« また1台・・・ (*^_^*) | トップページ | 老眼鏡 »

2011年5月13日 (金)

またバッテリーが・・・

 mobilephone携帯をcameraカメラ代わりにいつも持ち歩くようになって、car出先のあっちこっちでふとeye目に付くことがある毎にシャッターを押している。殆どがfuji風景やtulip花やchick鳥であったり、スナップであったり、物の構造、デザインなどmemoメモの代わりに撮った画像が溜まっているが、それを活用することはあまり無い。おびただしい数の中には変なものや気持ち悪いもの、何を撮ったかすら判らないものまであり大半は消去される運命だが・・・。

Dsc01982  先日の休みの日、久し振りに山菜を採りに山に入った。若葉と残雪が青空に映える中を心地いい気分に浸りながらheart041時間ほど里山を歩いていたらとあるブナ林に行き着いた。ここは以前至近距離でカモシカに遭遇し、ケータイのカメラに収めた場所であった。モシカしてまたそこらにいるのではないかと淡い期待を持って林の中を歩いていたら、足元に動物のフンが・・・ しかし、それは明らかにカモシカのものとは違っていた。この辺りによく出てくるタヌキのものでもない。直ぐ近くの杉林の中にはいわゆる「タヌキの溜めグソ」といわれる大量のフンの山があったからタヌキではないだろう、狐など犬の類の糞やウサギのものとも異なる。さてこの辺りにいる哺乳類と云えば??そこでふと思い出したのが「熊!」確か熊の糞はこんな形であったような??? 辺りの残雪の上を注意深く歩いて探したが雪は硬く締まって足跡らしきものは見つからない。とそんなとき突然ブナの若葉をザワザワ鳴らす風が吹き、陽が翳ってきたら何となく気配というか怪しい雰囲気を感じた。もうそれからは熊のことが頭から離れない!! そういえば昨年の秋に、この近くに熊が出没したことも思い出した。もう一目散に山を降りたことは云うまでもない。

 てな訳で、事ある毎に撮り溜めた変な写真は増える一方だが、さりとてどうするわけでもない。便利な携帯の写真機能は、GPS機能が撮った場所や日時など画像データなどに加え、被写体の色形までその場限りの記憶をチャンと残してくれている。しかし、如何せんただそれだけであとはパソコンのデータの山に埋もれてしまっている。いつかこの興味の種をもう一度まとめて調べてみよう。

Dsc01986  昨日は、とある海に近い高さ90m程の鉄塔に上って仕事をしていた。天気は良いし眺めは最高! 半分は青い海、あとの半分は新緑の街並みの向こうに残雪の山々の大パノラマ。360°の展望が広がり足元さえ見なければ思わず高所の恐怖を忘れてしまう。そんな現場の休憩時間に何枚かシャッターを押して、ふと足元を見たら・・・ そこには首だけの鳥の頭部が転がっていた。首の部分だけ刃物で切り取ったようにばっさり(*_*;  嘴は黒っぽく目はまだ生きているようにみずみずしいから多分死んだばかりであろう。鮮やかなミドリ一色の羽毛のその頭は、さながらメジロを思わせるが、大きさといったらそれはメジロよりはるかに大きく、ムクドリより更に大きくさえ見える。気持ちが悪いというより「どうしてこんな高いところに?」って云う興味の方が大きく、思わず一旦しまった携帯をまた取り出し構えたら・・・ バッテリーの充電サインが出てシャッターが切れない Orz  こんな肝心なチャンスに限っていつもこうである (>_<) 今まで何度こんなことがあっただろうか。ありえない場所に転がった鳥の頭部、猛禽にでも殺られ空から降ってきた?。さてその頭の持ち主の名は?? 興味と想像力は尽きないがそれをポケットに入れて持ち帰る程の探求心もなく、あとで調べるための証拠写真は撮れず真相は闇の中! ひょっとしたら日本でまだ未発見未確認の新種だったりして・・・(*^_^*)

 これからは毎晩必ずケータイは充電しておこうと反省しきり(*^_^*)

 

|

« また1台・・・ (*^_^*) | トップページ | 老眼鏡 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190701/51657782

この記事へのトラックバック一覧です: またバッテリーが・・・:

« また1台・・・ (*^_^*) | トップページ | 老眼鏡 »