« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月の投稿

2011年5月31日 (火)

新しい家族 名前はまだない

 長年一緒に暮らしてきたインコが2月に死んでしまった。おしゃべり上手な手乗りで、家族の潤滑油であり癒してくれるアイドルでもあり、時には鬱憤のはけ口になったりと、小さいながらもその存在は大きかった。いなくなってからというものの帰ったとき迎えてくれるものがないというのは何か淋しく、家の何処かに穴が開いたような・・・ 四十九日も済んでようやく新しいペットを迎える気持ちになりあれこれ探してしていた。

 哺乳類系は最初から念頭にない。鳥は日中留守がちでも平気、一週間程度の留守番にも耐えるし、毎日朝晩の散歩も要らない。夜でも寒くても雨や雪が降っても家の中で遊べる、だから次に迎えるのも当然「鳥」と決めていた、それも子供の頃からずっと飼っていた「インコ類!」 しかし先日亡くしたインコのコピーはNG。似ているとつい前の子と比較してしまうだろう。だから違う種類ということで相談の結果、オカメのクリアパイドかオキナの手乗りを探すことにした。春先は何かと忙しく、ようやく先日目星をつけていたペットショップを訪れそこであれこれ見せてもらった。インコオウム類の専門店というだけあり、大型から小型までなかなか見る機会がない種類も多い、セキセイにも可愛いのがいたり、当然目当てのオカメも何種かいたが、目移りばかりして決め手となる印象の良い子が見つからない。あと一週間もするとまた孵化した雛が数多く出せるというが、折角休みをやりくりして遠方までやっときたのだからどうしても今日決めて連れて帰りたい。かといってカンタンに決められるものでもないが、そんな中で少し変わった派手だが人懐っこいインコが目にとまったeye

Dsc02012  それはゴシキセイガイインコ(五色青海鸚哥)という種類。オーストラリアやインドネシア、ニューギニアなどに分布する中型インコで名前どおり5色?の派手な極彩色ともいえる色合い、英語ではレインボー ロリキートと名付けられているから七色か? 頭は青、首が黄色で胸は赤に黒の縞模様。背中がグリーンで嘴はオレンジととにかく派手で目立つ。シンガポールで生まれて輸入され、生後8ヶ月という。手を差し出すと擦り寄って?きてheart01、くちばしから長い舌をだして指をペロペロと舐めてくるheart02。おしゃべりも少し出来ると説明されたがあまり聞き取れない。ボタンインコ類のように目は大きく印象的だが、ボタン類に比べ多少目つきが鋭い気もするが、弄っているうちなんだか愛嬌好しで可愛く思えてきた。今まで飼ったことのあるインコと違ってこれは果実が主食。しかし、今は果実に変わる人工ペレットがあるから毎日果物ばかりをやることはないという。手に乗せていると次第に情も沸いてくるheart04。決めていた種類じゃなかったが、なぜか次第に「この子!」という気がしてくる。結局相方と相談のうえこの子を引き取ることにした。当然一般的なインコと比べたら当初予算を遥かにオーバーsweat01 (*_*; しかし、長い付き合いになる家族になるのだから仕方あるまい。 雨の高速を飛ばし、家に連れ帰り仮の新居に移したが、慣れない環境のためかやけにおとなしく、その晩は早めに寝かせてやった。

 この種の中型インコは知能は3歳児並み、人を見分ける能力もあり自分の名を自覚し呼べば来るし返事も出来る、頭が良いから教えたら多少の芸だってこなす、それなりに覚えるので教えがいもある。だが感情は2歳児並みだというから聞きわけがないヤンチャで手もかかるだろう、。果実が主食だから軟便で糞の世話が大変など多少の知識はあったがいざネットでいろいろ調べると、皆さん予想以上に糞に関しては餌など工夫しフン闘しつつ苦戦している様子だ。実際、穀物食のインコは体臭もウンチも淡い穀物の臭いがする。しかし、この子のウンチは、餌のせいもあろうが明らかに南国の果物臭のような甘ったるいような臭いがするのだ (>_<) 、ビチャッとした糞は確かに気持ちがいいものではない。多少気になるといえばなるがあくまで個人の感じ方次第。しかしその辺りをもっとよく調べて飼えば良かったという淡い反省もあるがもう手遅れだ ^_^; 。手の掛かる子ほど可愛いというがそんな欠点を別にして、その馴れようは手足にまとわりつく犬猫に近いというし、派手な色と玩具で遊ぶ微笑ましい仕草はそれを上回る魅力でもある。寿命20年というからこれから長い付き合いになる。ひょっとしたら飼い主を上回ったりして・・・^_^;。

