« トホホなスマホ・・・ | トップページ | 新品PCなのにリカバリ »

2012年3月28日 (水)

案ずるより生むが易し:軽トラ名義変更 

 軽トラは田舎暮しのDIYerや日曜百姓にとって是非欲しいモノのひとつ。「3ナンバーの高級車なんてクソの役にもたたん」なんていうと僻みにも聞こえるが、中途半端なワゴン車やピカピカ乗用車とは比較にならないほど実用的で、汚れやキズを気にせず惜しみなく使えるクルマというより道具だ。
 今までは長尺物を運ぶ時も臭い鶏糞や豚プンを運ぶ時も、無理して我慢してワゴン車で運んでいた。草刈機を積むときは、刃を前にしてもエンジンを前にしても、運転席にはみ出しておっかないことこの上ない。耕運機や除雪機も運べないことは無かったが、やはり軽トラの便利さには及ばない。薪ストーブの燃料や土の運搬は、親戚や知り合いからその都度トラックを借りていたが、使いたいときにいつでも使えないのはやっぱり不自由。少しぐらいボロでも「腐っても鯛は鯛」軽トラは軽トラ古くてもいいからいつかは欲しいと思ってもなかかなチャンスは巡って来なかった。

 ところがそんな憧れ?の軽トラを、ひょんなことから譲り受けることになった。すでに家族それぞれがクルマを持っていたから、維持費のことで大反対された。しかし、長年の夢だった軽トラの便利さは他に代え難いものがあり、年間に走る距離はわずかでも簡単には諦められず、なんだかんだあって渋々承諾というよりむりやり承知させて車庫に収まった。
 個人売買だから取引にかかわる手数料や経費は一切かからない、あとは名義変更など諸々の手続きをどうするか。付き合いのあるクルマ屋に何社か聞いたら、安いところで「6000円位かな?」とか「8,400円」とかはっきりした金額はそれぞれマチマチ。ネットで調べたら実際にかかる費用は100円以下で残りは殆んど代行業者の手数料らしい。以前「車庫証明」を自分で撮った経験があったので、今回はクルマの名義変更を自分でやってみることにした。我が家を管轄する届出事務所は家から片道40キロほどだから、半日あれば行って来れる。そんなことが判ったら自分でやって少しでも節約してみようという気になった。あらかじめ手続きの方法や書類の書き方などネットで調べてみたら、それぞれの地方でそれぞれ違っているみたいだが、概ねの流れは理解できた。
 

 しかし、今回は単なる名義変更ではなく、その前に所有権解除という、もうひとつ余計な手続きがあることが判明。ローンが終わった後も所有者は販売会社のままだったから、この所有権を解除してもらわないと名義変更が出来ないという。この2つの手続きが同時に出来るか、それとも別々にやるのかそこんとこが判らない?? 別々ならそれぞれにどんな書類が必要なのかネットの何処にも書いていない。とりあえず販売会社に行って所有権解除して欲しいと言ったら直ぐに捺印した必要書類を作ってくれた。あとは住民票と認印 前使用者の印鑑とか考えられるものはみんな用意し所轄の軽自動車協会へ出向く。
 3月末は月末と年度末が重なってとても混雑するということだったから、早めに家を出て受付開始前の事務所に向かった。まだ業務開始の少し前だったが、ドアが開いたので中に入り書類を取り出して案内窓口で必要な提出書類のことを聞いたら、受付の親切なお姉さん(少し無理のある呼び方だが親切だったのであえてそう呼ばせてもらいます(*^^)v)がテキパキと「これはいりません、これとこれとこれだけあればいいです」「ハイ認め印を貸してください」認め印を一つポン「検査証記入申請書が1枚35円です」と。三十五円渡したら用紙を取り出してここはマークシートだから鉛筆でと言いながら記入までほとんどやってくれた。「住所は住所コードの数字で」とかあれほど記入方法まで予習したというのに・・・。こっちがいかにも素人っぽいジイサンでモタモタしそうだとか、後に続く手慣れたみなさんの邪魔にならない配慮かもしれない(~_~メ)。 3枚の書類の記名欄のところにいくつか鉛筆で印をつけて、「ここに記入したらまたここにもってきて」という。 署名が終わって再び”お姉さん”とこへ行ってチェック完了。向かい側の窓口で再びチェックを受けたら。別棟の窓口に提出するよう言われた。ここまでの所要時間わずか5分!! 早ッ!!ちなみに後続の兄ちゃんには説明だけで書いてくれた風もなかった(笑)
 

 別棟の窓口のオジサンは打って変わって無愛想 ^^; 書類を受け取るとチラッと目を通し「少し時間がかかります! 550番です!」 エッ ゴヒャクゴジュウ? 何だろう? 550も待っている書類があるのか??(ー_ー)!! 聞き直したら「30分ほどかかります」と。他に行くところもないし仕方なく待合室で待っていると、次から次へと業界関係者らしい人の出入りが激しくなってきた。こうした人たちはあらかじめ提出した書類を受け取りに来ているのが大半のようだ。中には分厚いものを受け取って帰る業者もいる。奥では事務のオネーサン達が次から次と書類の処理を進めている。思ったより早く20分ほどで名前を呼ばれ新しい車検証を渡され「間違いがないか確認してください」「はいありません」・・・これであっ気なく終了 古いクルマだから取得税も不要、車庫証明もいらない、登録手数料も印紙もいらない。なんと早かったこと、これで晴れて軽トラオーナーになることができた。(*^_^*)

 しかし、一生懸命調べて予習までして行ったのにみんなやってもらったうえ、掛った費用がわずか35円では何か申し訳ないような気がしないでもない。考えてみれば往復の時間を時給に換算し、交通費や手間を考えたら5~6千円は妥当なのかもしれない。今回自分でやってみて(というより受付のオネエサンが親切でみんなやってくれたから)「案ずるより産むがやすし」という言葉どおりであった。同じ棟ではユーザー車検の行列が窓から見えた。見れば意外に素人っぽい人が大半。こんなに親切に教えてもらえるのなら、今度は他の申請手続きも車検も自分でやってみようかという気も起きてくる。そこまでとはいかなくても「車の名義変更」は自分で出来て呆気にとられるほど簡単だったということが分かったのは収穫だった。たまたま時間帯が良かったのかそれともいかにもミジメっぽい融通の利かなそうなジイサンと思われたのか、後に続いた若者には書き方の説明だけで代書までしてくれた風もなかった気がする。それぞれの管轄の軽自動車検査協会によって対応は違うと思うがやってみる価値はありますぞ!scissors さて次は何か格安の任意保険を探さねば・・・

|

« トホホなスマホ・・・ | トップページ | 新品PCなのにリカバリ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

道具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190701/54332262

この記事へのトラックバック一覧です: 案ずるより生むが易し:軽トラ名義変更 :

« トホホなスマホ・・・ | トップページ | 新品PCなのにリカバリ »