« この期に及んで駆け込みで | トップページ | 今日がピーク »

2010年12月 5日 (日)

慌ただしい忘年会

 毎年この時期の定番記事(*^_^*) 忘年会のお話・・・ 12月第1週の週末は,、自転車仲間が野沢温泉spaを会場に30年も続けている恒例の家族ぐるみの温泉お泊り忘年会。今年もた僅か2人欠席したものの、県外にも散らばったメンバーを含め夫婦5家族と単身参加組が民宿を貸しきって集まった。1年で一番忙しいこの時期、夕方6時半開宴のため、後ろめたさと冷視線を気にしつつ(^^ゞ仕事を少しだけ早仕舞いし駆けつける。時間ギリギリで到着したので慌ただしく風呂に浸かって・・・(とはいえ冷えた体には温泉spaが熱過ぎてbearingとても浸かれたもんじゃなかった)忘年会突入。もう耳にタコが出来るほどしゃべったり聞いたりしている昔の武勇伝や失敗談を肴にbottlewinebeerbar深夜まで盛り上がった。

 翌朝は親の介護で急いで帰らなければならないメンバーやrvcarデトロイト出張のため朝食も取らずairplane成田へ向う人などこの30年で会員の環境もそれなりに歳を重ねていることを実感。我が家と云えば、ご他分に洩れず仕事の為、日曜出勤のためそそくさと慌ただしい帰り支度。しかし、12月としては珍しいほど温かく、カラッと晴れた青空が広がる絶好の行楽日和。どうせ早く帰っても午後出勤となるからと、最近飯山市のお客様からご注文を頂いた製品の出来映えを見たくなって、少し遠くなるが飯山へ向かった。現場を確認しその出来映えに一安心。ここで更に少し寄り道し「高橋まゆみ人形館」へ。「まゆみ人形」は以前からかなり気になり、興味を持っていたのだ。昨年から常設展示館が建設されていることを知り、今年春の開館以来訪れたいと思っていたがなかなかチャンスがなかった。今ここで行かないとまた何時訪問できるか判らないので、仕事を気にしつつも行ってみた。
 評判どおり日曜朝から大混雑で駐車場は満杯。仕方なく少し離れた駐車場から歩いて行ったが、館内も押すな押すなの大盛況で、落ち着いてゆっくり見ている雰囲気ではない。入館者といえば展示している人形と同じ世代やその子世代とおぼしき中高年が殆どで、それぞれが思いを自分の子供時代に重ねたりしつつ見入っている。人形そのものに似た人が多く見物に訪れているのも滑稽で可笑しい。

 実によく人間観察をして作られた人形は、表情といえポーズといえもう感動ものの出来映えだから、その人気振りがうなづける。だが、やはり田舎で普通に見かける風景の中で見られる老人たちがモチーフなだけに、屋外に置いて自然を背景してに見たら最高ではないかという作品が多い。実際、人形を撮った写真の大半は屋外ロケであることから、作者自身もそういった光景を想像しながら作ったことは間違いない。まぁ銅像や石像と違って屋外に置くことは想定されていないから仕方が無いといえるが、人形を置いてあるジオラマが人形のタッチとかなり異なっていることは残念だった。例えば全部が全部と云わないが、ジオラマの一部がプラスチック製であったり、建築物の縮尺に微妙な違和感があったり。それがどこかといえば・・・家の柱や梁だったり建具の縮尺であったり家具であったり・・・。些細なことだが、そのあたりが実物を背景にした画像と違っている、その辺が興をそがれた気がしたのではないだろうか。小さな人形の背中の籠のジャガイモまで縮尺を考えた手の込んだ布製の手づくりで実によく出来ているから、そういった些細なことが気になったのだろう。

 あまりの混雑で見学者は列を成し、急いで見るには時間がかかりすぎる。そのため順路を無視し、空いている場所だけを転々と移動し、どうして見られない場所だけは行列の合間から覗き見したり仕方なく並んだりと駆け足dash見学であったので又いつか訪れてみたいものだ。そそくさと退出した後は一目散で帰宅し、昼食もそこそこでようやく午後の仕事に間に合ったという実に慌しいsweat01忘年会であった(~_~)

|

« この期に及んで駆け込みで | トップページ | 今日がピーク »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190701/50225133

この記事へのトラックバック一覧です: 慌ただしい忘年会:

« この期に及んで駆け込みで | トップページ | 今日がピーク »