« 1円パソコン、買っちまったぁ~ | トップページ | 防災訓練で思ったこと »

2010年10月19日 (火)

気力、体力・・・

 20数年前に自宅を新築した当時は気力も体力もいちばん充実していた時期であった。ただ先立つものdollarは今も同じく乏しかったが・・・^_^; ハウジングメーカーの見積もりを取り、大きい部分は依頼したが、自分でできるところは出来るかぎり自分でやった。朝はclock4時過ぎには現場に向かい、出勤時間ギリギリまであれこれやり、昼休みは夕方からの作業の段取り。仕事が終わると会社から直接建築現場へ行ってまた作業、夕飯に家に戻ってまた出動?寝るまで更にもう一仕事。およそ4ヶ月の間、プロの段取りに合わせ出来るだけ足を引っ張らないよう作業を進めなくてはならず、とにかく一生懸命だったが全く苦にならなかった。大工仕事はもとより、電気配線・水道埋設の穴掘りや配管・外壁や内装の塗装・テレビのアンテナ工事、レンガ積みなどの左官、外溝工事などやれそうなことは「自分でやるからその分の値段を引いてください!」とお願いし、ほとんど何でもやってみた。大まかな工事が済み新居に引っ越した後も、造園や外溝、当面急いで使うことのない部屋の内装などその後も10年近くかけようやく完成といえるまでになった。そこで身に付けた技や買い揃えた工具は数知れず、おかげで当初の見積もりの3割近く押さえることができ、金額に見合わず良い設備を備えた家が出来たと満足していた。今にして思えば破格でできた分、業者や現場の人たちからは随分鬱陶しがられたことだろう。

 時は流れ・・・このたび家を少しリフォームすることになった。リフォームと云うには大げさで、リビングの壁紙を張替え、痛んだ床の一部を張り直すだけのプチ改装なのだ。実は6年前の中越地震の際、家中あっちこっちにダメージを受けた。しかし、住めないという程でもなかったので、プロには一つも頼らずDIYで出来る部分は全部自分で修復して済ませていた。しかし、壁の亀裂だけは家具や水周りの移動を伴うため、何となく億劫で手付かずのままだった。

 最近、相方が「惨めっぽくて嫌だ!」とよくボヤくようになったのは煤けた壁紙の亀裂がいっそう黒ずんで目立つようになってきたからだろう。ようやく重い腰を上げようとするのだが、どうも30代のような気力が沸かず体力も付いて来ず、全部DIYでやろうという気になれなかった。そこで思い切って新築時に依頼したハウジング屋に改装を依頼することにした。それでも少しでも自分でできないかと昔の様に気力を奮い起こし、ベランダをシートで覆った仮設のキッチン兼物置を作り、家具や台所のものを全て移し終えた辺りからカラータイマーは点滅flairし息切れ状態heart02。 やはりあの当時と違いもう若くはなかったorz 
 最初は壁と床の一部だけというつもりだったが、いざ始めてみるとあっちこっちの痛みが目についてくる。壁を剥がすついでにエアコンの移動や将来の家電やパソコンの設置に備えたフレキ管を壁に隠蔽、使いにくかったコンセントの移動、採光のため窓を新設などなど・・・このまでやりたかったことが次々と出てきて、ついあれもこれもやることは増える一方。少しでも自分で出来るところはDIYでと思い、朝晩少しづつできることだけをやっているが、以前のように何でもかんでもいっぺんに「頑張ってやろう!」という気力が溢れてこない。 築25年ともなれば水回りなど大分くたびれたところも出て家主と同じだと痛感、この際だからと思うと範囲が広がるばかりでなかなか作業は進まない。そこで遅れがちなところはつい現場の業者に追加で依頼してしまう。あぁ~昔はこうじゃなかった・・・ 

 

|

« 1円パソコン、買っちまったぁ~ | トップページ | 防災訓練で思ったこと »

手仕事・工作」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190701/49777304

この記事へのトラックバック一覧です: 気力、体力・・・:

« 1円パソコン、買っちまったぁ~ | トップページ | 防災訓練で思ったこと »