« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月の投稿

2010年5月31日 (月)

♪今度の休みは・・・

 気になっていたbud野菜苗の植え付けがようやく終わった。まだ植えなくちゃならないもの少しはもあるが、朝夕の空いた時間で終わる目途がついた。今シーズンはまだ自転車に乗ったというほど走っていない。それもこれも遅かった雪消えと天候不順のせいだ。6月に入りようやく週間予報もsunsunsunsunお日様マークがずらり。週末も天気が良いようだ。 そんなところに仲間から日帰り輪行のお誘い・・・ 行き先は糸魚川から天嶮親不知を越えて富山県東部まで、経路など細かいことはいつものように行き当たりばったりの旅。

 さてどの自転車に乗っていこうか 秋の峠越えはランドナーだった、かといって初夏の海岸はやっぱりロード?? でもロードバイクじゃありきたりだし・・・ 第一のんびりぶらりのサイクリングにロードは似つかわしくない。道は舗装で平坦、天気もよさそう、日帰りだから荷物も少ない・・・そんなときはやっぱスポルティフ? と思い自転車置き場を見れば、もう何年も乗っていないスポルティーフにはクモの巣まみれで吊るされていた。その脇にもう1台。何というかスポルティーフのようでランドナーのようで・・・ 英国風クラブモデルにあこがれて組んだ快走ランドナーと云ったらいいようなクラブモデルのなりそこね。 各パーツはクラブモデルを目指し選んで組んだが、ブレーキはカンティ、小さいフロントキャリアが付いていたりと・・・まぁ厳密に「こうでなきゃクラブモデルじゃない!」という定義は曖昧だから、自分がそう思って満足していりゃいい(~_~;) 「よし!これで行こう!!」と決めたは良いがこの前乗ったのは何時だったろう?何処かの輪行から帰って袋から出したまま組み立てもせず、知らない人から見たらバラバラの自転車のくず鉄の塊りのようなcoldsweats01 ・・・

 てな訳で、いつものように泥縄式の自転車整備をすることにした。早速ラックから降ろしてwrench点検しないと間に合わない。乗っていく自転車が無いわけではないし、間に合わなきゃどれだって行ける。久しぶりに点検整備をするだけで意味があるということで、英国風とは程遠い和風アラ還オヤジの週末準備が始まったdash

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月29日 (土)

寒さに震える苗

 先週の日曜日以来気温の低い日が続いている。会社でも屋内でじっと座って仕事をしていると寒くて仕方が無い。動いていれば耐えられないことも無いのだが体を動かさないからついストーブを点けてしまう。もう5月も終わりというのに今年はどうしたことだろう。3ヶ月予報によればどうやら冷夏の予想とか・・・ 先週の日曜には今シーズン畑に植える野菜苗を大量に買い込んできた。毎朝夕、少しの間を見つけては少しづつ植えようと目論んでいたのだが、一週間殆ど雨が続き土がぬかるんで畑に入ることができない。徒長させないよう雨よけビニールハウスに取り込んであるのだが、こう寒くては成長することもないとは良いような悪いような・・・

Dsc01705Dsc01706_3  連休明けに「特価品の投売り」を買って苗の仕立て直しをしたものが一時は順調に育ってきたが、これもこのところ成長が鈍り気味である。余計な体力を消耗させないように、出てくる花芽は全て摘み取っているが、この寒さでは成長のしようもない。でも植え直した直後に比べたらその差は歴然。今日辺りから気温が回復するらしいが、陽が射さなくては畑も乾かない。何としても明日は植えたいがこんなに気温が低いとどうなることやら・・・。野菜苗に花苗、芽が出かかった球根類、他の畑仕事も山積み(*_*; 天気の回復は神頼み!、今夜も!また天気祭りしよっと!!(*^_^*)bottle

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月18日 (火)

賽の河原?

Dsc01700 桜もすっかり葉桜となり若葉がきれいだ。でも花びらが散ったこの時期、桜の花柄が落ちることにうんざりする。花びらは風に舞いどこかに飛んでいってしまうし、残ったものも地面で乾いてしまえば嵩も少ないから一度掃いてしまえばそれでおしまいだが・・・桜の花柄は重いから落ちてもそのまま残るし、落ちる期間が長く続くから困る(>_<) 掃いても掃いても毎日毎日落ちてくる。畑や空き地に落ちたものは自然に還るから良いが、我が家の桜は2面が道路。朝晩は散歩する人が多いし、小学校の通学路でもある。クルマのとおりも結構多く美観も悪い。だから何度か掃いているがまさに賽の河原の状態(~_~;) 雨の合間を縫って今日も掃いた花柄は一輪車に山積みで3台分、晴れて乾燥していたら掃きやすいが、濡れて踏みつけられた花柄は地面に張り付いて始末が悪い。でもそんな中掃いた花柄の山からもサクラの香り、赤い小さいサクランボ発見!まだほんの小さくちょうどマッチの先ほど。それでもちゃんとサクランボの香りはしている、というか桜餅の葉の香りだろうか?そんな余韻を楽しむ余裕も無く、明日も賽の河原で掃き掃除 (^_^;)

 花がきれいなのはほんの一瞬。他人様は咲いたときだけ「きれい!」で済むが、これの後始末を考えると ??って感じる。まぁ満開の桜の時期を思えば許せるかぁ~ あと何度掃いたら終わるんだろう。それにしても肥料なんて全くやってないのにこれだけの量を咲かせて成長させるエネルギーは何処から来るんだろう? そんな訳で思いつきflair、ホームセンターから安い鶏糞肥料を5袋ほど買い込んで根元にばら撒いた。桜に肥料なんてあまり聞いたことが無い、適期っていつごろ?? まぁそんなことどうだっていいか^_^; 「気は心!」って云うし。 これが効いて「来年は更にいっぱい咲いて散ったらどうしよう」なんて余計な心配だろなぁ。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 9日 (日)

特価品の投売を・・・

 自宅の庭に植える花の苗は、毎年自分で種を蒔いて育てている。でも今年は何かと慌ただしいことが重なってしまい、とうとう種蒔き時期を逸してしまった。今から種を蒔いたのでは育ってから定植するまで時間がかかり過ぎ、夏までに間に合わない。それまで何も花のない花壇ではいかにも殺風景(>_<)。かといって花が咲いた苗を買ってきて植えるのは如何にも安直で、日頃「園芸が趣味”!」なんて云っちゃってるから沽券にもかかわるし・・・だいいち庭やプランターに植える苗をみんな買ったなら、多分苗数は200~300株は必要だろうから乏しい財布なんて直ぐに空っぽになっちまう(*_*;。

Dsc01678Dsc01679   今日はホームセンターの園芸売り場を何軒かハシゴして何とか安い苗を確保しようとした。でも何処のHCも良い苗は最低百円から、チョイと変わった目新しいものは3~4百円とお高い物ばかり。最近のHCはあまり安いものを売りたがらず、どこを見たって新品種を称する利幅が大きい高い苗ばかり。それでもめげずに丹念に探してとうとうお宝発見!! 1組4ポット連結のマリーゴールドの苗で元々248円の品、仕入れて大分日数が経ち傷んでいるのが100円で投売り!!おまけに1ポットには数本の苗を間引かずにいるから×4で100円あたり15~6本の苗が手に入る勘定、これはお得!!。早速色別に3種類を14組ほどかごに入れた。これで14連結×4ポット×4本≒224本の苗が手に入ったことになる。しかも1400円、単純計算しても1本あたり6円強だ。これなら種を買うより安いかも??  うきうきしてレジに持っていったら・・・な・な・な・なんと「表示は100円ですが更に割り引かれていますから半額の50円になりま~~す」ってうれしいことを言ってくれた。200本を超える苗がたったの700円\(^o^)/ 超ラッキー!!

Dsc01681  

 他にもインパチェンスの98円が半額で50円、これを20ポット。ベゴニアの4連結ポットが100円、これを2組で8株。後はまともなファリナセアとポーチュラカ苗を合わせて15ポット、〆て3180円で購入。家に持ち帰りそのまま花壇に植えたものはファリナセアだけ。インパチェンスは傷んだ葉っぱを切り戻し、根傷みを確認し新しい用土を足して新しいポットに植え直し。ベゴニアもそれぞれポットから抜き出して3号ポリポットに植え直し。

 

Dsc01683  マリーゴールドは朝晩少しの暇を見つけてはポットから抜き、丹念に根を解して1本づつバラバラに分解。咲いている花も蕾も取り去って切り戻し新しい用土で1ポットに1本づづ植え直している。そんなに全部を植えるほどのスペースが無いのだから、もっと適当にに分けても良いのだが・・・「そんなに育てちゃってどうするつもり?」と言われようが凝り性の性分がいい加減なことを許さない。ポーチュラカなどにいたっては毎年少しでも枝数が多いものを1色1株づつ買って来て茎をピンチ。それを指し芽で増やせば直ぐに10倍20倍に増殖。高くて変えない苗は増殖に限る(^^ゞ 売って稼ぐわけでは無いから合法??これからまたいろいろな花苗を買ってきて増やす計画が目白押し。もう何年も更新してきたゼラニウムももう株が古くなり限界が近いからこれも買ってこなくては・・・

 あれもこれもと時間に追われる毎日・・・「♂忙しい、忙しい」とこぼせば「♀自業自得!」と云われるが止められない(*^_^*)根が活着し新芽が出て新しい蕾が上がるまでおよそ1か月。それまでは楽しみで毎日裏の畑のビニールハウスに通う日が続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 8日 (土)

MR-4

 愚兄が乗っているGiantのMR-4。買って随分時間が経ち、タイヤがぼろぼろ。久し振りに乗ろうとタイヤに空気を入れて走ったら・・・「車輪がブレて乗りにくい」といって持ってきた。見ればもうタイヤサイドのコードがボロボロで高圧に耐え切れずヨレヨレにうねっている。

Dsc01676  これはもう交換するしかない。しかしこのタイヤサイズ、24×1インチと云う特殊なサイズだから近所で売っているところが無い。おまけに純正のKENDAというメーカーでは製造が中止になったと言う。調べてみたらパナレーサーのパセラで同じサイズがあった。しかし純正と異なりサイドがブラックのみのようだ。丈夫さ一点張りで行くならブラックタイヤでも良いのだが、雰囲気的にどうも黒タイヤは好きになれない。自分の自転車でないのだから何でも良さそうなものだが・・・自分用の自転車タイヤも出来るだけオリジナルの雰囲気を壊さないようランドナーもスポルティフもみんなアメサイドを探して装着している。ここは何としてもアメサイドを探そうとネットをウロウロ。 黒いものは簡単に見つかったがやっぱりオープンサイドはなかなか見つからない・・・諦めかけた頃、とうとうパセラのガムサイドLXを発見。

 パセラは同じ1インチサイズでもKENDAに比べると微妙にタイヤ幅が広いそうだから、MR-4の年式によってはブレーキアーチにすんなり入らないものがあるという。届いたタイヤを組み込んで、心配しながら装着したら意外にも簡単に入ってくれた。これで終了と思いきや・・・硬いタイヤをレバーで無理やり入れたときにチューブを噛んでしまったようで空気が漏れる。 がっくりorz! そんでもってタイヤを外しパンク修理し。もう一度組み込んでやっと出来上がったと思いきや、今度はパセラのタイヤサイドに回転方向を示す刻印を見つけてしまった(~_~) ウウウ~~~ゴンヂグジョウ~~~(T_T) また最初っっからやり直し(T_T) タイヤ交換たった2本で1時間半も費やしてしまった(~_~;)。メガネをかけずに作業して老眼をうらむことしきり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 4日 (火)

新緑

Dsc01672_2    今年のGWは何処にも出かけず仕舞い。直前になってキャンカーのスタッドレスタイヤを夏タイヤに交換したり、メインとサブのバッテリーを補充電したりと準備は万端だったのだが、家に居るとやらねばならないことがあっちこっち目に付きだし、出鼻をくじかれてしまったのだ。我が家と義母の畑を耕したり、日頃散らかり放題の作業場ガレージを掃除整頓したり、芝生の草むしりをしたりと毎日結構忙しく、仕事より忙しい日々。そんな4連休のある日、オッ家内の実家の山へぶらり散策。オッ家内は山菜採りに夢中でペースが合わない。何年振りかで思い出したブナ林へ一人向かう。ここは義父がシイタケを作っていた雑木林の近くで、以前はよく下草刈など手入れをしていたが、亡くなってからは滅多に来ることもなくなっていた。間伐材でベンチを作ったりしながら、「将来はMyキャンプ場にでも・・・」とも思ったりしていたが、夢も足も遠のくばかり(^^ゞ 久し振りに訪れたブナ林は、下草がだいぶ生い繁り、枝折れや立ち枯れのブナがあったりで手入れしなきゃと思わせる。それでも見上げればまばゆいばかりのブナの新緑!何となく元気が出てきて活力をもらった気がした。さぁ連休も後半、明日は何しよう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 1日 (土)

満開の桜

Sakura  寒い日が続いていたので開花から6日目の今日ようやく満開となった今年のcherryblossom桜。今日も上天気ながら風が冷たくて強い。根性なしの花びらはもうチラホラ舞い始めている。でもこの分なら連休中は何とか持ちこたえそうだ。澄んだ青空に映える桜はどう形容していいのか、「本当に見事sign03」というしか表現のしようがない。↑これは我が家でいちばん大きい樹齢およそ45年ほどのソメイヨシノ、毎年雪の重みで太い枝が何本も折れ痛めつけられている。それでも見る角度によっては堂々とした風格が漂い、、暗くなってから見ると妖気のようなものさえ感じる。この桜と坂道が我が家の屋号に「はなさか」を名づけた所以でありハンドルネームの由来でもある。

 山際にある我が家は、例年ならウソの食害で桜の頂上部の花が淋しいのだが、どうしたことか大雪にもかかわらず、ウソによる被害が全くといってよいほど無かった。これは我が家だけに限ったことではなく近所の桜は何処もそうらしい。いつもの年なら全く咲かない木までが今年は珍しく沢山のcherryblossom花を咲かせたから「あれ?こんなところにも、こんなところにも桜がeye・・・!!」っていう感じだ。いつもならわざわざ巡ることの無い近所の桜のあまりの見事さに誘われ、今日はcameraカメラ片手に自宅近所の桜巡りをしてみた。その様子は右サイドバーの「ご近所の桜巡り」にアップした。

 しかし・・・あと数日後を思うと少し憂鬱~~down 大量の花びらが降り注ぐと情緒なんて感じていられないcrying 窓を開ければ家の中は花びらだらけ・・・道路に落ちれば風で舞い上がり近所の家の車庫や家の中まで散らかり放題、濡れたクルマにこびり付いた花びらは乾く前に落とさないと時間が経つほど落ちなくなりどうしようもないdowndown 桜の木の下の池は花びらのアクで真っ黒・・・金魚も喘いでパクパクの瀕死状態downdowndown それさえなければ心から楽しめるのだが・・・ 花が散り果てると次は桜のガクがボタボタ、ボタボタ、ボタボタ・・・これは風が吹いたくらいでは飛び散らないがこれも困り者。全てが散り終えるまで塵取りと箒を持って道路を掃く毎日・・・ 他所の家の桜なら「綺麗!」と素直に見ていられるのだが、我が家ということになると放っておくわけにもいかない、贅沢だがそれが悩み。

 年に一度のことだからと、もう連日何回も親族友人知人を呼んでの花見会。いささか呑みすぎ(~_~;)だけど、明日からの連休を前に今夜は久しぶりにゆっくりbottleでも呑みながらオッ家内と二人っきりの花見としようか・・・ 散れば散ったで風情があり、葉桜になるまでは呑む理由には事欠かない(~_~;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »