« やれやれ一段落? (*^_^*) | トップページ | 冬が近づいてまた「かもしか」 »

2009年11月 2日 (月)

絶好の天気に恵まれて

 昨日は久しく遠ざかっていた自転車でお出かけ(*^_^*)。行き先は野辺山から信州峠を越えて北杜市に至る八ヶ岳周辺。どの自転車で出かけようか考えていたが、やっぱり紅葉を見ながら行く秋の峠道はランドナーしかないだろう。最近は何処に行くのもレーパンにヘルメットスタイルでロードに乗ってしまうが、たまにはのんびりゆるく走るのも良いと古いランドナーを出してきた。

 さて、それに似合う服装はといえばニッカにウールのシャツ!頭は鳥打帽で決めよう!!なんて思ったが、そのニッカといえばもう何年も履いていないから・・・ いざ履いてみれば腹の廻りがパッツンパッツン(~_~;) メタボなんて無縁と思っていたが腹廻りは昔とは確実に違っていた ^_^; そんな訳でズボン2着は即廃棄。中でもいちばん最近買った伸縮性のあるズボンがどうにかフィット。上着はチェック柄のウールシャツ、これで何とかカッコも決まり~。

 七時前に家を出て上越・長野新幹線と乗り継ぎ、出発地の野辺山に着いたのは朝の九時半過ぎ。ユル旅のスタートにしては実にスピーディだ。天気はこれ以上ない程の青空。そして紅葉も真っ盛り。距離も短く時間はたっぷりあるのでのんびり出発。あっちこっちに立ち寄りながら信州峠を目指す。事前のリサーチから大した峠ではないと舐めて掛かったが・・・、結構強い向かいい風もありなかなか手ごわい。おまけに水以外の食料は何ひとつ持たず、途中には補給できる店も無い。朝食が早く、昼近くなって腹をすかせながら上る道の辛いこと・・・

Cimg0231  どうにか峠を越え、1時半を過ぎて中腹の黒森地区で蕎麦屋に入る。秋の峠路はラーメンやカレーというよりやっぱり蕎麦! 腹をすかせているせいかあっという間にペロリ。満腹になって暫く休んだあとにはもう1つの登り、クリスタルラインが控えている。瑞牆山荘のある頂上までの標高差は400m弱。 取り立てて急勾配はないが延々とダラダラ上りが続く。でも宿は近いし天気も上々!焦ることはないと仲間とは離れて各自のマイペースで行く。maple紅葉とcameraカメラに託けて?自転車を押して歩いたり(^^ゞ・・・ こんな場所でロードに乗っているとつい実力以上に張り切ってダンシングなんてやってしまうのだが、その点ランドナーは実に良い。カラ松と落ち葉の絨毯はカサコソふんわりで自転車を押して歩いていても実に気持ちよく様になる(*^_^*)??

 ピークでみんなと合流、あとは紅葉真っ盛りの本谷川渓谷を一気に下り、今宵の宿「増富ラジウム温泉」には四時前に着いてしまった。早々にひとっ風呂浴び!・・・と云いたいところだが。 この温泉は有名な玉川温泉と並び称されるspaラジウム泉。療養・湯治を目的にした客が多く、物見遊山で訪れる門外漢にはその温泉は辛いものがある。それは温泉というには程遠い泉温((+_+)) 。はっきりとは判らないが体感としては温水プールより若干低目だろうか?? 「30分浸かって1分ほど上がり湯で体を温める」という能書きだが、とてもそんなことは出来ない。5分も入っているとあったかい風呂に浸かりたくなる。藁にもすがりたい病を持った人なら我慢もできようが五体満足な身には苦行に近いものである。そんな風呂から上がって夕飯にはまだ早いが早速乾杯! いつもより2時間も早い夕食も済み、心地良い疲れと酔いで八時過ぎには全員はコタツで爆睡。

Cimg0280  一夜明け、すっきり目覚めて散歩のあとにはもう一度あの朝風呂(*^_^*) 夜には崩れる予報だがまたまた好天、そんなキリッとした空気の中を出発。今日の前半は殆ど下り坂。宿に聞いたmaple紅葉の名所の金仙峡は落石事故で通行止めというが、途中までは歩いて入れるらしい。ひと目見たいもの行ってみたら通行止めゲートの先には多くのカメラマンや観光客!。「自己責任!」ということで入ってみたら・・・shine この先のことはbomb進入を助長する恐れがあるので書くことは出来ません(*^_^*)  

 みずがきダムで休憩し尚も下り、出来るだけ幹線道路を避けた脇道の渋い名所を巡り古木を見たり・・・ 100mほどのアップダウンを何度か繰り返し釜無川を渡ってからは国道を避けつつ旧中仙道を行く。紅葉の名所を過ぎても旧街道はやっぱりランドナー!! 寺社を巡っていると五十前とおぼしき夫婦と出会う。「おッ!ベニックス!・・・TA・・・サンプレ・・・ソービッツ・・・」と次々と見つけてくれた。この良さを理解する人に会えるとはうれしいことだ !(^^)!

 その後はサントリー白州工場を見学し、ひと山登って野辺山駅でゴール。自転車をたたみ終えると同時に急にrain雨が降り出した、なんとラッキーscissors ラッキー続きの最後になって、電車に乗り込む時にとんだハプニング!(~_~) 乗り込む列車のホームを間違え乗り遅れてしまうshock これに乗れないということは新幹線か、遠回りして深夜に帰るか・・・ すったもんだの末ローカル列車の終点まで車で迎えに来てもらう羽目になった。 ともあれ久し振りの峠越え輪行はかくして終了! 

|

« やれやれ一段落? (*^_^*) | トップページ | 冬が近づいてまた「かもしか」 »

旅行・ドライブ・お出かけ」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190701/46651659

この記事へのトラックバック一覧です: 絶好の天気に恵まれて:

« やれやれ一段落? (*^_^*) | トップページ | 冬が近づいてまた「かもしか」 »