« 2011年9月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年1月の投稿

2012年1月24日 (火)

自転車で動画 ②テスト

 自転車にデジカメを載っけて動画を撮影するとしたら、まさか片手ハンドル運転しながらでもう片手でカメラ持って撮影するわけにはいくまい。超小型カメラならヘルメットに取り付けるという手もある。だがヘルメットに固定して撮った映像を見ると、あっちこっちキョロキョロ、坂道で喘いでいる時などカメラと頭の動きと一緒だからその映像も激しく動いて、テレビを見ていて酔ってしまいそう。それでは自転車に直接固定したらどうか・・・まず一番心配なのはその振動。デジカメは精密機器だからサスペンション機能がない自転車の振動の影響が心配、ましてタイヤが細くて硬いロードタイプの自転車の場合、地面からの振動が激しく、長時間カメラが耐えられるかどうか判らない。この点を知りたくていろいろググって、チャリ動画をいろいろ見たが使ったカメラまで判るものは何もない。こうなったら自分で検証するしかない (~_~;)。

 とりあえず手持ちのミニ三脚にデジカメを取り付け、ママチャリのハンドルに三脚を粘着テープで簡単に固定し、近所を走って撮影してみた。再生してみると、とにかく微振動でカメラがブガタガタ小刻みに振動し、その映像はブレっぱなしで見るに堪えない映像であった。原因は使ったカメラ自体が160gほどあることが原因のようだ。軽ければ振動も受けにくいだろうと、試し以前使っていた100gほどのデジカメに載せ替えて撮影したら、振がは160gのカメラよりかなり少ない。だったら軽いほうのカメラを載せたら良いと思うが、こちらのデジカメは古いものだから電池の持ちが極端に短くなっている。そのうえ画像サイズが640×480と小さいから使う気が起きない。そこで重いカメラの取り付け方法をいろいろ試してみることにした。

 まずはカメラとハンドルの位置を出来るだけ近づけ重心を低くし、ハンドルステムとの固定は以前にも増してガッチリして撮影してみた。すると前より随分マシな映像が撮れるようになった。こうして撮った映像がこれだ 画面下にチラチラ見えるのはママチャリの前カゴに付いているカバー(^^ゞ 重心を下げるためカメラ位置を下げたので余計なものが映ってしまった。

映像はまぁまぁだが音声はNG。風切り音は「ゴーゴー」、それに混じって何か「カシャカシャ」と小さい音が連続して聞こえる。カメラを外して振ってみたら、レンズカバーのシャッターに遊びがあってそれが出す音だと判った。こればっかりはカメラの構造だからどうすることも出来ない。音さえOFFにしたら映像そのものは充分満足できる範囲。 さて、あとは粘着テープを使った間に合わせの固定方法ではなく カンタンに着脱できる方法を考えるだけ。どうやったらいいかは試行錯誤あるのみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月22日 (日)

自転車で動画 ①発端

 カメラがデジタルに変ってからは、自転車で旅に出かけると銀塩時代に比べ圧倒的に多い枚数の写真を撮るようになった。しかし、記録方式は変化しても所詮静止画だから、その場のカメラを向けた方向の一瞬を切り取るだけで、枚数だけ多くても臨場感には欠け、周囲の雰囲気や空気感まで感じられるいい写真をなかなか撮ることが出来ない。、これは単に腕のせいだけとも言えないかもしれない。

 もしこんな記録が動画なら音声が加わり、その場で感じたことや思っていることを音声として残すことが出来るし、周囲の雑音や会話も加わるから、何年経ってもその場の雰囲気や感触の記憶が呼び起こしやすく、静止画より伝わってくるものも多いのではないかと考えた。こう考思い始めたら自転車で出かける時はどうにかしてビデオカメラを持って出かけたくなる。だが、我が家にあるのは10年ほど前に買ったデジタルビデオカメラ。当時はミニDVカセットに記録する最小最軽量といううたい文句であったが、電池を含め使える状態で500gを超えてしまう。おまけに撮った画像を再生するにはビデオデッキがない今では、カメラ本体がないとテレビやパソコンで見ることさえ出来ないから困ったものだ。

 最近CATEYEからINOUという自転車専用の車載カメラが売り出され、新しモノ好きとして非常に興味をそそられた。これは走行中に一定の間隔で静止画を自動撮影したり、動画も撮れる、その上GPS内蔵で位置データまで記録として残るというから、食指を動かされてしまうのも当然。調べてると解像度が640×480というから、大型テレビで再生するには少し物足りないが、価格からして全体のスペックも我慢の範疇だろう。新たにこれを買うとして、他に比較の対象になるものはないだろうかといろいろ調べると、自転車やバイクで動画を撮れるものを同じ価格帯でいくつか見つけることができる。INOUと異なるのはGPS機能はないことだが、トラックログは既に持っているチャリナビのナブユーが記録してくれている。ナブユーで記録した位置情報と一般のデジカメで撮影時刻の記録は「」というソフトでマッチングさせてgooglemapに落として見ることが出来る。だから、カメラ自体にはGPS機能がなくても何とかなりそうだ。 専用カメラの購入候補は絞ってはみたが・・・ナブユーを買ったばかりだったし、それもまた新型のnav-u37が出たこともあって、その最新型が欲しいという果て無き物欲に駆られてしまうが、先立つものは乏しい(>_<)。

 そこで思いついたのは、今使っている普通のコンデジを利用すること。最近のデジカメはほとんどのものが動画を記録することが出来る。ご多分に漏れず我が家のコンデジもその範疇、おまけにそのサイズはHD1280×720とテレビで見るにも充分な大きさだ。こんな便利な機能使わわずにいることはない。デジカメの動画機能を使えばわざわざ2台のカメラを持ち歩くことも要らない。早速テストをしてみようといろいろ試して見ことにした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月15日 (日)

言い訳 ^_^;

全国各地は記録的な寒い冬となり、日々除雪に明け暮れる日々。冬眠してしまったわけでもないが、すっかり更新をサボっている (~_~;) ここらで気を入れなおして「ブログ再開~!」といきたいところだが、間もなく雪まつりの準備が始まるし・・・

 秋の頃から溜まっている書きかけの記事を手直ししながら、少しづつ更新していこうと思っている、だがこれがなかなか進まない。時期を逸した記事は削除するしかあるまい。もう一ヶ月は仕方がないが、ダラダラしているとこのブログが本当に死んでしまいそう。本格的な再開は2月の雪まつりが終わってからか!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 2日 (月)

新しい年が始まった

Image_4

 あけましておめでとうございます、本年もよろしくお願いいたします。

 気がつけばあっという間に2011年は過ぎ去ってしまい、新たな年が始まった。1月の豪雪に始まり、3月には大震災、その翌日未明の長野新潟県境地震、7月の集中豪雨と自然災害が集中したwave波乱の一年でした。今年こそいい年であって欲しいという願いを打ち破るように、元旦が始まって間もない時間に発生した地震は「油断をするな!」という警告だろうか。

 このブログ更新も昨年9月を最後に滞ってしまった。何かがあってという特別な理由もなく、ただ忙しさを口実の怠慢だった。何本かの記事は書き終え、いくつもの記事が書きかけのまま終わってしまった。まとめてアップロードしようと思いつつもつい越年(^^ゞ。とりあえずの更新が新年のご挨拶で始まってしまったという醜態。

 年々歳を重ねるうち、気力や根気が続かず体力の回復も遅くなってくる。昨年秋には腰に痛烈な「悪魔の一撃」を二度も喰らったbombbomb (>_<) 思い出したくもないshockがわずかの違和感でさえあのトラウマに捕りつかれる。他に何処もかしこも現れる加齢症状が。^_^; しかし、仕事をリタイヤするのはまだまだ・・・。趣味の手作り仕事も園芸作業にもなかなかまとまった時間が取れない。旅も自転車も1年二~三度が限界。もっともっとと思いつつ仕事優先のせわしない生活を抜け出せない。あれもこれもやりたいことが多すぎ、何一つ集中できないのは困った性。今どきの流行に遅れまいと焦りつつ、ツイッターやSNSに手を出したり、情報機器に振り回される生活。短文のツイート中心で、長い文章を書くブログはつい間が空いたり遅れたりと後回しになってしまう、つまり面倒臭いってことなのか?。

 今年は対外的には大地の芸術祭開催年に合わせ「ツールド妻有2012」の開催をはじめ他の自転車関連イベントがいくつか控えている。2月の恒例「雪まつりの雪像づくり」は数えて16年目、まもなく慌しく準備が始まる。私的には春には初孫が生まれる予定。特にこれといった目標も定めないまま明けてしまった2012年。新しい年は心機一転、健康に気をつけ、出来るだけ体力を維持するためもっと自転車bicycleにも乗ろう。何とか維持してきたキャンカーもかなりのご老体だから最後の花を咲かせてあげたい。春になる前にどこかへ出かけよう。それまではとりあえずスマホmobilephoneデビューでもして流行りにも乗ってみようか。そして肝心なこのブログ、少しずつ短くてもいいから定期的にpencil更新を続けていこう。アップロードできずに残ってしまった時季を逸した古い記事は、書き直したりしていずれアップしようと思います。ではpaper

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2012年3月 »