« ゴリラ/インダッシュ風取り付け:partⅠ | トップページ | 微細な粒子の種を撒く »

2011年9月13日 (火)

ゴリラ/インダッシュ風取り付け:partⅡ

 先日のインダッシュ風partⅠに続くpartⅡ。最初はカーナビの電源コードをダッシュボードに内蔵するなんてダッシュパネルを外さなきゃ絶対できないから、これから先はプロに任せようと考えていた。しかし、便利な時代になったもので、知りたいことはネットで調べれば何だって書いてある。ワゴンR系のダッシュパネル脱着方法も図解でいろいろ出ている。そしてあるサイトを見ていたら意外に簡単に外れそうな気がしてきた。これで全部自分でやることにようやく踏ん切りをつけることが出来た、もうここまでやったらトコトンやるしかない。

 先ずゴリラの電源コードをシガープラグを使わずに電源と直結する方法・・・。最初は適当な位置で電源コードをチョン切って電源につなげば良いという安易な方法で考えていた。ダッシュボードの外し方も判ってなんとか外せそうだからコードも隠蔽出来るだろう。ところがここで難問発生。よく調べたら、ゴリラの電源は5v、これを12vの回路にそのまま直結したらヤバイことになっていかも?・・・。大きいシガープラグの中には電圧変換の回路が仕込んであった。電気知識に乏しいオイラにとって、これを高等な技術でクリアするなんて芸当は到底できない(T_T)。

  思案の末、本来のコードは切らずにシガーソケットの接点にコードをハンダ付けして電源に繋ぐのが最も簡単な方法だということに気がついた。こうすればソケット内蔵の電圧変換回路を生かすことで12vを5vに変換する回路を考えないで済む。新たに短いコードを用意しハンダゴテでシガープラグの接点につなぐだけだから簡単な作業だった。接点にハンダゴテで線をつないで露出している部分は絶縁ビニールテープで巻いて置こうかと思った。しかし、長い年月の間に見えないところで粘着力がなくなって剥がれショートでもしたらヤバイし、見えない部分だがビニールテープで巻いただけでは素人っぽくて見栄えも悪い。そこで適当なものを探しに近所のホームセンターへ。 

Image2639Image2640 電材コーナーを探していたら良いものが見つかった、ワニ口クリップカバーという。これがシガーソケットの差し込み部分にジャストフィット。かなり力を入れないとはめられないほどキッチリサイズだから簡単には抜けない、コードが出てくるところも密閉できる。コードを抜き出して差し込んでみたら見た目もスッキリ!でもどうせ見えなくなるところだがやはり見えないところにも拘りたい。これで終わりと仮に電源につないでみたが・・・???ハテ?電源がハ・イ・ラ・ナ・イ??? 何でだろ? 電源コードをいじくり回しているうちに断線でもしたんだろうか心配になり、テスターを引っ張り出して点検したが、コードも電源も異常なし??困り果ててしまいここで一日休憩。翌日改めて色々調べたら、な、何とシガーソケットに接するマイナス側接点は片方だけマイナスに接続し、もう一方はダミーであった。このダミーに接続たのでは電源が入らないはずだ。気を取り直して反対側の接点にハンダ付けをやり直したら、今度はバッチリうまくいった。

 さて、次はダッシュパネルの脱着。ネットで調べたことなど参考にネジを何本か外した後は隙間にマイナスドライバーのようなものを差し込んで下側から順次こじ開けて行くのだが・・・ 養生テープを貼ってやれば傷が付かないことは百も承知だが、面倒くさいのでそのまま養生無しで無理やりコジッて外したら案の定表面に少しだけ傷が付いてしまった。工賃惜しさにやったことだし自分のクルマだし、自業自得だから文句は言えない。あとは外れたダッシュパネルの裏側にコードを適当に通し、1DINボックスの繋ぎ目の一部を削った隙間から電源プラグを引っ張り出した。電源コードのプラス側はコードシガーソケット裏側のACC回路に配線コネクタを使って繋ぎ、マイナス側は灰皿を固定しているネジに噛ませ電源接続はおわり、全て正常に動作することを確認。余った長い電源コードは畳んで束ね見えないところに固定。ダッシュパネルをもとに戻したらポータブル形ナビのインダッシュ風取り付けは全て完成。電源コードが見える部分はナビ本体から出ている3センチほどだけである。しかし、あくまでも内蔵風なのでナビ本体はリリースボタンを解除するだけで直ぐ外れる、残るものは全てダッシュパネルに内蔵されているので見えるのは電源コード先端から3センチ程だけである。

Image2883  パーキング解除は定番中の定番、2.5㎜のなべネジを13㎜にカットして解除コードを差し込むソケットに挿し込むだけ。最初一発で解除が出来なかったがよく見れば1㎜ほど差し込みが足りなかっただけであった。ネジ頭までキチンと挿し込めば簡単に解除できる。ついでだが、ネジ頭が光っていてなんとなく目につくので、もう一度抜き頭をつや消しブラックでスプレー塗装。今度は全く目につかない。最初はダッシュパネルを外す方法が判らないのでデーラーに依頼しようと思ったのだが、ネットで調べたら意外に簡単に外し方が判った。それでもパネルを傷付けたり割ったりしないか心配でなかなか作業に取りかかれなかったが、案ずるより産むが易しであった。

 欲は次第に湧いて出てくるもので、ハザードスイッチの上の部分にベースのアタッチメントが当たってナビ本体が手前に出ているのが気に食わない。今の方法でこれをクリアするには全体を上に上げるしかない。そうすると下に飛び出た部分が邪魔をして画面が上がりすぎる。やっぱりナビ本体裏の溝に合わせたアタッチメントから自作するしかないのかなぁ。とりあえず次の仕事はワンセグシールアンテナやVICSアンテナをつけてコードを内蔵することが先。ワンセグアンテナもできれば自分で作ってみたい。これも自作した人がいるというから世の中すごい人がいるもんだ。やりたいことは次から次できりがない。(^^ゞ

|

« ゴリラ/インダッシュ風取り付け:partⅠ | トップページ | 微細な粒子の種を撒く »

手仕事・工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190701/52685591

この記事へのトラックバック一覧です: ゴリラ/インダッシュ風取り付け:partⅡ:

« ゴリラ/インダッシュ風取り付け:partⅠ | トップページ | 微細な粒子の種を撒く »