« MV1、街乗り専用カスタマイズⅠ | トップページ | ハギレで »

2011年6月11日 (土)

MV1 街乗り専用カスタマイズⅡ

Dsc02024Dsc02023  街乗り専用プチ個性化第2弾!、続いては夜のシティライドに備えた装備。カゴに改造資金をつぎ込んだため、前照灯はHCで買った安物LEDライト980円也、値段の割には結構明るいshine ついでに小さいチンカンベルも追加。リア反射鏡の取り付け場所はありきたりのシートスティからシートポストへ移動。リフレクタの取り付けステーは黒くて面積が大きく見た目が重苦しいので取り去り、反射鏡部分のみ裏側を適当にヤスリで削り、シートポストのクイッククランプの隙間に差し込み共締めとする。これで多少スッキリ感が増した気が・・・。リフレクタだけでは後ろの安全は心もとないので、赤色LED点滅ライトを付加。 これも経費節減のためブランド品のCAT-EYEは諦め、例によって100均!! たった100円とはいっても単4電池2本使用で5LED、点灯・点滅は7パターンで小型軽量の本家猫目にも劣らないスグレモノ!他の自転車でも何個か使ってるがこれまで故障知らずの信頼性! ただ本体が値段以上にしっかり出来てるにもかかわらず、取り付けステーが如何にも弱弱しくチャチで安っぽい(~_~;) まぁここら辺りが100均らしいところでしょうか。 しかし、取り付け場所に合せたそれなりの改造を施せばCAT-EYEを越えないまでも「猫目代用」には充分なりますから・・・ 改造品の取り付け位置は、シートポストに付けることも考えたのだが、出来るだけサドルに近いほうがサドルと一体化して見えるようサドル直下。

Dsc01992

Dsc01987_2  先ず本体の蓋を開け(画像左)LEDライト部分の矢印ネジを2本を外す。それにしてもライトの回路基盤はたったこれだけeye ライト上の小さいネジは既存のステーを支える小ネジですから外します。画像右のように、フラッシュライト背面の凹凸はヤスリで削り平らにしてアルミステーが密着するようあらかじめ平らにしておく。3t×25ミリのフラットバーを折り曲げ、現物合せで長さを決めカットしたものを作って矢印部分に穴を開け、それにあわせフラッシュライトにも矢印穴を開け適当なネジで固定し取り付けステーとする。LEDライト部を元の位置に戻します、この100均フラッシュライトの場合、ステーを固定するため新たに付けたネジ頭は裏蓋内側とラ基盤の間に空間があるため干渉することはないのでカンタン。これらを全て組み立てる。何のことはない、電池を入れて蓋をパチンと戻すだけ(*^_^*)

Dsc02022_2Dsc02021_3  MV1への取り付けは、サドルの下面にあるサドルの前後や角度を調整するネジを一本アーレンキで緩め、僅かな隙間にフラッシュライトに付けたアルミステーのU字切り込みを差し込んで共締めするだけ。この時、隙間のサイズに合わせステーの幅や厚みを若干調整しないとサドルがしっかり固定できない。厚過ぎるとサドルがグラグラ、薄くしすぎるとフラッシュライトがグラグラ。サドルクランプの隙間寸法より気持ち厚目にステーを削って締め込めば、アルミは軟らかくて喰い込むのでガッチリ固定される。製作は寸法など最初から決めず、アルミフラットバーは長めのものを折り曲げ、フラッシュライトやサドルにあてがいながら角度や長さを決めていくという、いつものようないい加減な現物合せ作業でした・・・(*^_^*)  ここまで終わった時点で当座の軍資金が尽きてしまったので資金調達まで少しの間お休み(*^_^*)  次の計画はサドルとハンドルグリップの交換!ペダルもアウターワイヤも替えたいし・・・。それまでの間はどんなカラーコーディネートにするかイメージを膨らませ夢を見ていましょう。中古車体価格に見合ったケチケチ改造は続きます・・・paper

|

« MV1、街乗り専用カスタマイズⅠ | トップページ | ハギレで »

手仕事・工作」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190701/51905140

この記事へのトラックバック一覧です: MV1 街乗り専用カスタマイズⅡ:

« MV1、街乗り専用カスタマイズⅠ | トップページ | ハギレで »