« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月の投稿

2009年6月21日 (日)

懐かしい仲間の飲み会

 今日は古い仲間の飲み会だった。その仲間は十日町オートクラブスポーツ(CAT-S)という。結成当時から20年ほどかかわってきたがmoneybag金銭的事情と趣味の変化で次第に疎遠になりついに退会した(T_T) 時代が移り変り今どき「モータースポーツやってます!」なんて大っぴら言える環境でも無い(^_^;) しかし、地方の小さい都市で40年程前のモータースポーツ黎明期から延々と活動が続いているなんて驚異的なクラブである。20周年記念パーティ当時の名簿を見れば、籍を置いたことがある延べ会員数約150名・・・その後、オイルショックなど試練が続き会員は以前ほどではない。現役最長老65歳を筆頭に現会員22歳まで親子以上の開きがあるが誰も熱い仲間だ。結成当時から今までモータースポーツクラブとしての活動だけでなく、地域社会に溶け込んだ交通安全啓発や交通遺児チャリティ活動などやってきたことが長い間存続して来た理由なのだろう。

Dsc01251  でも・・・久しぶりに集まった話題の中心は年金、エコとか環境・・・それに不健康自慢?(;_;) 「血圧が高い」とか「肝機能が・・・」「抜け毛が・・・」「メタボで・・・」とは何とも情けない。それぞれ若い時とは様変わりであるdown。ともあれ根本にあるラリーとダートトライアルでオヤジの話は尽きない。

Dsc01254Dsc01249  40年近くも前の結成当時のガリ版刷の会報が200号近くも保存してあり懐かしく読みふけった、当時のジムカーナなどの8ミリフィルムをDVDにして保存しているというから是非見てみたい。20数年前に作ったラリーのスタートゲートなんて文化財的なものまで取ってあるのには驚いた(@_@)古いバイクや名車の話になると話は尽きない・・・昔ばなしで延々7時間も盛り上がり、また乗ってみたいという血が騒いできた。

 時代は本当に変わってしまい、今後どれだけ会が続くか全くわからない、しかしどんな形であれ40年も続いた会のこれからの存続を願うものである。最近の 表立った近頃の活動と言えば、旧車の保存とそれを集めたイベント開催・・・ 昭和は遠くなってきたが、オヤジの弁舌と意気は軒昂そのもの(*^。^*) 健康だけが??であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月17日 (水)

ダイハチのプライド

 天井裏の床張り工事が遅遅として進まない。一旦張り終えた1坪程のスペースを拠点に更に1,5坪の根太を付けた。念のため全体の水平を確認しようと、会社から持ってきたレーザーレベルで測ってみたら・・・何と南北5メートルで水平が1センチ以上も狂ってるぅ~~sign03 永年の乾燥のためか、それとも2度の大きな地震のためか? 家は平らで当たり前という先入観で、測りもせず小屋梁に根太を固定してしまったのが失敗の元 (>_<) 二階のリビングに下りて再度測り直したらほぼ水平だから、やはり3階の天井裏(4階部分)という高さと、屋根裏の高熱が影響し、梁材が乾燥して狂った結果水平が狂っているのだろう。

 とりあえず小屋梁に取り付けた根太を釣上げている部材を固定している金具のコーチボルトを取り外し、棟木にチェーンブロックを架け全体をそっくり吊り上げるという強引なやり方で水平を取り直した。完全な水平にまで修正することは無理だったが、まぁこれで良しとしよう (*^。^*)。

Dsc01242  そして昨夜は珍しくbottle晩酌もせず、夕飯後に天井裏に上がって工事再開。最初は兎に角作業スペースが欲しくて後先を考えずに1坪ほど貼ったのだが・・・待てよ!このまま貼っていくと小屋束部分の床板の収まりが悪いし~(~_~;) おまけにリャンコなんてことも思い出してしまった(-_-;) リャンコ張りというのは床のつなぎ目をランダムにするため2列目から半サイクルずらして張ること。大工未満の素人が作る天井裏の物置、何もそこまで拘ることも無い。しかし、大工未満でも腕前はダイハチ程度と自負?している(*^_^*) だからこそ、その沽券にかかわる??「下手な仕事してちゃ孫子に示しが付かない!」と変にこだわり、結局今まで張った床板を全部はがし1列目の板幅を調整し、リャンコ張りで最初からやり直し。

 夜の住宅街の寛ぎタイム、トンカチ・トンカチ・ギーコ・ギーコ・・・ご近所に騒音を撒き散らしながら3時間かけてようやく二坪半ほど張り終えた。夜もだいぶ更けた頃、「あと1枚!」これで終わりと急いでdash小屋束部分の切り欠きをノコギリで切っていたとき、手が滑って押さえていた指に当たって血が出てきたshock やっぱり素人、大工とはいえないdowndown、これじゃダイハチ未満と意気消沈、 でぇ~終了。

 これからの天井裏は兎に角暑いsweat01 日中の仕事なんてとても無理、夜の作業だってかなり暑い。もう1スパン3坪張ったら秋の涼しさが来るまで休業?・・・いえいえ、そんな訳には参りません。何としてでも続行しないと、あふれたモノの行き場がありません(~_~;) 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月16日 (火)

ビオトープ?

 我が家の庭には、地面に穴を掘ってビニールを敷いただけの小さな池がある。いつもは春先に掃除をして金魚を入れるのだが、今年はまだ掃除もせず、雪解け水や雨水が溜まったまんまで汚い。掃除をしなくちゃと思っているのだがなんか面倒で手がつかない。底には落ち葉や桜の花びらが腐って堆積しヘドロ状態だ(>_<)、ボウフラやハナアブの幼虫が住みついたりおたまじゃくしも同居、汚くて傍に寄りたくもない ┐(´д`)┌! 

Dsc01236Dsc01239Dsc01240   今朝、何気なく近くを通ったら池の端のヒメジオンの茎にキラキラ光るものが・・・ヤゴから羽化したばかりのオニヤンマであった。近づいてみるとようやく羽が伸びきったばかり。池の中にはまだかなりのヤゴがいるようだ、水面に浮いていた風に飛ばされたトロ箱には抜け殻が2個、他にも脱皮したばかりのオニヤンマが何匹か羽が伸びるのをジッと待っている。

 普通なら春先の掃除で水と一緒にを汲み上げられ流されるはずのヤゴが、今年は何もしなかったので成虫になったのだ。金魚piscesも良いがこれもまた良い (*^_^*) まさにビオトープ? カエルだって住んでいる、如何にもノメシコキ(怠け者・面倒くさがり)のようだが、今年はこのままにしておこうか・・・ 「自然がいちばんscissors!」な~んちゃって ^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月15日 (月)

ツールド妻有の反響

 最近は「ツールド妻有」の準備に忙殺され何かと慌ただしい。先日も書いたのだがブログ更新がままならない(^^ゞ 昨日は所用で試走に参加できなかったが、その後出席した打合せでようやくコース最終決定のゴーサインが出た。500名の参加に加え30名の追加募集が深夜0時から始まったのだが、応募が殺到しわずか23分で定員に達してしまった。その加熱ぶりはいったいどうしたことだろう?? ジャージの魅力もあろうがコシヒカリおにぎりやサポート体制、ユニークな大会ポリシーに加え昨年の評判、妻有の里山の魅力など全ての相乗効果と思いたい。それにしてもあまりの参加希望者殺到には驚くばかりだ。主催側は気を引き締めて掛からないとという気持だ。全国からの参加者の期待を裏切る訳には行かない。8月までは忙しい日々が続く・・・

地元住民の応援体制も整ってきたので、盛大な大会になるだろう。詳しいことは応援Blogに書いてある。屋根裏工事や庭仕事・・・で雁字搦めの日々(>_<)  アァ~~草取りしなくちゃ~(ーー;) 苗も植えないと・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月13日 (土)

ベランダ菜園

 園芸シーズン真っ盛りというのにあれこれ毎日があわただしい(~_~;) 自分で忙しさを作ってしまっているから、真綿で首を絞められたようで自由に身動きが取れず休日もへったくれもあったもんじゃない(>_<) 畑に花壇、天井裏の床張り、自転車。壊れたコンプレッサの修理や看板作りは4月から全く進んでいない(;_;)・・・ 遊びに出かける暇もない。夜は夜でパソコンに向かうのだが他の事で時間を費やしついついブログ更新がおろそかになりがち。

Dsc01217 畑を見ればどうにか植え終わった野菜苗が順調に育っている。しかし、草取りをしたいのに行っている間が無く、もう草はボーボーである。「蒔かぬ種は生えぬ」というが植えてさえおけばほおって置いてもどうにか育ってくれる。例のトロ箱に蒔いたレタスがベランダでベビーリーフとして食べ頃になっている。春先に植えたリーフレタスは青虫になったかのように毎日食べた^_^;が、ももそろそろシーズンが終わる。もう少し残っているのに、畑に収穫に行くのが面倒臭いようでベランダにあった方が都合が良い。ちなみに「 めんどくさがり」のことをこの地方の方言でノメシコキという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »