« 油断大敵 | トップページ | 脅迫まがいの寄付 »

2009年5月12日 (火)

発泡スチロールの箱で

 裏庭の菜園でリーフレタスがスクスク育っている。でも2階に住んでいるので、それを畑に採りに行くため下に降りるのが面倒くさい (~_~;) そんな訳で畑のレタスとは別にベランダのプランターで栽培したものを毎日すこしづつ収穫し楽しんでいたが、とうとうそれを食べ尽くしてしまった。畑まで行けば食べきれないほどあるのにそこまで行くのが面倒、横着しようとまたプランターに種を蒔いた。

Dsc01134今度は今までより多く採れるよう大き目のプランターを探したが、ちょうど良い大きさが見つからない。そこで要らなくなったトロ箱に種を蒔いた。これがいかにも間に合わせといった風でどうも雰囲気を壊している。そこでちょっとだけ工夫をしてみた。去年のクリスマスの頃、発泡スチロールに色を塗るためいろいろ試行錯誤して水性のウレタンスプレーで着色したら上手くいったことを思い出し・・・トロ箱に色を付けてみた。最初は破片で何度かテスト。そのままスプレーすると表面がテカったようで様にならない。そこで表面をワイヤーブラシで荒らしてから塗ってみたら砂か岩みたいなタッチですごく良い仕上がりになった。これは使えるとばかり、トロ箱の表面をワイヤーブラシで削り始めたらひどいことになった(>_<) 削り屑が静電気を帯びた粉末になり、あっちこっちに纏わりついてどうしようもなく始末が悪い。途中で諦め今度はガストーチで表面を軽くあぶるという別の方法を試してみた。しかしこれは火加減が難しい。でも屑が出ない分後始末は楽だ。

Dsc01135  思いつきでやったものだから色を塗ってもやはりワイヤーブラシで削る方法より見栄えが悪い(~_~;)。でも今日のところはこれで良しとしよう(*^_^*)。トロ箱なんていくらでも手に入る厄介者だからまた作り直せばよい。今回はこげ茶を塗ったけど、茶色かグレーの方が似合いそうだ。今度作るときは溝を掘って板風にしたり、岩のような凹凸をつけたら面白そうとかロープを巻いて凝ってみたり・・・いろいろなアイディアが浮かんできた。スプレー缶1本が880円、これを全部使ったらいくつ塗れるだろう?塗料以外は只だから1個当たりの値段はプランターを買うより遥かに安い、トロ箱でも見栄えの良いプランターが出来そうだ。

|

« 油断大敵 | トップページ | 脅迫まがいの寄付 »

園芸・庭仕事」カテゴリの記事

手仕事・工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190701/45019500

この記事へのトラックバック一覧です: 発泡スチロールの箱で:

« 油断大敵 | トップページ | 脅迫まがいの寄付 »