できない、そろそろ潮時。ETCの機種や機能には拘らないから、これにしようと決めたのはここ。今まで使っていた古野のETCは、1つのLEDが赤・橙・緑と点灯し、ピッ音で知らせてくれるだけのシンプルなもの。今回GETしたものも生産を打ち切った前モデルだが、使ってみてこれで必要かつ十分であると分かっていたので今回もこれに決めた。

Dsc00920_r_2   26日、ブックマークを開いて追加発売を発見。直ぐにpcキーボードを叩いて社用の分と合わせて2台購入。高い買い物をしたかどうか、もう少し先になって見ないと分からない。セットアップと送料込みで@5900円、手数料を入れて2台で1万2千円ほどであった。おまけに万一再セットアップが必要になっても永久無料、再セットアップが必要かどうかはわからないけど、あっても邪魔にならない。翌日必要書類をFAXで送ったら、その日のうちにセットアップが終わって発送したと知らせがあった。ネット上では発送まで7日ほどかかるといわれていたのに・・・注文からまる1日もたっていない(@_@;)。この記事を書きながらリンク先を確認したら、今夜は同じ品がなんと7900円だった(@_@) 何とラッキ~~! 売り切れ続出で1ヶ月以上の待ちと報道されていたから当分は駄目と諦めていたのだが、あるところにはあるものだ。そして翌午前には品薄といわれていたETCがあっという間に届いた(^^♪ しかし、前回は3台まとめて切手代80円で済んだ物が今回は6000円と信じられないほど高い買い物だった。潮時って言うのはこれから先になってみないとわからない。28日の今日からはETC車両は何処まで行っても土日1000円up 早速取り付けようscissors・・・でも car dash行くところがな~いdown^_^; 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月27日 (金)

またまたカモシカ?

 すっかり消えた雪だったが、今朝は5センチほどの積雪があった。出勤途中の大きな駐車場を通ると・・・・ほとんどタイヤの轍がない広い駐車場を横切るように動物の足跡がついている。??と思って近づいてみたらまた例の足跡だった(@_@;)。どうやらこのあたりをすっかりテリトリーにしているみたいだ。

 体育館側の斜面からゲートボール場を抜け、駐車場を横切り崖の方までおよそ100メートルの足跡。歩幅は今までに比べ若干広く感じる。ゆっくりというよりやや小走りという様子に思える。mobilephoneカメラと思い自慢の5メガのケータイを取り出したら・・・バッテリー容量が足りずに起動しない(~_~;) ったくぅ~ こいつはいつもこうだpout

 仕方なくそのまま出勤し昼休みに再び行ってみたら、雪がビショビショに融けているではないかsweat02 もう足跡がすっかり消えていたshock いつもカモシカのメールをくれるSさんに知らせたら、カモシカ足跡研究会という名をつけて返信が返った。ホント、近頃すっかり「カモシカの足跡研究会」になっている。ネットで調べると更にいろいろ新しいことが判ってきた。カモシカは偶蹄目、ひづめが偶数。同じ偶蹄類のイノシシの足跡と紛らわしいが、踵の後ろ部分の副蹄(ふくてい)という蹄で区別できるらしい。副蹄の位置が低いのがイノシシ、だからはっきり副蹄の後が残る。副蹄の位置が高いためはっきり残らないのがカモシカという。両方の実物を比較した訳ではないが、後ろの蹄がぼんやり確認できる。あれはカモシカに間違いないという確信が強くなってきた。足跡研究会というより追跡隊のsearch調査?は続く・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コーナーシェルフ

Dsc00912 母からトイレのコーナーに小さい飾り棚が欲しいと以前からリクエストされていた。簡単に出来るDIY工作だが、何となく億劫でずっと手付かずだった。一念発起というわけではないが、ふと思い出したので今度こそ忘れてしまわないようにと作り始めた。集成材の端材を扇形にカットし、角をトリマーで丸め、縁に沿って丸溝を彫るだけだからあっという間に出来上がり。ウレタンニスを二度塗りしたので、仕上がりまで時間的には延べ二日掛かった。最後はアルミの端材アングルで壁付けにするための台を取り付けて完成scissors いざ取り付けという段階で壁材の裏が空洞だということがわかった。急いでホームセンターに行ってモリーアンカーなるものを購入。空洞の壁でもこいつがあれば簡単に取り付け可能、便利な時代だ。でも100%満足な仕上がりとは言えない(^^ゞ 急いで作ろうと少し荒目のペーパー掛けを1回掛けただけの手抜き仕事。塗る前は目立たなかったのだがニスが乾いたら何となく肌理が悪いdown 手を抜くといつかどこかで絶対バレるもんだ(^_^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月26日 (木)

カモシカ出没

200903261134 Dsc00909_2

 昼休み、ケータイメールが何度も届いた(*^_^*)、近所のSさんからだった。また彼の山の畑にカモシカの足跡があったという内容で、写真が添付してあった。昼ごはんを食べて早速行ってみたら・・・あるある! 

 沢の林を抜け、畑と道路を横切り、Sさんちの畑を一直線に横切って、またその先の林の中へと続いている。雪が消えた畑にはキャベツなど収穫物の残骸もあったが、立ち止まって食べたりした形跡もなく、すべての足跡がゆっくり歩いたようで整然と並んでいた。前回と同じ場所を通っているっていうことは、ひょっとするとここはけもの道?地面の窪み具合からしてかなりの体重だ。カモシカって特別天然記念物だっけ?そんな動物が、こんな人家近くに頻繁に現れるなんてうれしい scissorsDsc00906_2 Dsc00904_2  なんて言ってられるうちは良いが、もう直ぐ始まる畑を荒らしたら困る(~_~;)

 人家は近いし、農作業や山菜採りで人間が多くなる時期がまもなく来る。そしたらきっと人目にもつく。もう一度間近で会ってみたいものだと思って、暫く林や崖の方の様子をうかがっていたが、また寒い風に乗ってsnow雪が舞い始めた。ウッ 寒ぶ~~sweat02 帰ぁ~えろっdash 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜・・・じゃなくて

Dsc00900  各地から桜の便りが届き、妻有の里で咲くのも間もなくと思いきや・・・また寒さがぶり返した。昨夜は近郷の温泉施設に出かけた。湯から上がって外に出たら、来る時の雨が吹雪に変わり、道路は真っ白。「この降りだと明日の朝までに積もるな~(>_<)」と思い慌てて家に帰り庭の鉢植えを軒下に取り込んだ。一夜明けて今朝は新雪がうっすら青空に映え・・・まるで桜が満開になったようだ。本当の桜が咲くのはもう少し先。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月24日 (火)

今夜はひとりで・・・

Dsc00897_2  訳あって今夜と明晩はひとり夕飯、何を食べようか・・・restaurant外食は好きではない。自分で作るとは言え、有り合せでと作ろうと思っても、冷蔵庫に有り合わせの材料で作れるほどのレパートリーも無い(^_^;)。とりあえず簡単なものでカレーでも・・・と思ったが冷蔵庫には肉の買い置きさえない。という訳で近所の店で肉と野菜を買ってきた。久し振りに台所に立ち、慣れない手つきでカレーとサラダ。他に酒のつまみを2品ほど。飯も終わりほろ酔いだと片付ける気が起きない! 黙ってひとりテレビを見ながら酒だけ進んでしまう (^_^;) いっぱい作ったんで当分はこれを食べ続けられるぅ~notes

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月23日 (月)

久々にDIY

 義姉がタンスが壊れたから捨てると言っていた。聞いてみれば詰め込み過ぎて引き出しが動かないので、無理して引っ張ったら前板が取れてしまったということらしい。現物を見せてもらったら前板どころか底板も側板もバラバラになっている。しかし、接着剤が弱くてバラバラになっただけでどこも欠けたり壊れていない。家が乾燥しているので、そんなことが原因の1つかもしれない。

Dsc00895   捨てるなんてとんでもない !と早速修復開始。部材をきれいにしてからもう一度接着剤を付けてベルトで仮止め。一晩すれば元通りになるだろう。いくつもある引き出しの1つが壊れただけで捨てる(`´)。こんな簡単な事でも直す術を知らなければ物の寿命も終わり、ゴミになってしまう・・・。 世の中こんなことで捨てられるものがなんと多いことか (;_;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月20日 (金)

ツール・ド・妻有 2009

今年は“第4回大地の芸術祭”が開催される年だ、今までとは違った体制で開かれる初めての芸術祭となる。公式ホームページによれば新しい企画が続々と発表になっている。その中のイベント欄には「ツール・ド・妻有 2009」も既に告知されている。

 内容的には昨年の大会とさほど変わるところはないのだが、芸術祭本番中に開く大会なので、昨年に比べかなり大規模な大会を想定している。例えば参加者の人数、そしてその参加者には何か特別な記念品を・・・? むしろ旗・おにぎりプロジェクトとの合体計画などなど。 だが準備はまだ始まってもいない。

 例年になく雪消えは早かったのだが、山間部には雪が残っている。まだ寒くてbicycle走ってみる気さえ起きない ^_^; とりあえずは告知、それに加え協賛後援の獲得・・・でも尻に火が点かない(~_~;) 昔から試験の時でも一夜漬け・・・切羽詰らないと駄目な性分は相変わらずだ。

 そんな自分を叱咤しようと、公式サイトに先駆け 《ツール・ド・妻有2009》 の非公式ブログを立ち上げた。カウントダウン時計をつけたのでsoon開催まであと何日が一目瞭然、でもこんなことでやる気に火が点くかな~??down  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月17日 (火)

やはりそうか

 ご近所のSさんが、2週間ほど前のこのブログの記事を読んだといって、自分の携帯の画像を見せに来た。その画像は2月末に撮られた雪の上に残った動物の足跡だった。それを見てびっくり、まさに我が家の裏手の畑についた足跡とそっくりだった。大きさを比べるためタバコの箱を置いて撮ってあったので、そこから察するに我が家にあった足跡とほぼ同じ大きさ。ズームアップして撮った画像の蹄と思われる形も同じ・・・ 撮影場所は我が家から川を挟んだ対岸の高台にある神社裏手の畑の中だそうである。そういえば2年程前だったろうか、この神社の麓の住宅地でカモシカが目撃されたことがあった。そんな状況からカモシカがいても全然不思議はない。Sさんは、この画像を知り合いの鉄砲撃ちに見てもらったところ、「カモシカの足跡にほぼ間違いないだろう!」とのご託宣をいただいたそうだ。惜しむらくはmobilephone携帯で撮った画像だからイマイチ、ピントが甘くてサイズが小さかった(~_~;)。

Asiato_2  その足跡が残っていた場所から我が家までは直線距離で500メートルと離れていない。撮られた日も数日と違わない。途中に人家もあるが避けて通ることもできるから、同じ固体ではないか??。最近は豪雪地にいるはずがないイノシシもここらあたりで頻繁に出てくるというから、気候の変化とともに野生動物の生息区域にも変化があることは間違いない。

 「イノシシは凶暴」というイメージが先に立つが、以前カモシカを間近で見たときはカメラを取り出す動作に逃げることもなく、優しい眼差しでジッとこちらを見ながら悠々と木の葉を食んでいたくらいだから案外おっとりしているという気がしたのだが、本当に危険はないのだろうか? 市街地近くの住宅街にカモシカが出てくるなんて(^^♪なんだかうれしいような気もする、もう一度証拠をつかみたいと思っても、雪が完全に消えた今では再び足跡が付くことはない。 あの時にもう少しはっきりした証拠を探して画像を撮っておけばよかったと悔やまれた。

.

Dvc00016 参考までにこの画像は、以前義母の家の裏山のブナ林で遭遇した子どもと思われるカモシカだ。あいにくこの時もケータイしか持っていなかったのでチャンとした写真を撮れなかった(^^ゞ。山の中でひとり、突然間近でこんな大きい動物に出会うとeye正直ビッってしまう(^_^;)、でもこの時は法要で昼酒を飲んだ後だったんで肝っ玉が据わっていたのである (^^♪。 またこんなcamera画像が撮れるといいのだが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月11日 (水)

一進一退

Dsc00875 Dsc00879

Dsc00880

 週末の温かさに誘われ、花壇に春のbud花苗を植えた。ハウスで越冬したポット苗の一部8ケース、およそ200本のパンジー・金盞花・ストック・デージーなどなどを1日がかりで植え終わり、庭はすっかり春の装いになった。しかしまだ3月も前半、「まだまだ油断はできない!きっとまた降り積もるだろう」ということは判りきっていたのだが・・・ 昨夜からまたsnow雪が降り始め、せっかく植えた花は春の淡雪に埋もれてしまったshock。パンジーなど背が低いものは多少の雪には負けないが、金盞花やストックはかなり背が伸びているので雪折れしそう。あわてて家にある角材や足場板、コンパネを総動員して、俄作りの雪囲いをした。予報では1週間ほど寒い日が続くというから当分外せそうもない。駄目になっても代わりの苗はまだいっぱいあるのだが、この作業が徒労に終わらないで欲しい。他の場所に植えるのはもう少し先に延ばそう、春は一進一退。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 9日 (月)

100均の携帯充電器

 携帯をso905icsに替えて9ヶ月ほどになった。使ってみてほぼ予想通りの使用感で満足しているのだが、ただ1つの不満は電池の減るのがめっぽう早い気がする。通常のmobilephone通話やiモードだけならまあまあ使えるのだが、cameraカメラを使うと異常に電池が消耗する。満充電でも連続でせいぜい30枚も撮ったらもう使えないshock

Dsc00884  家では普通の充電アダプターや、データ転送用の充電機能付きUSB接続コードを使って充電しているのだが、仕事場で急な充電に迫られた時、何も無くて困っていた。コンビニで売っている電池を使った応急用充電器は、値段が高いうえ使い捨てだからもったいなくて買うのをためらっていた。たまたま行った100均でFOMA用のUSBから充電出来るコードを見つけたeye。他にも携帯各社に対応したいろいろなものが売られている 直ぐに壊れてもわずか100円だからあきらめもつく。というわけで、早速買って仕事場のPCに繋いで充電してみると・・・ オォ~~ こいつは使えるgood 純正の接続コードのわずか10分の1以下の価格sign03、たった100円でこんなものまで出来るなんて100均ってスゴ~イup。今度はこいつを使って、携帯電話をカメラの三脚の雲台と接続するアダプターを作ってみたくなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 7日 (土)

カブ 

Dsc00869  カブといえば頭に浮かぶのは オヤジ世代はやっぱりHONDAのスーパーカブ!!、株?不況下の今や暴落・・・、トランプ?、下部?? 日曜百姓がカブといえばやはり蕪!そんな食材の蕪を頂いた。雪の下から掘り出したパリッツパリで甘みたっぷりの新鮮な蕪だ。昔から雪の下から掘り出した野菜は甘みを蓄えて旨いと言われているが本当にそう思う。どう調理しても旨いものは旨いのだが・・・

 蕪の利用法は、せいぜい漬けて食べるくらいしか思い浮かばないのは旧人類 (^_^;)  今夜は娘が相方に替わって食当を引き受け、冷蔵庫のあり合せの食材で夕食を作ってくれた。それはカブのrestaurantステーキ!聞いたときには「えっ!何?それ?」っという感じだったが、出来上がったものを食べてみたら結構ボリュームがあり大満足delicious  漬物かせいぜい煮込みの食材と思っていたがメインディッシュに大変身eye 若い感性はやはり相方とは大違い。でも、相方がこのblogを読んでヘソを曲げたらヤバイ (^^ゞ 旧態依然の味噌漬けだって捨てがたい・・・ ということも書いておかないと明日からの食生活に響きそう (^_^;) 食材自体が新鮮で旨いことがいちばんだが、restaurant調理法でさらに旨さを引き出したり意外なものに変わる!料理人の感性で食材はどのようにも変身する事を実感した。野菜の蕪ステーキでwineワインまで飲んじゃった、蕪でワインってのも案外いけるgood(*^。^*) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 6日 (金)

ウソ

ウソ

 暖冬の今年はcherryblossom桜の開花が早くなりそうだ。しかし憎たらしいあいつがまたやってきた。そいつの名は「ウソ」 群れてやってきて膨らみかけた桜の花芽を食い荒らす<`~´>。今年は大きな群れではなくせいぜい5~10羽程度だが、朝早くから夕方までひっきりなしに波状攻撃、いくら追っ払っても逃げることなく、人を恐れもせず、図々しいというかふてぶてしい態度で実に憎たらしい。

Dsc00863 Dsc00846_2  姿は一見きれいで可愛いが、それが曲者。桜の蕾の芯だけを食べるので、ウソにやられた桜の木の下は食べカスの蕾が一面に散乱している。この1個で花数輪が咲くのだからいったいどれほどの花が犠牲になったのだろう。効くと言われる対策はいろいろ試したのだが、これといった決め手はなかったdown これまで試したのはウソが嫌いというベフランという忌避剤散布、それから目玉バルーン、磁石、どれも殆ど効果がなかった。大きい群れがやってきた時はbombロケット花火で追い払った、その時一瞬は効果てきめんだが、所詮一時しのぎで直ぐに戻ってくる。まさか1日中ロケットを打ち上げている訳にもいかない (>_<)。エアガンの機関銃を借りて撃ってみたこともあったが、命中しない限り全く逃げることもなく恐れもしない。反応が兎に角鈍いのだ、もうお手上げである。イライラして地団駄踏みながら悔しがるだけwobblyでこれといった決め手の対策がないのが残念だcrying。今年の桜もあまり期待できそうもない。何とかならないものか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 5日 (木)

雪上の??

Dsc00844  家の北側の積雪もあとわずかになった。今朝外に出てみたら、その残雪の上に獣の足跡が点々と残っていた。夕べはベランダ下でcat猫の声がにぎやかだったが、その猫の足跡ではない。1つの大きさは幅がおよそ6~7センチほどでそれぞれの間隔は40センチ以上あろうか、かなり大きいな動物らしい。一直線に並んだ跡から見て、この辺りでよく見かけるウサギの足跡とは明らかに違う。dog犬??でもない・・・ タヌキも時々出没するのだが、この足跡は殆ど直線に並んでいるし大きさもすこし大きいような・・・そんなことから考えてタヌキでないような気もする。更にじっくり見ると、足跡の先端が何やら蹄のように2つに割れているようにも見えてきた。

Dsc00843  もしやカモシカ??イノシシ??。昔からこの辺りにはいなかった動物が最近増えてきている。カモシカは3年程前義母の家の裏山に行ったとき目前で接近遭遇した事があった。昨年末にはショッピングセンターがある市街地にイノシシが出た。そのイノシシは勤務先の敷地を横切って逃走dash。熊もその辺りに出たことがあった。最近どうも身近な場所でも、野生動物の生息域がおかしくなってきた気がする。

わずか10メートルばかりの雪上に付いた足跡の先は雪の融けた地面、その先はアスファルト。search他にも痕跡を探したが何も見つからない。この足跡はいったい何? 何をしにこんな人家近くまで来たんだろう?想像力は膨らみ疑問が深まるばかり (*^。^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »