« 鍬の柄 | トップページ | 久しぶりのTOKYO見物 »

2009年4月25日 (土)

野鳥が手から・・・

 腹を空かせた野鳥のため、冬の間だけベランダにバードフィーダーを置いている。雪がなくなり買い置きの餌も無くなったので、今年もそのrestaurant野鳥レストランは閉店しようと思っていた矢先、餌を催促するかのようにバードフィーダーをコンコンと突っつく音が響き、なんだか少しかわいそうと思っていたが・・・ 

 今朝も雨の中、餌の無いバードフィーダーに入れ替わり立ち代わり、ヤマガラ・シジュウカラ、マヒワなどやってきては餌の補充を待っていた。特にヤマガラはガラス越しに至近距離で見ていても、人を恐れている気配が全く見られない。試しに最後に少しだけ残っていた家の中のありったけのわずかなひまわりの種を手のひらに載せ、そっと戸を開けたら何と手に乗ったではないか。餌をくわえると近くの木の枝で割っては食べる、食べ終わるとまた近くまで寄って来たがclock仕事前なので一旦おしまい。

 昼休みにまた行ってみたら、今度はガラス戸の縁に止まり、家の中を覗き込みガラスをコンコン、コンコンとノックする。残った餌を手のひらに載せて差し出すと、指に止まってついばむ。朝はたった1羽だけだったが、今度は何羽も代わる代わるやってくる。雨で羽が濡れている奴、フックラして重い奴、脚が冷たい奴、臆病でホバリングし餌だけ取る奴・・・離れて見ればどれも同じに見えるが、手に止まるとそれぞれの個性が判る。何とかその様子をmovie動画で撮りたいのだが、まだ手を動かすと警戒し飛び去ってしまう、もう少し慣れたら絶対撮ってやるぅ~ (^^♪。

 餌の在庫限り放出で閉店しようと思っていたrestaurant野鳥食堂だが、なんだか店仕舞したくなくなった。もう一度餌を買って来て、これからは手から食べさせることにしよう。今日はヤマガラだけだったが、傍でシジュウカラがうらやましそうに見ている。あいつも手なづけてやる!。

 あっそうそう、冬の間に桜の幹に架けたhouse巣箱、シジュウカラ夫婦が盛んに巣材を運び完成間際かと思いきや、いつの間にかスズメ夫婦が乗っ取ってしまった。今そのスズメ夫婦が盛んに餌をくわえて運んできている。こっちはもう巣立ち間際だろう。昼休みのひと時、野鳥と戯れながら辺りを見ていると、仕事を忘れてしまう(*^。^*) メジロやコゲラなども見られ、我が家は野鳥の天国だ。ペットの飼い鳥kikiは相変わらず籠の中で「出して頂戴!」って叫んでいる。こいつもきっと自由になりたいのだろう。

|

« 鍬の柄 | トップページ | 久しぶりのTOKYO見物 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

生き物・ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190701/44788472

この記事へのトラックバック一覧です: 野鳥が手から・・・:

« 鍬の柄 | トップページ | 久しぶりのTOKYO見物 »