« ばい菌退治するぞ~! | トップページ | とんだ騒動で5万アクセスオーバー ^_^; »

2009年11月11日 (水)

BEPAL誌に信濃川のことが・・・

 8月頃だったろうか、野田知佑氏が信濃川をカヌーで下るらしいという記事を書いた。その野田さんが9月7日、地元のカヌーイストと共に宮中ダムから岩沢付近まで実際に信濃川を下り、その後2日ほど掛けて信濃川の現状についてあっちこっちで取材をしたという。そしてその様子が11月10日発売のBEPAL誌に掲載された。

Cimg7843  “のんびり行こうぜ 新・日本の川を旅する”というタイトルのこのシリーズは、単なるカヌー紀行と違い、いかにも野田さんらしい切り口で川の環境問題について書かれ、全国の川の現状を解き明かす毎回5ページ・数回にわたるシリーズである。今年は上流の千曲川シリーズ4回を初め、川内川や雄物川などがとりあげられてきた。 今回も信濃川編<第1回>と記してあるとおり今後何回かに渡る連載になるもようだ。

 第1回のこれを読むとどうして信濃川の水がなくなったのか、その経緯が事細かく取材され書いてあるばかりでなく、角さんや諸さんの所業まで容赦なく辛らつに言及しているあたりはまさに野田流である。さらに信濃川のみならず清津川の分水にまで話は及び、この水問題を全国の多くの人に問いかけてくれうれしい。代表的な川の流量を具体的な数値で示したり、かつての水の豊富な信濃川の情況から現在の信濃川の環境を問うあたりは、読み手に現状ではいけないという気にさせてくれる。

 BEPAL誌といえば今や日本のアウトドア誌で最高の発行部数を誇り、コンビニの店頭でも見かけるポピュラーな月刊誌である。JRの不正取水に端を発し、一時的にせよ水が戻った信濃川の現状を、川についての環境問題を得意とする野田さんがこのように信濃川を取り上げて発信してくれたことはありがたいこと。今後出てくるであろうの再取水についても強い味方を得たような気がする。以前水が枯れた信濃川を酷評し今回水が戻った川を下ってどう感じたのか、第2回以降の記事に注目したい。

|

« ばい菌退治するぞ~! | トップページ | とんだ騒動で5万アクセスオーバー ^_^; »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

サンタの情報では3回連載だそうです。

投稿: タネさん | 2009年11月12日 (木) 10時07分

発売日に野田さんから電話があり「信濃川、良かったなぁ」「3回連載になりそうだ」と言ってました。

投稿: サンタ | 2009年11月12日 (木) 12時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190701/46733485

この記事へのトラックバック一覧です: BEPAL誌に信濃川のことが・・・:

« ばい菌退治するぞ~! | トップページ | とんだ騒動で5万アクセスオーバー ^_^; »