 翌日は新しいケージの準備をしたり、少しでも臭いを和らげようとペットの消臭シートやおもちゃを買いに行ったりと、まるで孫の世話をするようでつい出費も重なる(*^_^*)。 「今からこんなじゃ本当の孫が出来たらどうなる?・・・」と思わず相方と苦笑い (~_~;)  ケージから出して遊んでると(遊ばれてかも)、小さい体の割には普段の動作がノッソリで遠くに行かず人間の手元足元へ内股気味に歩いて来てじゃれる仕草がいい、注意していないと思わず踏みつけてしまいそうだ。でもまだ新しい里親や環境に馴染んでいないので、手を差し出しても舐めたり甘噛みするだけで積極的に手に乗ってはこない。新しいヤンチャな家族を迎えたアラ還夫婦の子育て奮闘はこれから当分続く。 そうそう、名前を決めなくちゃ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月25日 (水)

老眼鏡

 老眼鏡をカッコつけて「シニアグラス!」とか云うと、いかにもダンディなオッサンが掛けていそうなものに思えてくる。パンツはブリーフでズボンがパンツと最近はどうもややこしい^_^; 田舎モンのアラ還オヤジにとってあくまでもサルマタがパンツでズボンはズボン!、シニアグラスだって老眼鏡だぁ!!

 そんなオッサンが最近テレビで見た老眼鏡が、いかにも便利そうで気になって仕方がなかった。それはNHKBSの番組「にっぽん縦断・こころ旅」で俳優の火野正平さんが掛けているピンクの「老眼鏡!」。一見すると首に掛けているときは普通にメガネストラップを使っているように見えるが、外す時は魔法のようにパッと外れて首からブラ下がる。何度見てもその仕掛けが判らず、番組内容よりメガネの掛け外しに注目していた(*^_^*)。そのうちどうもメガネの鼻に掛ける部分がカチッという音とともにくっついたり離れたりという仕掛けのように見えた。

 この歳になると手元作業をする時も、読むにも書くにも老眼鏡は欠かせない。しかし離れたものを見るときは全く不自由ないので外している。頻繁に掛け外しするものだから、直ぐに何処に置いたか忘れてしまう。そこでメガネストラップを付けて首からぶら下げるのだが、これがどうも使い勝手がすこぶる悪い。下を向いた仕事をすると視線の先でブラブラして邪魔になるし、重いものを抱えて運ぶ時にメガネを変形させて壊してしまったことも度々。作業中にメガネがずり落ちて焦点が合わなくなったり、額の上に掛ければずり落ちてしまう。ストラップをギリギリ短くしたら掛け外しが不自由だし、テンプルの幅を狭くしたら頭痛とどうやっても具合が悪かった。そこで件のメガネ。番組で見るかぎりこんな悩みが解消する良いものに違いないと思えてくる。

Cler_gray  早速「火野正平・メガネ」のキーワードで検索したら即ヒット!全くこんな時にインターネットは便利だ!! 斯くなるものの正体はメガネのツルの部分が後ろでつながり、鼻掛けのところが磁石でくっついたり離れたりという仕掛けの「クリックリーダー」なる老眼鏡だった。芸能人やハリウッドセレブもご愛用という触れ込みの割にはそのお値段は定価7350円と案外リーズナブル!。しかしデザインはともかく、その色が「いかにも・・・?」って派手な感じで田舎モンのアラ環オヤジに似合うかどうか? で~、早速最安値の調査を開始したら、何と「4000円弱!」を発見。この値段なら駄目元と奇抜な色は避け、中でも地味そうな色あいを選んでオッ家内の分と2本を直ぐに注文すると翌日もう手元に届いた。印象といえば、特にセレブや芸能人御用達の高級感が漂うわけでもなく、割合チープな感じでメガネとしては平凡だが、後ろが繋がっているところだけが奇抜な感じだった。早速鼻のところの磁石をくっ付けたり離したりすると、カチッ!カチッ!と心地良い音とともに中心がずれることもなく意外にしっかり繋がってくれる。クリックリーダーと言うだけにその音はマウスのクリック音にも似ている。早速掛けてみれば想像どおりのフィット感、下を向いて首を振っても全くずり落ちることもない。外して首に掛けてもストラップと違って首からぶら下がってますって云うブラブラ感が無く、下を向いても視界の邪魔にならず使い勝手がすこぶる良い!。これからはもう首から下げることを嫌って畳んでポケットに入れたり、あっちこっちにメガネを置いておくこともなくなるか。首から下げたままドロップハンドルの自転車を漕いでみたがメガネが動くこともないしブラブラもしない。「これは良さそう!」という印象はあの番組で感じたそのままである。芸能人の持ち物に憧れたりなんて全く無縁のオヤジだが、こいつはいい!scissors 今まで何本も買った老眼鏡の出番がなくなり、仕事にも遊びにもこいつが常に付いて廻りそうだ。今度からこれだけはシニアグラスと呼ぶことにしようか、そして今度は遊び用にもう少し派手目のものをもう一本なんちゃって(*^_^*) 

 それからぁ~、芸能人の真似って云われそうで何んなんだけど・・・実は今まで自転車に乗るときはヘルメット姿だった。でもバリバリのローディって訳ではない、昔スタイルのいわゆる旅自転車乗りでした。それで何となく違和感を持ちつつもヘルメット着用でツーリングを楽しんでいたのだ。買い物や通勤など街乗りにもヘルメットが必要ってことは判っちゃいるけど、ヘルメットかぶって街を走るのは大仰で似合わない。そこでロードサイクルに乗る時以外の旅や日常は簡易ヘルメット=カスクに替えた。そんな折にこの「こころ旅」って番組で主役がカスクを着用!加えて今度はクリックリーダー!。誰が見ても「これ真似じゃん!」って思われそうなのは癪、そんなにミーハーじゃないんだが・・・、しかしそう云やぁ火野さんとは歳はタメ、坂道を自転車で登るヘタレ塩梅も似たり寄ったりかぁ?? で誰が見たってミーハーなスタイル真似にしか見えない! いくら違うと言い訳したところで「公共の電波に乗った有名人の勝ち!」ってとこで諦めるしかないなぁ~(~_~;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月13日 (金)

またバッテリーが・・・

 mobilephone携帯をcameraカメラ代わりにいつも持ち歩くようになって、car出先のあっちこっちでふとeye目に付くことがある毎にシャッターを押している。殆どがfuji風景やtulip花やchick鳥であったり、スナップであったり、物の構造、デザインなどmemoメモの代わりに撮った画像が溜まっているが、それを活用することはあまり無い。おびただしい数の中には変なものや気持ち悪いもの、何を撮ったかすら判らないものまであり大半は消去される運命だが・・・。

Dsc01982  先日の休みの日、久し振りに山菜を採りに山に入った。若葉と残雪が青空に映える中を心地いい気分に浸りながらheart041時間ほど里山を歩いていたらとあるブナ林に行き着いた。ここは以前至近距離でカモシカに遭遇し、ケータイのカメラに収めた場所であった。モシカしてまたそこらにいるのではないかと淡い期待を持って林の中を歩いていたら、足元に動物のフンが・・・ しかし、それは明らかにカモシカのものとは違っていた。この辺りによく出てくるタヌキのものでもない。直ぐ近くの杉林の中にはいわゆる「タヌキの溜めグソ」といわれる大量のフンの山があったからタヌキではないだろう、狐など犬の類の糞やウサギのものとも異なる。さてこの辺りにいる哺乳類と云えば??そこでふと思い出したのが「熊!」確か熊の糞はこんな形であったような??? 辺りの残雪の上を注意深く歩いて探したが雪は硬く締まって足跡らしきものは見つからない。とそんなとき突然ブナの若葉をザワザワ鳴らす風が吹き、陽が翳ってきたら何となく気配というか怪しい雰囲気を感じた。もうそれからは熊のことが頭から離れない!! そういえば昨年の秋に、この近くに熊が出没したことも思い出した。もう一目散に山を降りたことは云うまでもない。

 てな訳で、事ある毎に撮り溜めた変な写真は増える一方だが、さりとてどうするわけでもない。便利な携帯の写真機能は、GPS機能が撮った場所や日時など画像データなどに加え、被写体の色形までその場限りの記憶をチャンと残してくれている。しかし、如何せんただそれだけであとはパソコンのデータの山に埋もれてしまっている。いつかこの興味の種をもう一度まとめて調べてみよう。

Dsc01986  昨日は、とある海に近い高さ90m程の鉄塔に上って仕事をしていた。天気は良いし眺めは最高! 半分は青い海、あとの半分は新緑の街並みの向こうに残雪の山々の大パノラマ。360°の展望が広がり足元さえ見なければ思わず高所の恐怖を忘れてしまう。そんな現場の休憩時間に何枚かシャッターを押して、ふと足元を見たら・・・ そこには首だけの鳥の頭部が転がっていた。首の部分だけ刃物で切り取ったようにばっさり(*_*;  嘴は黒っぽく目はまだ生きているようにみずみずしいから多分死んだばかりであろう。鮮やかなミドリ一色の羽毛のその頭は、さながらメジロを思わせるが、大きさといったらそれはメジロよりはるかに大きく、ムクドリより更に大きくさえ見える。気持ちが悪いというより「どうしてこんな高いところに?」って云う興味の方が大きく、思わず一旦しまった携帯をまた取り出し構えたら・・・ バッテリーの充電サインが出てシャッターが切れない Orz  こんな肝心なチャンスに限っていつもこうである (>_<) 今まで何度こんなことがあっただろうか。ありえない場所に転がった鳥の頭部、猛禽にでも殺られ空から降ってきた?。さてその頭の持ち主の名は?? 興味と想像力は尽きないがそれをポケットに入れて持ち帰る程の探求心もなく、あとで調べるための証拠写真は撮れず真相は闇の中! ひょっとしたら日本でまだ未発見未確認の新種だったりして・・・(*^_^*)

 これからは毎晩必ずケータイは充電しておこうと反省しきり(*^_^*)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 7日 (土)

また1台・・・ (*^_^*)

 趣味の域なんてとっくに越えてしまい、今や道楽となってきた自転車。走りじゃなくて収集が・・・^_^; これまで40数年間で何台出入があったかなんてもうすっかり忘れてしまった。高価とか希少価値なんて全く無縁、気に入ったものは乗らなくても捨てられず、その数は年を追う毎に増加傾向を辿る一方だ。傍から見たら手入れもしていない汚いものばかりでまるでガラクタの山。家族の分を含めたらロード系、ランドナー、スポルティーフ、MTBから小径車まで、様々な車種が車庫や物置に溢れていた。と云いつつもまた1台また1台とあれこれ屁理屈をつけては少しづつ増えた数は16台。それでも未だ欲しいモノが・・・ 以前乗っていたオリジナルのパーツと塗装で組み上げたお気に入りの買い物専用車を廃車にしてからというものの、似たものが欲しいという欲求がずっとくすぶっていた。しかし、ここまで数が増えたら、このうえ更にもう1台を増やすことは大きなためらいがあった。それでも今の歳を考え「小径車に大きめの籐かごを付けた渋目の色合いのフレーム、気軽にサンダル履きでも乗れるオリジナル自転車」は憧れ!。市販の自転車にはなかなか気に入ったものがなく、そのうち気に入ったフレームが見つかったら是非組んでみたいと思っていた。そんな矢先、先月29日だったろうか、昨年放映されたtvNHKテレビ「地球イチバン:自転車の街 グローニンゲン」の再放送があった。

世界でイチバン自転車の保有率が高い街、オランダ・グローニンゲン。人口よりはるかに多い30万台の自転車がひしめく街には、ビックリ自転車がいっぱい。ウェディング自転車、箱つき自転車、鳥かご自転車などなど…。街の中心部は車禁止の自転車天国。街中には200kmにわたる自転車専用道が縦横無尽に走ります。「街を居心地の良いリビングルームにする」というモットーの下、人々は車に頼らず、自転車ライフを楽しんでいます。
                                                                                        以上NHKのサイトから引用

 オランダは自転車先進国というイメージはあったが、この目で確かめたくて番組後にグーグルマップでグローニンゲンの街にたどり着くと、上空からは市街地にはすごい数の駐車場が目に付く。しかし街中のクルマがやけに少ない。ストリートビューで街に降りて眺めればそこはテレビで見たとおり自転車が溢れクルマは殆ど走っていない! おまけにいたるところに駐輪場が・・・小洒落たオープンカフェにレストラン、街路は花や緑が溢れまさに「街が居心地の良いリビングルーム」となっていることを実感できた。そしてその自転車はといえば、日本では殆ど見られないくらい大き目の箱やカゴ、バッグなど付けたものが大半。自転車が移動と運搬の手段として、まさに生活の道具として立派に役立っている姿を見ることが出来、自転車乗りの端くれとしてそこが理想郷に思えてきた。
 さて、我が街が少しでも彼の地に近づくため、独りよがりでも「普段からもっと自転車を使わなくちゃ!flair」と思い立っては見たが、我が家はあれだけ数ある中、いわゆる普通の自転車がない (*_*;  彼の地の真似をするはそれなりのモノが無くっちゃ話にならない!!。スポーツや旅の手段や道具、収集品としての自転車はあるが、遅まきながら日常の足としての自転車は皆無であり、移動や運搬はクルマやバイクに頼り切っていたのだったことに気が付いた。

 そんなテレビ放映がきっかけで新たに理想の1台が欲しいという欲求がムズムズと広がってきた・・・ それからというものの、何日も自転車関係やオークションサイトを見るとは無しに彷徨っていると、ベースになりそうないくつかの車種が候補に挙がってきた。それは値段もそこそこ、手ごろな価格で落札されている。それを見るにつけあれこれ妄想は広がるばかり。
 そしてある晩の事、寝る前に「これは??」って云う1台が全く入札も無く、程なく時間切れを迎えようとしていた。大概は入札期限直前にあれよあれよと言うほどに値上がりするのが相場、この価格じゃ絶対落ちないと言う安心感から冷やかし半分で開始価格のままdollar入札しそのまま寝てしまった。翌日の晩になってメールを開いたらそこには「おめでとうございますup、あなたがbell落札しました!」って、さて困ったdown。破格の値段で落ちたとは云えこの上また1台ってどうしよう・・・(~_~) 落札なんてオッ家内の許可も得ていないし、小遣いが乏しい月末でもあったし、どう言い訳して、僅かな金額をどう工面したらよいか?sweat02・・・ (~_~;)  

 そんな悩みを何とか乗り越え、我が家に新たな17台目の自転車がやってきた。20インチの少しくすんだ空色の自転車。曲がりなりにも自転車が趣味のアラ還夫婦だから、いわゆるママチャリ然としたモノにするのは許せない。気軽に乗れる買い物チャリの中にも少しはスポーティな雰囲気を取り込みたい。さぁ、こいつをこれからどう調理しようかrestaurant とりあえずあっちこっち磨いたり整備したり、先ずはヘたったタイヤ交換から。街乗り専用としてのデヴューはもう少し先になる。完成のあかつきはわが街にもグローニンゲンの第一歩が・・・ 改装などその間のプロセスはいずれブログで・・・  しかし、もうここまできたら20台が目標sign03good そのうちにレンタサイクル屋でも始めようか・・・なんちゃって(^^)v  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »