« 大河の轟き | トップページ | 鍬の柄 »

2009年4月19日 (日)

のこぎり馬

 花壇や畑に植える苗は買わず、なるべく自分で種蒔きから育てることにしている。品種や花の色を欲張るからついつい数が多くなり置き場所に困るようになってきた。今まで使っていた折りたたみ式の木製台が傷んできたので、作り直すことにしたが簡単に安く作る方法はないかといろいろ考えた。

Dsc01025_2 短い単管やイレクターパイプの端材はたくさんある、丈夫で見た目は良いがジョイント金具が高額になる、木製は材料を買わねばならないうえ腐りやすい、どれも一長一短。いろいろ考えた末ソーホース(のこぎり馬)というものに行き着いた。ソーホースというのは、のこぎりを挽くときに使う台である。コンパネで作ると平らでない空き地に置いた時ガタつく。ツーバイを使うプラスチック製のブラケットは値段が高い。シンプソンのソーホースブラケットは近くで扱っているところがなかった。そんなわけでフルトンのソーホースレッグという商品に決定。これなら近所のホームセンターで見たことがある。早速3セット購入、あわせてツーバイ材を何本か買って〆て4,000円ほどであった。ツーバイ材をカットし、防腐のクレオソートの塗装を2回して乾かし延べ2日で完成。

Dsc01030  フルトンのソーホースレッグはヒンジが付いているので、上部をつなぐ材の木ネジを取るだけで足の部分が折りたためる。用が済んだら畳んで仕舞えるから便利だ。高さを60センチと低めにしたから、テーブルの足に使ったりと何かと役に立つだろう。予算を節約し余って使わなかった手持ちのクレオソートを塗ったのだが、臭いがきつくて閉口した。鼻がムズムズ、鼻水タラタラ、くしゃみが連発(>_<) クレオソート油は発がん性があるというからやはり使うべきでなかった(^_^;) 防腐剤を塗って出来上がったその姿を見たら正に栗毛の馬ソックリ(^^ゞ Horseとはグッドネーミング。 

 

|

« 大河の轟き | トップページ | 鍬の柄 »

園芸・庭仕事」カテゴリの記事

手仕事・工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190701/44713109

この記事へのトラックバック一覧です: のこぎり馬:

« 大河の轟き | トップページ | 鍬の柄 »