« 簡単!コード短縮 | トップページ | 地吹雪 »

2010年2月 1日 (月)

サルでもわかる?簡単「コード編み」

 相変らずこのブログに「コード・三つ編み」で検索して訪れる方がたくさんいる。イヤホンやマウス、携帯電話やカメラの充電器などのコードは、最大公約数的長さで決められているのか、使う人によっては長すぎて困り、もてあましている方が多いからだろう。ちょうど一年前にアップした「コードの三つ編み伝授」が昨年11月頃突然ヒットし、今もその余波は少し続いている。 その「コードの三つ編み伝授」を書いたとき、「後日、改めて編み方がもっと簡単な方法を公開」ということを予告していたのだが・・・すっかり忘れていた (~_~;)  タイトルに「サルでもわかる」を掲げたが本当にサルがわかるか疑問もあるが、今日はその簡単に出来る編み方「鎖編み」を伝授しよう。

 鎖編みとは、編み物の技法のひとつ ” 【くさりあみ=チェーンノット】 糸で輪をつくり、かぎ針を通しそのかぎに糸をかけて引き抜き、鎖のようになる編み方 ” という風に解説されている。言葉で言い表せばたったそれだけ・・・編み物では基本中の基本の編み方のようだ。たったこれだけの文章で理解するのは非常に難しい。しかし「百聞は一見にしかず!」解説付きの画像を作ってみました。これを見て理解できたらとりあえず身の周りの長いコードを何でもかんでも編んでみたくなること請け合い。毛糸やレース糸と違いある程度太さのあるコードだから編み針も不要、解くときも末端を引っ張れば簡単にスルスルスル~ッと解けてしまう。・・・とはいえ何でもといっても程ほどに自己責任で編んでください。三つ編みに比べれば鎖編みは易しく、不器用な人にはお奨めです。

Image02

最初にひとつ結び目を作って、出来た輪につぎつぎコードを引き込んでいく、たったそれだけの編み方。きっちり堅めに編めば見た目も良い、ざっくり緩めに編めば短縮効果が大きく、おまけにコードにかかるストレスも少なく多少引っ張っても伸縮性がある。きれいに編むコツは常に同じ方向から輪に通し、大きさをそろえながら編むことくらい。とりあえずコードが短くなって絡まなければ良いという人はそんなことに気を使わずドンドン編めば良い(~_~;) 三つ編みも鎖編みもそれぞれ一長一短。強いて言えば鎖編みは太めのコードを編むのに適している事ぐらいだろう。2つの編み方で共通することは、充電アダプターやマウス本体の大きい機器が付いている側から編み始めないと最後の輪を潜せなくなってしまう。そこを通っておかないと引っ張ったとき簡単にほどけてしまう。引っ張る事がないコードならどっち側から編み始めても構わない。調子に乗ってあれもこれも編んでみた結果は・・・

Photo

蛇足ですが静止画像ではわかりにくいだろうと思い、動画バージョンも撮ってみた。

|

« 簡単!コード短縮 | トップページ | 地吹雪 »

手仕事・工作」カテゴリの記事

コメント

いい情報をありがとうございます。さっそく編んでみます。

投稿: オーシャン | 2010年3月21日 (日) 00時18分

不器用で全く出来なかったんですが、動画を参考にやったらすぐに出来ました。
本当にありがとうございます。

投稿: | 2010年10月11日 (月) 12時52分

 古い記事ですがよく探してご訪問いただきありがとうございました。
お役に立てて光栄です。調子に乗って今度は三つ編みの動画バージョンも作って見ようかな(*^_^*)

投稿: hanasaka | 2010年10月11日 (月) 19時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190701/47456944

この記事へのトラックバック一覧です: サルでもわかる?簡単「コード編み」:

« 簡単!コード短縮 | トップページ | 地吹雪 »