« 自転車にPND | トップページ | 楽しさ広がるチャリナビ »

2011年4月 5日 (火)

隠蔽配線

 久々にブログタイトルどおりの「つくろ!」のネタ (*^_^*)
昨夏、訳あって住まいを取り壊すことになった親戚から「処分費用がかかるので、使えるなら家電でもエアコンでも欲しいものがあれば何でも持って行って!」って声がかかった。さしあたり必要でもないけど、お金をかけて処分するくらいなら、とりあえず使えそうなものはもらっておこうかと出かけてみたら、どれもまだ新しいものが多く、処分するには忍びないものばかり。その後、改めて出直し一日がかりで我が家で使えそうな家具や家電やら、工具なども持参して冷暖兼用エアコンも3台を取り外して運んできた。

 我が家では、風通しの良い今の場所に引越して以来、エアコンなんてさほど必要とせず暮らしてきた。その引越しの際に持って来たたった1台のクーラー(死語?)といえばもう骨董品的代物。それは今どきの効率の良いエアコンと違って、大電力を消費するし音はうるさい。しかし、まだまだ充分冷えるし使うのはひと夏でも暑くて我慢できない日中のせいぜい3~4日の間のわずかな時間だけだから、これまで買い換えや増設なんて全く考えもしなかった。これからだって直ぐに必要でもなかったが、何より放っておいたら処分されるものだし、あればあったで年中快適に過ごせそうだからと頂いたエアコンは丁寧に掃除して、いずれは取りつけようと保管しておいた。
 春先のポカポカ陽気に誘われ、そろそろそのエアコンでも取りつけしようかと準備を始めることにした・・・。だが、昔と違って今はエアパージもはばかられるご時勢、そこで出来ることは出来るだけDIYで、機材や技術のないところは知り合いの業者に依頼し共同作業で始めることにした。
 後付けだからコンセントの準備も何も無い。分電盤から3台分をそれぞれ新たに電線を引かなければならないが、露出配線だけはどうもいただけない。かといって完全隠蔽にするのはプロの電気屋さんも尻込みするほど手間がかかって難しい。しかしそこは手間暇いとわないアマチュアなればこそ、閑を見つけては床下や天井裏を行ったり来たり、隙間を探しては貫通できるかどうか探りを入れる日々。そしてとうとう床下の土台に1箇所穴を開けるだけで全ての部屋まで壁の間を通って天井裏まで行けるルートを開拓?。最初は太めのフレキ管を通してそこにケーブルを通す予定だったが、どうせ見えないところだし、後々また別のケーブルを通すことも無いだろうと思い、床下の土台に22ミリの穴をゴリゴリ・・・ ここから壁の間を直に電線を通し天井裏まで。一階天井隙間からはまた貫通できる壁の隙間を探して2階にあるそれぞれの部屋の天井裏まで通線ガイドのワイヤーやFRPのポールを通し狭い天井裏作業は完了、かくして全線隠蔽の通線は終了。あとはプロの業者の結線と共同で本体設置作業を残すのみ。  

 ところがそんな準備がやっと整ったところで今回の大震災”! それに続く電力不足の計画停電に加え節電キャンペーンが声高に叫ばれる!(>_<) ご時勢に逆行するような行為だが、ここまで準備しといて今更引くわけにはいかないし、これで止めてエアコン3台処分なんてもう考えられない。まぁ設置しといてなるべくスイッチを入れなければいいということで・・・<(_ _)> 設置作業は続行しまぁ~す(~_~;)  予期せず手に入った3台ものエアコンだったから、1台は現在製作進行中の「屋根裏隠れ家?」用にとの目算は見事にはずれ、おっ家内と娘の要望どおりの部屋にそれぞれ納まることになったのは残念!泣く子と女房には逆らえませぇんdown ww! ところで毎度のことながら、作業に熱中し途中経過のcamera画像を撮ったつもりがブログアップの時点で探したのですがありませんsweat01 やっぱり忘れていたんでしょうかねぇwobbly 

|

« 自転車にPND | トップページ | 楽しさ広がるチャリナビ »

手仕事・工作」カテゴリの記事

コメント

 炭素繊維が普及しないのは工具鋼製の金型で加工できないためだろう。コストもリーズナブルで大きなものが普及していかないと、マニアックな世界のままで終わってしまうだろう。超硬で金型を作るって?素材費が桁違いに高く、曲面で構成される大きな切削除去体積をどう処理する?ハイテンがなぜ普及したのかを調べてみることだ。つまりはいつの時代も工具鋼が素材普及のキャスティングボートを握っているということだ。

投稿: 金属プレス技術屋 | 2013年8月14日 (水) 16時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190701/51305997

この記事へのトラックバック一覧です: 隠蔽配線:

« 自転車にPND | トップページ | 楽しさ広がるチャリナビ »