« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月の投稿

2011年4月21日 (木)

楽しさ広がるチャリナビ

Cimg2063 自転車に積もうと手に入れたばかりのPND、ソニーNV-U35。そのデビューは満開の桜を求めて上州路へ。体が馴れない春一番のお出かけということもあって、信越線の横川から高崎まで桜を愛でながら、下り基調の50kmほどのゆるいルートをあらかじめナビに設定。自転車への準備はナブユー本体の取り付け、これは純正クレードルを使うためあっという間に済んだ。しかし問題は補助電源として買ったエネループを携帯する方法だ。ハンドル廻りはフラッシュライトやスピードメーターに加えPNDが付いたらフロントバックを付ける余地が無くなり、電池自体を自転車に直接くっつけるしかない。そこで小さい袋に電池を入れてハンドルにぶら下げることを考えたが、走るとブラブラではどうも様にならない。出発前日になってようやくハンドルステム下のシフトワイヤーの隙間に収めることを思い付き、カメラケースなど使えそうな様々な入れ物を片っ端から探して試したが、どれも大きすぎたり小さすぎたりcoldsweats02。そこで手持ちの100均で買った伸縮クッション素材のメガネケースに電池を入れたらジャストフィットscissors メガネ用だから深さがありすぎるので中ほどの位置をミシンで縫って余分をhairsalonハサミで切り取ったら何と専用ケースに見紛うばかりの出来映え。時間があればベルクロでも縫い付けたいところだが、今回はそんな時間もなく、間に合わせでタイヤチューブを細く切ったゴム紐で縛って付けることにした。エネループとナブユー本体の接続は、これも100均で買ったカールコード。後は現地に着いて自転車を組み立てたら、ナビをクレードルに付けてコードを差し込むだけでセットは完了する。

 前日の氷雨と寒気で走る意欲が萎えかけ、当日もこの時期として異常な寒さだが天気は回復傾向。深夜の地震の影響で出発列車が大幅に遅れ、全て鈍行列車利用の目算はすっかり狂ってしまった。しかし、新幹線を使い出発地の横川には当初の予定より1時間も早く着いてしまった。この頃にはすっかり気温も上がってブクブクに厚着した越後用の冬支度は無用の長物。ウインドブレーカも防寒着も脱ぎ、ポカポカ陽気の中で出発準備を済ませた。

Cimg2067   出発前のナブユーのセットは、一手間増えたという感覚さえなく全くカンタン。スタートしたらカーナビ同様指示に従って走るだけ。何度かわざとルートを逸れてみたが数秒でリルートするから、その反応にストレスを感じることも全くない。経由地と思われるの方角に見当をつけ、指示されたルートを逸れ、田んぼ道やあぜ道や川の土手までドンドン行ってみたが、どんな場合でもほぼ10秒以内で付近の細道を探して健気にリルートしてくれるのは驚きだった。数年前に買ったクルマ用のカーナビに比べても遜色ないばかりかそれ以上の性能が2万円ちょっとで買えるなんて、こういった機器の進歩の速さを感じさせてくれる。
 ガイド音量は最大で画面輝度も最高にして連続8時間ほど画面常時ONで走ってみたがエネループのパワーは余裕であったこともうれしい。また心配していたエネループ取り付け方法もゴムひもで簡単に縛っただけにしては、電池自体が小さくて軽いこともあり振動で緩むこともなく脱落の不安も一切なかった。更に長時間のバッテリーの持ちについてはは今回は日帰りだったので、泊り2日ほど補助バッテリーが持つかどうかは今後試してみたい。また、充電しながら走るため降雨時の本体充電プラグ廻りやバッテリーの防水対策も今後の課題だ。

 不満といえばやはり晴天日中の直射日光下の画面の確認のし難さだろう。ルートに従って走るだけなら音声案内だけで充分だが、周囲の目標物確認など画面を見たい場合も多くあるのでこの辺りが難点といえば難点だろう。後継機のU37はこの辺りが改良されてるというから少し早まった気がしないでもない。他に気づいたことだが電車や建物の中では窓辺に置いてもGPSアンテナが補足できないことが多かったこと。これは内臓アンテナだから仕方が無いといえばそれまでだが・・・帰宅後、走行ログをPCに読み込むと

Easycapture1  地図上にはきっちり走行ルートが示されていた。しかし、その中にとんでもないところに軌跡を残しているところがいくつか見られた。それはGPS電波の届き難い場所、スタート前のGPS電波補足中の場所や建物の軒先や中など。そんな場所では突然行ってもいない場所に軌跡を残し画面を拡大すると異様な感じがする。しかし、それ以外はどんなところも移動の軌跡は正確であった。昼食を食べる店を探して道を横切って10mほどバックしたことも、写真を撮るため良いアングルを探してうろうろ移動したところも、道がなくなって歩いた休耕田の中も、中には見学地でトイレに行った事さえ行った先々忘れていた行動が全て軌跡として残されているから、データとして保存することで後々あれこれ思い出すことが出来て楽しい。今はこのデータを「轍」というフリーソフトを利用して楽しんでいる。このソフトには今回撮ってきたデジカメデータを取り込むと時系列でルート上に表示してくれる機能もある、だから記憶にない場所の写真も何処で撮ったかわかりやすい。行った記憶が鮮明なうちは有難みを感じることもないだろうが、これが数ヶ月、数年ともなると地図の軌跡と共に思い出しやすくしてくれるだろう。年とともに忘れっぽくなる一方の身にとってナブユーを携帯しデータを残してくることは、これからは欠かせなくなりそうな気がした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年4月 5日 (火)

隠蔽配線

 久々にブログタイトルどおりの「つくろ!」のネタ (*^_^*)
昨夏、訳あって住まいを取り壊すことになった親戚から「処分費用がかかるので、使えるなら家電でもエアコンでも欲しいものがあれば何でも持って行って!」って声がかかった。さしあたり必要でもないけど、お金をかけて処分するくらいなら、とりあえず使えそうなものはもらっておこうかと出かけてみたら、どれもまだ新しいものが多く、処分するには忍びないものばかり。その後、改めて出直し一日がかりで我が家で使えそうな家具や家電やら、工具なども持参して冷暖兼用エアコンも3台を取り外して運んできた。

 我が家では、風通しの良い今の場所に引越して以来、エアコンなんてさほど必要とせず暮らしてきた。その引越しの際に持って来たたった1台のクーラー(死語?)といえばもう骨董品的代物。それは今どきの効率の良いエアコンと違って、大電力を消費するし音はうるさい。しかし、まだまだ充分冷えるし使うのはひと夏でも暑くて我慢できない日中のせいぜい3~4日の間のわずかな時間だけだから、これまで買い換えや増設なんて全く考えもしなかった。これからだって直ぐに必要でもなかったが、何より放っておいたら処分されるものだし、あればあったで年中快適に過ごせそうだからと頂いたエアコンは丁寧に掃除して、いずれは取りつけようと保管しておいた。
 春先のポカポカ陽気に誘われ、そろそろそのエアコンでも取りつけしようかと準備を始めることにした・・・。だが、昔と違って今はエアパージもはばかられるご時勢、そこで出来ることは出来るだけDIYで、機材や技術のないところは知り合いの業者に依頼し共同作業で始めることにした。
 後付けだからコンセントの準備も何も無い。分電盤から3台分をそれぞれ新たに電線を引かなければならないが、露出配線だけはどうもいただけない。かといって完全隠蔽にするのはプロの電気屋さんも尻込みするほど手間がかかって難しい。しかしそこは手間暇いとわないアマチュアなればこそ、閑を見つけては床下や天井裏を行ったり来たり、隙間を探しては貫通できるかどうか探りを入れる日々。そしてとうとう床下の土台に1箇所穴を開けるだけで全ての部屋まで壁の間を通って天井裏まで行けるルートを開拓?。最初は太めのフレキ管を通してそこにケーブルを通す予定だったが、どうせ見えないところだし、後々また別のケーブルを通すことも無いだろうと思い、床下の土台に22ミリの穴をゴリゴリ・・・ ここから壁の間を直に電線を通し天井裏まで。一階天井隙間からはまた貫通できる壁の隙間を探して2階にあるそれぞれの部屋の天井裏まで通線ガイドのワイヤーやFRPのポールを通し狭い天井裏作業は完了、かくして全線隠蔽の通線は終了。あとはプロの業者の結線と共同で本体設置作業を残すのみ。  

 ところがそんな準備がやっと整ったところで今回の大震災”! それに続く電力不足の計画停電に加え節電キャンペーンが声高に叫ばれる!(>_<) ご時勢に逆行するような行為だが、ここまで準備しといて今更引くわけにはいかないし、これで止めてエアコン3台処分なんてもう考えられない。まぁ設置しといてなるべくスイッチを入れなければいいということで・・・<(_ _)> 設置作業は続行しまぁ~す(~_~;)  予期せず手に入った3台ものエアコンだったから、1台は現在製作進行中の「屋根裏隠れ家?」用にとの目算は見事にはずれ、おっ家内と娘の要望どおりの部屋にそれぞれ納まることになったのは残念!泣く子と女房には逆らえませぇんdown ww! ところで毎度のことながら、作業に熱中し途中経過のcamera画像を撮ったつもりがブログアップの時点で探したのですがありませんsweat01 やっぱり忘れていたんでしょうかねぇwobbly 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年4月 2日 (土)

自転車にPND

 ようやく暖かい季節が到来、待ちに待ったサイクリングシーズンがやってくる。そんな時期に合わせ今シーズンは自転車に最新のIT機器?を搭載することにした。ってそんな大袈裟な奴じゃなくいわゆるPND(Personal Navigation Device)普通にに言ったらカーナビってやつです。なぜ素直にカーナビって云わないかといえば、カーに載ってるからカーナビであって自転車だからチャリナビってのも変だし・・・
  昔から旅が好きで、目的地さえ決めたら日本全国何処に行くにも地図なんか無くったってどこにだって行けちゃうし、道に迷うことなんか殆どない。数少ない自慢出来るものの一つが方向感覚や地理感。だからカーナビの必要なんてあまり感じなかったのだが、あればあったで人のいない夜中や早朝でも聞かなくても済むし、コンビニや道の駅など探すのは簡単だし近道や抜け道を探すにも便利だし、まぁ保険みたいなものだとクルマには搭載してました(*^_^*)。カーナビの弊害といえば土地の人との会話が少なくなってしまったり、それに頼りきるとあとからコースを反復することが出来ないというのが欠点かな。
 無くったって困らないナビだが、いつかそのうち趣味の自転車やたまに行く山歩きに持って歩けるGPSロガーが欲しいと思いつついろいろ物色していた・・・。乏しい財布でも買える中古はないかと探していたが、如何せんお目当てのガーミンは中古でもお高い((+_+)) 

 いろいろ調べていたらソニーからナブユーという自転車対応の良いものが出ていた。NV-U35である。大きさは携帯より少し大きいくらいのサイズで、防水にも対応。ネットで検索してみたらそこそこ安くて使えそうじゃないか。但し問題はその電池の持ちが何とも心もとない。更に調べれば、いろいろな方がそれぞれ対応策を書いていた。それによれば外部電池に繋いで充電しながら使えばほぼ一日は何とかなるようだ。何より普通のカーナビにはない機能で、いちばん欲しかったGPSログがメモリーカードに記録出来る点がいちばんのポイントだ。こうして取った記録は後からPCに取り込んで軌跡をグーグルマップやカシミールで表示できる。
 今まで旅の記録は全て頭の中にしかなかったから時間が過ぎると忘れてしまうことが多かった、これがあれば秒刻みのGPSログ(位置と時間の情報)を行動記録としてPCに残すことが出来るのだ。これなら値段が高いガーミンでなくてもいいじゃないか。おまけにナブユーは小さいながら全くのカーナビだし(ってかカーナビそのもの) そうなるともう直ぐにでも欲しくて居ても立ってもいられず、価格比較サイトで暫く物色し最安値を見計らって購入、2万チョいでかなり安い買い物のはずだった。しかし、その後暫くして価格は下がり続け一時は2万を切るとところまで下落してしまった(T_T)。 実際自転車で役立ち使えるかどうかも判らずイチかバチかで買ったナブユーだったが、最新の情報ではU35の後継機種であるU37が出たという情報もある。それによれば画面の反射を抑えた半透過型液晶を採用し、明るい戸外での視認性が向上したり、ルート探索時に本体でプロフィールマップを見ることが出来たり、部分的には2,5万の地形図も取り込んだり出来るというU35には無かった機能が多く搭載されたという。これによってガーミンにかなり近づいたのは良いのいだが、なけなしの小遣いで買ったばかりのU35・・・少し早まってしまったのだろうか? トホホ~~(~_~;)

 肝心の使用感といえば自転車に付けて少ししか走っていないが、晴天の屋外での画面の視認性が全く悪いことが難点だ。しかしクルマに積んで走ったかぎりではカーナビとしての機能は十分満足出来るレベルだし、走行ログをPCに取り込んでみたが軌跡もしっかり記録されていた。 自転車に積んでの最初の出番は2週間後。あらかじめ出かけるルートや付近の観光ポイントなどはもう作って本体に保存してある。実際走ってみてそれがどう役立つかも楽しみである、そんな使用感などは追ってまたアップする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 1日 (金)

ご当地ナンバー

Dsc01974  最近はご当地ナンバーと称し、地域によって様々な形やデザインをあしらったナンバープレートを発行する自治体が増えてきた。ご他聞に洩れず当地でも、今日から雪まつりイメージキャラクターの「ネージュ」をあしらったご当地ナンバーの交付が始まった。(ネージュとは、1994年の第45回雪まつりを記念し十日町市(旧松之山町)出身のファッションデザイナーの小野塚秋良氏がデザインした雪の妖精である) 今乗っているスクーターは恥ずかしいほど低年式だが、ガソリンも値上がりしていることだし、気温が上がるこれからは近距離の移動にますます出番が増える愛車。「出来ればこの際新車に!」って云いたいところだが、まだ乗れるものだから、古くてもここはひとつ気分を一新し可愛いネージュを描いた新しいナンバーに変えようかと、早速市役所でナンバー変更手続きを済ませ、ご当地ナンバーの交付を受けてきた。交付に関する手数料は無料では申し訳ない気もしているが、これからは出来るだけ乗り回し「出来る限り十日町のPRに勤めまぁす~~」ってことで・・・_(_^_)_

 で、その手続きは至極簡単、自賠責の保険証と印鑑と旧ナンバープレートを持参し、所定の用紙に住所氏名を書いて捺印するだけだから、ものの5分ばかりで終わってしまった。午前中に行ったにもかかわらず、もうかなりの人数が交付に訪れていたようで、番号はふた桁だった。普通なら1番が欲しくて朝イチで並ぶ人もいるのだろうが、1番のデザインって想像するに白い部分が多く何となく殺風景?でアッサリし過ぎ欲しくないって気がしていたから、少し遅れて行ってふた桁でちょうど良かった。窓口担当者が知り合いだったので、私的ラッキーナンバーの17とか24が欲しかったのだが・・・、我が侭は言えず素直に番号順のナンバーを頂いた。しかし、どちら様も新しいもんには目がないようですねぇ・・・(*^_^*) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »