« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月の投稿

2009年12月31日 (木)

2009年 「なんかつくろ」の作り納め

 不景気の影響か例年ほどの暮れの忙しさが無く(~_~) 大晦日の今日から休みになった。 掃除や片付けを差し置いて朝から今年の「なんかつくろ!」の作り納め。クリスマスイルミネーションをやっと取り外したばかりなのだが、それを仕舞う前にそれらを使ってお正月バージョンのイルミネーションに衣替えした。 朝から車庫の作業場にこもって思いつきで門松をイメージしながら始めたのだが・・・なかなか思うような形にならない(;_;  

 結局完成したのがお昼過ぎ。 出来上がった物を飾ろうと外に出たらとんでもない大雪である。 朝は青空も見え道路の雪も全く無かったのだが、もう既に30cmは積もったであろうか(@_@)。 雪のヤブをこいでベランダに上って取り付け始めたが・・・ 何の構想も無く作ったものだから、大きすぎて思っている位置に収まらない(^^ゞ やっとこさで場所を定めて遠くから眺めればややソレ(門松)らしく見えるscissors。高さ4メートル超の久し振りの大作?である。暮れの準備で慌しい中、掃除もせずこんなことをやってていいんだろうか。しかし、オッ家内は何も言わず・・・ただ呆れているようであった。

 そういえば一昨年の大晦日、やはり干支のねずみを模ったイルミネーションを作ったときも大雪の大晦日と新年であった気がする。お正月のイルミネーションは大雪を呼ぶのだろうか??この大雪だとせっかくの電飾が雪に覆われてしまい果たして見えるだろうかdown

 年越しは義母の家で過ごすから今夜は点灯の様子を見ることが出来ない。今夜はタイマーで午前2時まで点くようにセットした。どんな仕上がりだろうか明日の晩に見るのが楽しみである。camera画像は明日の晩にアップしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月24日 (木)

明日でおしまい

Cajhwx6e  忙しさに追われながら2日間ほどかけてやっと飾ったイルミネーション、今年は手持ちのイルミネーションを全て飾ることが出来ず手抜きをして満足とは言えない出来であった。それでもようやく間に合って点いた電飾であったが、12月としては稀な大雪に埋もれてしまい何本かが断線?。部分的に点かないところもあったがそれもついに直さずじまい。今夜はイブ、そして明日の夜でおしまいとなる。あっという間の出番であった。来年は少しばかりモチーフライトを買い増したり、もっと構想を練り上げ準備に時間をかけようと思う。でも慌しい年末だからどこまでできるやら・・・。 娘曰く「センスがない・貧弱!」とかなり辛口の批評。外国の凄い電飾をした家をテレビで見ながら「あれくらいやったなら許す!」だって。暇とお金があれば何だってやっちゃうのだが・・・ 貧弱といわれてもめげずに今年の作品を1枚貼っておこう。(^^ゞ X’masが終わっても直ぐ撤去せず、お正月バージョンでも作ろっかなぁ~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月20日 (日)

21915日生きました

 18日は生まれた日から数えて21,915日目。意味の無い数字のようであるが・・・、この数は生まれてから還暦までの日数。当たり前だが1日も休むこともなく、ついにというかとうとうその日を迎えてしまった(^^ゞ。 同窓会ではとっくに還暦を祝った後だが、実際に還暦の誕生日を迎えたこととあわせ、事情により挙式はもう少し先なのだが息子夫婦の入籍を祝う宴があった。

Camf8irg  今日は、92歳の母と84歳の義母とおっ家内、息子夫婦と娘に7歳のペットのインコ「キキ」までが加わってみんな一緒に写真館で記念撮影。義姉からは祝電まで届き・・・ その後、近所の割烹で祝いの宴。子ども達からは欲しくてもなかなか買えなかった真っ赤なベスト(ちゃんちゃんこではない)や防寒ブーツなどのpresentプレゼントをもらっていたのだが、宴席でもう一度サプライズ贈り物が・・・、案の定というかやはり定番のチャンチャンコと頭巾のおまけが付いていた(~_~;) 照れくさいのだがせっかくの好意、しょうがないからcoldsweats01それをまとってもう一度記念撮影camera 還暦の定番スタイルで飲めや歌えで豪勢に還暦を祝ってもらった。満足満腹で家に帰ったら、更にbirthdayバースデーケーキと鶴や鯛の特大和菓子、おまけにその菓子屋の同級生が抹茶大納言ケーキの切れ端を大量にオマケしてくれていたのが待っていて・・・自他共に認める左党ではあるが実は甘辛両刀使い(^^ゞ どれもみんなありがたくいただいたらもう腹が張り裂けそう(*^_^*) 家族やみんな、ありがとうscissors

 幸せに浸り十分満足しているところにおっ家内が意味深な一言・・・「こんな大雪の降った寒い日は、昔だったらお山へ連れて行くいい日だね~!」 ???  棄老伝説「楢山節考 」のことを言いたいらしかったのだが、かなりきついジョークcoldsweats02・・・ 邪魔にされ捨てられてしまいかねない年齢になったかと思うと複雑な心境である、やっぱりおっ家内だった^_^; 。ほんとに捨てられてしまわないよう、まだまだ元気で働かなくちゃ~~sweat01 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月17日 (木)

雪の十日町 オリコン1位

 数日前に書いた竹川美子(たけがわ みこ)さん歌うあの演歌「雪の十日町」が、本日はオリコン演歌歌謡部門ランキングで堂々の1位となりました。good それも氷川きよし・水森かおり・坂本冬美などなど並み居るベテランを抑え堂々のトップ(@_@)です。地元で最大発行部数を誇る十日町新聞のコラムでもやはり違和感というようなことが書いてありましたが、その後も地元では大して話題になることありません。それなのにこの人気!やはり雪の十日町はブランドというか全国区。寒いこの時期、きっと憧れの地なんでしょうかねぇ。越後紬も八海おろしも細かいことはどうでもいいことなんでしょう (*^_^*)

 本人のブログに寄ると、ただ今全国をキャンペーン中。今頃は九州でのキャンペーンとか。そこにアップされた画像は・・・着物姿の竹川さんと「雪の十日町」のロゴが入ったポスター。 これは正に十日町の観光親善大使というべきでしょう。こんなチャンスを何のアクションも起こさず只傍観を決め込むだけ情けないというしかない!! 行政・観光協会・着物業界はこんな情況をどう考えているのだろうか? 

 不振の着物業界としては歌手と共に、歌と十日町の着物をPR する千載一隅のチャンスと捉えキャンペーンに同行し一緒に宣伝するくらいの気概が欲しいですねぇ。 できれば「雪の十日町」を歌うときは何時も十日町の着物で・・・着物については全く素人だから今着ている着物も十日町産だったらそれはPR不足でしょう、斬新な着物をドドンと何着でも提供し、それを着てこのまま1位を突っ走ってくれたら良いと思うのは演歌フアンの俺だけ?? (^^ゞ  

 来年の十日町雪まつりには来てくれるようなスケジュールになっているけど、あの雪上ステージで歌うのかな? まさか民放が仕切る舞台で「既に出演者が決まっているから駄目」なんてことはないことを祈ります。ここは舞台製作の主体の地元がなんとしてもあそこでkaraoke歌えるようにするべきと思いますがいかがなモンでしょう・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月10日 (木)

泥棒を捕まえて縄をなう

 一昨年から少しづつそろえたイルミネーションを飾らなくてはいけない時期になっているのだが・・・ 日が暮れると商店街や他所のお宅ではとっくにきれいに灯りが点っているのに、我が家はまだ何の準備もしていない(>_<) 諺に『泥棒を捕まえて縄をなう』と云うのがあるが、クリスマスまであと2週間となった今の状況はまさにそれである。

Dsc01510  冬を迎える準備がまだ少し残っている。天気予報では週末辺りからズラッと雪だるまのマークが並び始めた。その前に庭に出してあるものを全部家の中に取り込まねばならないし、仕事も切羽詰ってきているし・・・とにかく年末はあわただしい。クリスマス前のせめて数日でもいいので何とか間に合うようにとようやく準備を始めた。小物や出来合いのイルミネーションは形になったままとってあるので壁面に取り付ければ良いだけだが、大きなものは毎年材料を集めて組み立てたり、壁面や軒先に直接取り付けなければならない。これが高所作業でもあり天気を選ばないといけないのでなかなか進まない。昨夜は1時間ほどかけて園芸支柱やネットを組み合わせて高さ2,5mほどのツリー型のイルミネーションを作った。この期に及んで凝ったものを作る時間も無い、クリスマスが過ぎてしまえば宝の持ち腐れになってしまう。で・・・昨年に比べかなりお粗末だが何とか納得できる最低のレベルで妥協した。 いずれにせよ昨年に比べかなり寂しいイルミネーションになりそうだがこれも仕方が無い(*_*; 問題は壁面への取り付けだ、明るい時に長時間出来るのは休みの日だけ・・・暗い夜に壁や窓に梯子を掛けて上るのは危ないし、それに泥棒に間違えられそう?で傍目が悪い(~_~;) 毎朝少しづつ取り付けて始めても配線の支度ができるのは来週、点灯それからになりそう、でもどうにか間に合いそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 9日 (水)

♪雪の十日町?

 演歌番組が少ない最近のtvテレビで、演歌好きとして毎週欠かさずチェックしている番組にNHKの「歌謡コンサート」がある。昨夜もいつものように見ていると、番組も終盤になったころkaraokeアナウンサーがとある歌手と曲目を紹介した。“竹川美子(タケガワ・ミコ)さん『雪の十日町』です・・・” ??え~~~?NHKの全国放送で「雪の十日町!」 演歌が好きで日頃ラジオやテレビでは演歌がかかる番組をよく聞いているのだが、知らんなぁ~~ こんな歌は・・・sign01、地元でも話題になったことすらないし、初めての歌である。身を乗り出してmusicじっくり聴いた・・・ さてnote歌が終わって、何とコメントしたらよいやら。地元を題材にした歌を唄う歌手だからこれは応援しなくちゃと思うのだが・・・生まれも育ちも十日町であり雪の十日町をよく知る者にとって歌詞が何処となくしっくりこないというか違和感を持った。十日町モンにしか判らないだろうが何処か何かが違うように感じたが何だろう? 

 あと2曲を残したまま、早速「雪の十日町」でググると歌手名と歌手がヒットした。ユーチューブにはプロモーションビデオさえアップされている。十日町に住んでいながら本当に全く知らなかった。さらにググるとなんとオリコンの演歌歌謡曲チャートのランキングで昨夜の時点では、並み居る演歌歌手を抑え堂々の7位である。こんなことも全く知らなかった(^^ゞ ユーチューブであらためて歌を聴きながらスーパーで歌詞を見たらその原因が少しわかった気がする。先ず、1番の歌詞に出てくる「越後ちぢみ」のフレーズ、「明石ちぢみ」といえば直ぐに理解できるが『越後ちぢみ』って言われると「エェ~~十日町の何処でそんな縮を織っていたっけ?」という感じなのだ。さらに2番の歌詞に『八海おろし『なるフレーズ、これにいたってはそんな「おろし」を聞いたことがないしそんな『おろし』が吹いたなんて誰も言わない(>_<) 山の向こう、八海山のふもとの南魚沼の住民でさえおそらく知らない造語だろう。 元々、演歌の歌詞というものは殆どありえないシチュエーションで演歌の世界という中だけのフィクションということは理解しているつもりだが、やはり作詞家の創造の世界がそこにある。この歌に限らず演歌の舞台となる地域に住む者には何処でも多少なりともギャップがあるのだろう。 各ほど左様に演歌の歌詞なんてものは創造上の産物であるのは判りきっているのだが、地元の誰にも相談なしに?こんな的外れな歌詞を作ってくれるとはいささか残念な気もする。「所詮歌の世界なんてこんなもの」と頭では理解しているのだが・・・ まぁ歌い手が可愛いく歌も上手い、これでヒットしたら十日町としては金を掛けずに地域をPRしてもらえるのだから文句も言えまいが・・・ そして最後の2曲はうわの空で聞いてしまった(^^ゞ

 そして今日も気になり「雪の十日町」を検索したらオリコンでは16位まで後退していました。こうなると少し残念な気もするのでやはり応援しなくては・・・ 竹川美子さんのオフィシャルHPにはもう来年の雪まつりのスケジュールは既に“十日町”となっていました。NHKの看板番組で放映され、これからもどんどんこの歌を引っさげて登場する出演スケジュールとなっている。さて皆さん、応援しましょうか? でも・・・いくらフィクションの世界でもあの気になる歌詞のフレーズは何とかなりませんかねぇ?? 同じ十日町出身者と思われるこんなサイトを発見した。冷静に分析された書き込みは他にも変に思われるフレーズをいくつも指摘している。「そうか!やはり変に感じたはずだ」と納得。同じことを思っている人が他にもいたことが何となく可笑しい。素人が天下の大作詞家にイチャモンを付けるのはおこがましいのですが、同じような違和感を感じたのは私一人だけではなかった(*^_^*) 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 6日 (日)

恒例・忘年会

 昨夜から自転車仲間の30年も続いている恒例の家族ぐるみの温泉お泊り忘年会。会場は長野県野沢温泉・・・これも恒例!。今年は師走には珍しく仕事のやりくりが付き、例年になく早めに会場に着くことができた。そして久し振りに翌日に仕事の予定もないのでゆっくりできる(*^_^*) 6時半から先着組だけで開宴、しかし後続の家族がなかなか到着しない(~_~) 8時を過ぎてようやく着いた頃、仲間には悪いがwinebottlebeerbarかなり出来上がってしまったwobbly  それでも宴は尚も深夜まで延々6時間。結局6酒混合(>_<)、合間にspa外湯巡りを挟んで日付けが変わった頃ようやくお開きとなった。

Cimg0398  熟睡し朝も寝坊をしたのだが、なんとなく調子が良くないngdown あれだけ痛飲したのだから自業自得。1膳の朝ごはんを無理やり食べ又部屋でゴロゴロ(*^_^*)  でもこうしていてはいつまで経っても回復しないので外湯を巡った。先ずはお土産の温泉たまごを作るため外湯の入り口にある温泉卵用の温泉槽に用意してきたたまごを浸し出来上がるまで20分ほどの間風呂に入ろうとするのだが・・・。

ひんやりした空気の中を歩き、冷え切った体で温泉に入ろうとするのだが・・・野沢の湯はどこも超高温impact 寒くて我慢できないので早く浸かりたいと思うが、熱くて熱くてとても入れない<`ヘ´> そして冷えた体には掛け湯さえできない(>_<) それでも徐々に体を慣らし浴槽に浸かるけれど、ものの1分も浸かることができないほどだ。しかし、誰一人いない大きな風呂を独り占めするのは気分がいいが・・・ア・ツ・イ!!(~_~;)。温泉たまごが茹で上がるまでの時間がとても長く感じる! 風呂から出て出来上がった温泉たまごを手にぶら下げ、その後も外湯を3箇所ほどハシゴする頃にはすっかり体も温まり酒気も抜けてきた。

Cimg0407  そうこうする内、仲間と顔を合わせるとみんなもたまごを買って作り出す。温泉が豊富で外湯が13箇所もあり、足湯やこういった温泉熱を利用した施設がたくさんある村がうらやましい(*^_^*) 結局、12時過ぎまで買い物をしたり温泉街をぶらぶら散策したのだが・・・宿に着いたら残ったのは我が家のみ。流石に家に残した病み上がりのペットや遣り残した雪囲いのことが気にかかりだした(^^ゞ。さぁお帰りだ、明日からは忙しい仕事が待っている、今年も残りわずか・・・がんばるぞ~~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 5日 (土)

家族?が病で・・・

2003_008 我が家には7歳半になるセキセイインコがいる、今やペットというより家族だ。名前はキキ、名前のとおり全身まっ黄色で目が赤い。パンとヨーグルトに目がない、白いご飯や麺類が大好物。テリトリーは居間、キッチン、脱衣場、風呂、寝室・・・トイレの中まで付いてくる(^^ゞ。自分を人間かと思っているんだろうか?? 男のくせにおしゃべりが上手で、帰宅の足音が聴こえると反応し、家に入る前からキュルン・キュルンと大声でさえずる。キキがいる部屋に入るや否や自分の名前を「キキ~」と必ず発声、次に「出してちょうだい」を連発し催促する。朝起きた時も「オカ~シャン・出してちょうだい!」と籠から出すよう催促する、誰も無視していると声を張り上げ次第にチョ~ダイ!が命令口調になってくるのは可笑しい、まるで人間の言葉を判って喋っているようでもある。また人間の行動の先を見透かしているかのように、ティッシュボックスに手をかければシュ~と紙を取り出す音をまねる、テッシュを手にすれば人間が鼻をかむ前にフ~~ンと音まね。ガスコンロの着火音、ドアの開閉音、キッチンタイマーや洗濯機のブザー音、くしゃみや咳まで・・・家で発するいろいろな音や声をまねる。 語彙はいったい何語あるんだろう?。

 そのキキも2~3歳頃は人の名前や新しい言葉をわずか数日もあれば覚えたものだが、近頃は歳のせいか以前に比べ物覚えが悪くなってきたようだ(^^ゞ。何年も前に桃太郎の話をそっくり教え込もうとしたのだが・・・こいつばかりはかなり難しいようで未だに覚えられない。しかし話をしてもらうのは大好きのようで、寝る前の布団の枕元に話を聞きにやってくる。そして口の中に潜り込むかと思うほど接近し唇にくちばしをくっつけ何度でもじ~っと聞いている。「むか~しむかし、あるところにおじいさんとおばあさんがいました。おじいさんは山へ芝刈りに・・・」とこの辺まではときどき喋るのだが、この辺りから他の話とゴッチャになってきてしまう(*^_^*)。

 そんな可愛い家族が金曜日、帰宅すると全くおしゃべりをしない。元気がなく羽を膨らませたままジッとして苦しそうな息づかいをしている。かなりの重症のようだ、大ピンチ!!!まるで今夜一晩越せるかというほどの容態に見える。何か悪いものでも食べたんだろうか?しかし全く心当たりはない。籠の中の糞を見たが下痢はしていない、下痢どころか昨夜から糞はわずか数個で便秘気味の様子でさえあった。犬猫専門のペットの病院に連れて行ったところで訳のわからない抗生物質をもらうのが関の山(~_~) それより連れて行くことや診察のストレスのほうが怖い。子供のころからずっと小鳥を飼い続けた経験から、こんなときは先ずは安静と保温がベストと診断。窓際からストーブに近い暖かい場所に籠を移動し、夜間籠に掛ける厚手の生地をかぶせ様子を見ながら夕食・・・しかし、深刻な容態の病人を目の前に、テレビもつけずひっそりとご飯を食べるのは静かすぎて寂しく、食事も美味く感じない。9時過ぎにそっと覗くと相変わらずの状態が続く。今夜を乗り越え明日も同じ容態なら病院に連れて行こう!。 そして2時間ほど過ぎた午後11時過ぎ、静かな部屋に「キュルン」とかすかにひと声発したのが聞こえた。やっと声がでたヽ(^o^)丿flair これで一安心。だがキキも人間に例えたらもう60を過ぎた辺り、まだ寿命には早いが、そんなこともそろそろ気になる。ペットロス症候群という病気があるが、こいつにもしものことがあったらと思うと・・・(:_;)。

 そして翌朝、すっかり元気を回復し籠の中を機敏に動き回っているではないかnote。しかしまだおしゃべりは無し。ところが今夜はキキ一人?を残し家族全員が泊りがけの外出を控えている。留守中に万一のことがありはしないかと心配で心配で取りやめにしようかとさえ思うのだが・・・。前夜と同じく保温と安静状態を保ったまま出勤。ところが仕事を終えて帰るといつものように玄関あたりから足音に反応、そして「キキ~」ときた\(^o^)/。やっといつものキキに戻り安堵した、驚くべき回復力(@_@)  というかこれで心置きなく出かけることができる。たった一晩で回復するなんていったい何が起こったのだろう?。そしていつものように「おいでおいで・キキ可愛い~い・だ~~い好き! 出してチョウダイ」なんて・・・ 人の心配も他所にノー天気なヤツだ <`ヘ´> でも可愛い~い (*^_^*)  こら!しっかり留守番してろよ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »