2011年9月21日 (水)

微細な粒子の種を撒く

 このところ園芸関係のことを書かなくなって久しい。なんとなく記事にしないだけで相変わらず「暇さえあれば庭仕事!」と言いたいところだが、この夏は暑さに負けて庭に出るのが億劫だったり、近頃は日が短くなって夕方帰宅後はもう暗くなってしまってと、庭からはつい遠ざかりがちであった。よく「蒔かぬ種は生えぬ」っていわれる、秋撒き春花壇の種を蒔く時期になっていたが時を逸しないようにとようやく一念発起!。

 何年か前までは袋の種は一粒も無駄にしないよう意地になって撒いた種を全部育てていた。1品種50鉢程でも撒いた種類を全て合わせると1000ポットも2000ポットもの数になってしまい、結局全部を植えきれずに無駄にしていた。そんなに作っても狭い庭やプランターで全て消費できるはずもない。人様にあげるにも限度があり、手間も金銭的にもずいぶん無駄なことをしていたものであった。近頃花づくりの熱が冷めてしまったわけでもないが、そろそろ自分を追い込むような園芸は止めにして、これからは楽しみながら庭いじりをしようと思い、数も減らそうと心を鬼?にして、芽生えた苗を選別していこうと思っている。だが微細な種ともなると1袋でおびただしい数の種子が入っているものもあり、。物によっては1袋1000粒はあろうかと云うほど細かい種もあり、選別しようにもこれがなかなか難しい。各色混合ともなると咲き始めてみないと選別ができない。こうした種子数が多いものは色別に買う訳にもいかず、結局100鉢を超えるものを育ててからようやく選別することになる。

Cimg2897 今日はそうした微細な種を平均に撒く方法について書いてみたい。今回蒔く種は「リビングストンデージー」と「金魚草」、「デージー」の3種。金魚草の種は小さいと入ってもそれほどでもない。だから厚紙を2つ折りにしたものに種を出して爪楊枝の先を少し湿らせ。そこにくっつけて一粒づつ用土の上にまんべんなく置いていけば、それほど苦労なく撒くことができる・・・ただやはり100粒を超えると根気がいる作業だ。発芽から鉢上げまでのあいだ使う平鉢に平均に均等に蒔くのは意外に難しい。そこで我がはなさか家の農園ではセルトレイを使うことが多い。セルトレイを使うと1穴1粒でわかりやすいから平均に蒔くことができるうえ、鉢上げまでの後々の管理も楽だからだ。

Dsc02096 さてお次は「リビングストンデージー」。こいつの場合種の小ささといったらまさに微細。画像の1目盛は0.5㎜だからおおよその大きさの想像が付くだろう。こんな小さい粒、いったい幾つあるか数えてみたが、100粒も数えたら嫌になってきた。多分700~800粒はあると思われる。小さいといえばペチュニアやケシの類、松葉ボタンなども小さい。こんな小さな種はどうやって平均に蒔くかと云えば・・・

 

Cimg2898Dsc02097  先ず、蒔き土の培土をできるだけ細かい篩にかけて微細な用土だけを選別する。これは単に種を混ぜるために使うだけだから、砂でもバーミキュライトでもピートモスでも何でも良い。次にその篩って広がった用土に細かい種をできるだけまんべんなく蒔くが、まぁこれは大雑把で良い。そしてその種が混じった微細用土をよく攪拌して篩った用土と種を更に平均に混合してから再び篩に入れセル培土の上から振りかけるように撒けばよい。この時セルポットの外にこぼれてしまい易いので、小さい茶漉しを使うと上手くいく。こうして撒いた発芽の様子は発芽を確認できる時期になったら画像をアップしよう。種が小さい分均等な発芽を確認できるようになるには最低3週間は必要でしょう。昨年までの例では、8×16=128穴のほぼ全てに平均に播種出来ていて1穴あたり平均2~5芽程が発芽している。しかし数えて撒いているわけではないので所によっては10芽以上も出ていたり全く種が落ちていないところもたまにはあるが、それでも2つ折りの紙に入れてトントン叩きながら播種する方法に比べたら比較にならないほど平均に蒔くことができる。こうして撒いたものは全体に間隔が疎らで、セル穴中央に種子が落ちているとも限らない。だから発芽後に芽が出来るだけ小さいうちにピンセットを使ってセル穴中央に植え直しすることも必要。でも比較的まばらに生えてくるので間引きもやりやすい。

 根が貧弱なリビングストンデージーの場合、6~8号の平鉢にばら蒔いても発芽数が多過ぎて間引きが非常にやりにくく、その根を痛め無いよう1芽づつポット上げするのは大変なこと。セル苗である程度大きく育てたものはその後ポットに移植もやりやすい。5鉢や10鉢程度の育苗ならこんなに面倒をすることも無いが、数少ない苗を育てるため鉢にばら撒いた場合、殆どを捨てることにもなる。それではなんとももったいない。セルポットを使って多く発芽したところを間引いて1穴1株にするのは間引きもやりやすく鉢上げも至極簡単で良いので少ない数の育苗の場合はセルポットをハサミで切り分けて必要な数だけの小さいセルトレイを作って撒いたら管理が楽になるのでぜひ試して見ると良い。この後はさらにパンジーなど数種類それぞれ色別に撒かねばならない。撒き時を逃さないよう当分慌しい日々が続く・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月16日 (土)

ズッキーニ初収穫

 先月、サイクリングに出かけた先の農産物直売所でズッキーニが売られていた。あまりに美味そうなので買ってきて食べてみたら想像どおりにウマイ!家の畑の片隅にも植えてみようと苗を探したが、少し時期はずれのためなかなか良い苗が見つからない、やっと見つけたものはもう少し枯れかかった売れ残りで弱々しい。ダメもとと黄色と緑のズッキーニ苗を1本づつ買ってきて植えてみた。最初はなかなか太らず心配したが、梅雨の雨とその後の暑さでみるみる成長し、植えて一ヶ月足らずで今では畝からはみ出し1本が1メートル四方を独占するほど大きく育ち葉っぱも巨大。

Dsc02056  数日前にようやく待望の雌花が開花したかと思いきや・・・実はグングン太ってわずか4日で食べごろサイズに成長した。一日5センチは長くなっているという育ちっぷり。今夜はこれを採って食べようと思っていたのだが、あいにく今日も明日も予定が入ってしまった。収穫しないでいたら育ちすぎてしまうし、採ってしまったら新鮮さがなくなってしまう。人間は夏バテ気味と云うのに夏野菜はこの暑さを喜んでいるようだ。どんどん夏野菜をとってその成長パワーをいただくことにしよう。ナスもピーマンもトマトも食べごろサイズが鈴なりというのに収穫しても食卓に上げる機会がなく月曜までお預けだ^^; 。結局育ちすぎを食べることになるのか (^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月29日 (土)

寒さに震える苗

 先週の日曜日以来気温の低い日が続いている。会社でも屋内でじっと座って仕事をしていると寒くて仕方が無い。動いていれば耐えられないことも無いのだが体を動かさないからついストーブを点けてしまう。もう5月も終わりというのに今年はどうしたことだろう。3ヶ月予報によればどうやら冷夏の予想とか・・・ 先週の日曜には今シーズン畑に植える野菜苗を大量に買い込んできた。毎朝夕、少しの間を見つけては少しづつ植えようと目論んでいたのだが、一週間殆ど雨が続き土がぬかるんで畑に入ることができない。徒長させないよう雨よけビニールハウスに取り込んであるのだが、こう寒くては成長することもないとは良いような悪いような・・・

Dsc01705Dsc01706_3  連休明けに「特価品の投売り」を買って苗の仕立て直しをしたものが一時は順調に育ってきたが、これもこのところ成長が鈍り気味である。余計な体力を消耗させないように、出てくる花芽は全て摘み取っているが、この寒さでは成長のしようもない。でも植え直した直後に比べたらその差は歴然。今日辺りから気温が回復するらしいが、陽が射さなくては畑も乾かない。何としても明日は植えたいがこんなに気温が低いとどうなることやら・・・。野菜苗に花苗、芽が出かかった球根類、他の畑仕事も山積み(*_*; 天気の回復は神頼み!、今夜も!また天気祭りしよっと!!(*^_^*)bottle

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月18日 (火)

賽の河原?

Dsc01700 桜もすっかり葉桜となり若葉がきれいだ。でも花びらが散ったこの時期、桜の花柄が落ちることにうんざりする。花びらは風に舞いどこかに飛んでいってしまうし、残ったものも地面で乾いてしまえば嵩も少ないから一度掃いてしまえばそれでおしまいだが・・・桜の花柄は重いから落ちてもそのまま残るし、落ちる期間が長く続くから困る(>_<) 掃いても掃いても毎日毎日落ちてくる。畑や空き地に落ちたものは自然に還るから良いが、我が家の桜は2面が道路。朝晩は散歩する人が多いし、小学校の通学路でもある。クルマのとおりも結構多く美観も悪い。だから何度か掃いているがまさに賽の河原の状態(~_~;) 雨の合間を縫って今日も掃いた花柄は一輪車に山積みで3台分、晴れて乾燥していたら掃きやすいが、濡れて踏みつけられた花柄は地面に張り付いて始末が悪い。でもそんな中掃いた花柄の山からもサクラの香り、赤い小さいサクランボ発見!まだほんの小さくちょうどマッチの先ほど。それでもちゃんとサクランボの香りはしている、というか桜餅の葉の香りだろうか?そんな余韻を楽しむ余裕も無く、明日も賽の河原で掃き掃除 (^_^;)

 花がきれいなのはほんの一瞬。他人様は咲いたときだけ「きれい!」で済むが、これの後始末を考えると ??って感じる。まぁ満開の桜の時期を思えば許せるかぁ~ あと何度掃いたら終わるんだろう。それにしても肥料なんて全くやってないのにこれだけの量を咲かせて成長させるエネルギーは何処から来るんだろう? そんな訳で思いつきflair、ホームセンターから安い鶏糞肥料を5袋ほど買い込んで根元にばら撒いた。桜に肥料なんてあまり聞いたことが無い、適期っていつごろ?? まぁそんなことどうだっていいか^_^; 「気は心!」って云うし。 これが効いて「来年は更にいっぱい咲いて散ったらどうしよう」なんて余計な心配だろなぁ。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 9日 (日)

特価品の投売を・・・

 自宅の庭に植える花の苗は、毎年自分で種を蒔いて育てている。でも今年は何かと慌ただしいことが重なってしまい、とうとう種蒔き時期を逸してしまった。今から種を蒔いたのでは育ってから定植するまで時間がかかり過ぎ、夏までに間に合わない。それまで何も花のない花壇ではいかにも殺風景(>_<)。かといって花が咲いた苗を買ってきて植えるのは如何にも安直で、日頃「園芸が趣味”!」なんて云っちゃってるから沽券にもかかわるし・・・だいいち庭やプランターに植える苗をみんな買ったなら、多分苗数は200~300株は必要だろうから乏しい財布なんて直ぐに空っぽになっちまう(*_*;。

Dsc01678Dsc01679   今日はホームセンターの園芸売り場を何軒かハシゴして何とか安い苗を確保しようとした。でも何処のHCも良い苗は最低百円から、チョイと変わった目新しいものは3~4百円とお高い物ばかり。最近のHCはあまり安いものを売りたがらず、どこを見たって新品種を称する利幅が大きい高い苗ばかり。それでもめげずに丹念に探してとうとうお宝発見!! 1組4ポット連結のマリーゴールドの苗で元々248円の品、仕入れて大分日数が経ち傷んでいるのが100円で投売り!!おまけに1ポットには数本の苗を間引かずにいるから×4で100円あたり15~6本の苗が手に入る勘定、これはお得!!。早速色別に3種類を14組ほどかごに入れた。これで14連結×4ポット×4本≒224本の苗が手に入ったことになる。しかも1400円、単純計算しても1本あたり6円強だ。これなら種を買うより安いかも??  うきうきしてレジに持っていったら・・・な・な・な・なんと「表示は100円ですが更に割り引かれていますから半額の50円になりま~~す」ってうれしいことを言ってくれた。200本を超える苗がたったの700円\(^o^)/ 超ラッキー!!

Dsc01681  

 他にもインパチェンスの98円が半額で50円、これを20ポット。ベゴニアの4連結ポットが100円、これを2組で8株。後はまともなファリナセアとポーチュラカ苗を合わせて15ポット、〆て3180円で購入。家に持ち帰りそのまま花壇に植えたものはファリナセアだけ。インパチェンスは傷んだ葉っぱを切り戻し、根傷みを確認し新しい用土を足して新しいポットに植え直し。ベゴニアもそれぞれポットから抜き出して3号ポリポットに植え直し。

 

Dsc01683  マリーゴールドは朝晩少しの暇を見つけてはポットから抜き、丹念に根を解して1本づつバラバラに分解。咲いている花も蕾も取り去って切り戻し新しい用土で1ポットに1本づづ植え直している。そんなに全部を植えるほどのスペースが無いのだから、もっと適当にに分けても良いのだが・・・「そんなに育てちゃってどうするつもり?」と言われようが凝り性の性分がいい加減なことを許さない。ポーチュラカなどにいたっては毎年少しでも枝数が多いものを1色1株づつ買って来て茎をピンチ。それを指し芽で増やせば直ぐに10倍20倍に増殖。高くて変えない苗は増殖に限る(^^ゞ 売って稼ぐわけでは無いから合法??これからまたいろいろな花苗を買ってきて増やす計画が目白押し。もう何年も更新してきたゼラニウムももう株が古くなり限界が近いからこれも買ってこなくては・・・

 あれもこれもと時間に追われる毎日・・・「♂忙しい、忙しい」とこぼせば「♀自業自得!」と云われるが止められない(*^_^*)根が活着し新芽が出て新しい蕾が上がるまでおよそ1か月。それまでは楽しみで毎日裏の畑のビニールハウスに通う日が続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月13日 (土)

ベランダ菜園

 園芸シーズン真っ盛りというのにあれこれ毎日があわただしい(~_~;) 自分で忙しさを作ってしまっているから、真綿で首を絞められたようで自由に身動きが取れず休日もへったくれもあったもんじゃない(>_<) 畑に花壇、天井裏の床張り、自転車。壊れたコンプレッサの修理や看板作りは4月から全く進んでいない(;_;)・・・ 遊びに出かける暇もない。夜は夜でパソコンに向かうのだが他の事で時間を費やしついついブログ更新がおろそかになりがち。

Dsc01217 畑を見ればどうにか植え終わった野菜苗が順調に育っている。しかし、草取りをしたいのに行っている間が無く、もう草はボーボーである。「蒔かぬ種は生えぬ」というが植えてさえおけばほおって置いてもどうにか育ってくれる。例のトロ箱に蒔いたレタスがベランダでベビーリーフとして食べ頃になっている。春先に植えたリーフレタスは青虫になったかのように毎日食べた^_^;が、ももそろそろシーズンが終わる。もう少し残っているのに、畑に収穫に行くのが面倒臭いようでベランダにあった方が都合が良い。ちなみに「 めんどくさがり」のことをこの地方の方言でノメシコキという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月12日 (火)

発泡スチロールの箱で

 裏庭の菜園でリーフレタスがスクスク育っている。でも2階に住んでいるので、それを畑に採りに行くため下に降りるのが面倒くさい (~_~;) そんな訳で畑のレタスとは別にベランダのプランターで栽培したものを毎日すこしづつ収穫し楽しんでいたが、とうとうそれを食べ尽くしてしまった。畑まで行けば食べきれないほどあるのにそこまで行くのが面倒、横着しようとまたプランターに種を蒔いた。

Dsc01134今度は今までより多く採れるよう大き目のプランターを探したが、ちょうど良い大きさが見つからない。そこで要らなくなったトロ箱に種を蒔いた。これがいかにも間に合わせといった風でどうも雰囲気を壊している。そこでちょっとだけ工夫をしてみた。去年のクリスマスの頃、発泡スチロールに色を塗るためいろいろ試行錯誤して水性のウレタンスプレーで着色したら上手くいったことを思い出し・・・トロ箱に色を付けてみた。最初は破片で何度かテスト。そのままスプレーすると表面がテカったようで様にならない。そこで表面をワイヤーブラシで荒らしてから塗ってみたら砂か岩みたいなタッチですごく良い仕上がりになった。これは使えるとばかり、トロ箱の表面をワイヤーブラシで削り始めたらひどいことになった(>_<) 削り屑が静電気を帯びた粉末になり、あっちこっちに纏わりついてどうしようもなく始末が悪い。途中で諦め今度はガストーチで表面を軽くあぶるという別の方法を試してみた。しかしこれは火加減が難しい。でも屑が出ない分後始末は楽だ。

Dsc01135  思いつきでやったものだから色を塗ってもやはりワイヤーブラシで削る方法より見栄えが悪い(~_~;)。でも今日のところはこれで良しとしよう(*^_^*)。トロ箱なんていくらでも手に入る厄介者だからまた作り直せばよい。今回はこげ茶を塗ったけど、茶色かグレーの方が似合いそうだ。今度作るときは溝を掘って板風にしたり、岩のような凹凸をつけたら面白そうとかロープを巻いて凝ってみたり・・・いろいろなアイディアが浮かんできた。スプレー缶1本が880円、これを全部使ったらいくつ塗れるだろう?塗料以外は只だから1個当たりの値段はプランターを買うより遥かに安い、トロ箱でも見栄えの良いプランターが出来そうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月19日 (日)

のこぎり馬

 花壇や畑に植える苗は買わず、なるべく自分で種蒔きから育てることにしている。品種や花の色を欲張るからついつい数が多くなり置き場所に困るようになってきた。今まで使っていた折りたたみ式の木製台が傷んできたので、作り直すことにしたが簡単に安く作る方法はないかといろいろ考えた。

Dsc01025_2 短い単管やイレクターパイプの端材はたくさんある、丈夫で見た目は良いがジョイント金具が高額になる、木製は材料を買わねばならないうえ腐りやすい、どれも一長一短。いろいろ考えた末ソーホース(のこぎり馬)というものに行き着いた。ソーホースというのは、のこぎりを挽くときに使う台である。コンパネで作ると平らでない空き地に置いた時ガタつく。ツーバイを使うプラスチック製のブラケットは値段が高い。シンプソンのソーホースブラケットは近くで扱っているところがなかった。そんなわけでフルトンのソーホースレッグという商品に決定。これなら近所のホームセンターで見たことがある。早速3セット購入、あわせてツーバイ材を何本か買って〆て4,000円ほどであった。ツーバイ材をカットし、防腐のクレオソートの塗装を2回して乾かし延べ2日で完成。

Dsc01030  フルトンのソーホースレッグはヒンジが付いているので、上部をつなぐ材の木ネジを取るだけで足の部分が折りたためる。用が済んだら畳んで仕舞えるから便利だ。高さを60センチと低めにしたから、テーブルの足に使ったりと何かと役に立つだろう。予算を節約し余って使わなかった手持ちのクレオソートを塗ったのだが、臭いがきつくて閉口した。鼻がムズムズ、鼻水タラタラ、くしゃみが連発(>_<) クレオソート油は発がん性があるというからやはり使うべきでなかった(^_^;) 防腐剤を塗って出来上がったその姿を見たら正に栗毛の馬ソックリ(^^ゞ Horseとはグッドネーミング。 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月12日 (日)

越後の春は百花斉放

♪雪が消えれば越路の春は、梅も桜もみな開く・・・ これは十日町小唄の一節であるが、まさに越後の春は百花斉放。

Dsc00981 Dsc00983  少雪で早くから温かい日が続いたこともあり、桜の花も開花から3日ほどで満開となってしまった。この分だと次の日曜に予定している花見の頃はもう終わりだろうか?月曜のブログにも書いたのだが、咲く前には判りにくかったのだが咲くにつれ我が家の桜はやはりテッペンが壊滅状態であることがハッキリしてきた。これは同じ木の上と下の状態だが、上はほとんど咲いていない(T_T)。下から見上げたり、夜桜の照明では上が見えないから良いのだが、日中青空の下で見たらやはり淋しい限りだ。市内でもほとんどウソの食害を受けていないところもあるが、山手に近いほど被害がひどい。しかし、桜ばかりが春の花じゃない(^^♪ 

 我が家の花壇と周辺で今見られる花と云えば、桜を筆頭に・・・パンジー・金盞花・ストック・デージー・チューリップ・ムスカリ・みつまた・レンギョウ・ユキヤナギ・ハナモモ・リビングストンデージー・ポリアンサ・オブコニカ・メラコイデス・ノースポール・ムルチコーレ・シバザクラ・ヒヤシンス・水仙・ツルニチニチソウ・・・ 野草ではヒメオドリコソウ・イヌノフグリ・タンポポ・キクザキイチリンソウ・ニリンソウ・カタクリ・ショウジョウバカマ・ハナダイコン・イカリソウ・・・多すぎて思い出せない名前もまだある(~_~;)

 これから開花を迎える花も数多。りんご・カイドウ・ドウダンツツジ・レンゲツツジ・ハナミズキ・ヤマブキ・ハコネウツギ・オリエンタルポピー・シャスターデージー・ナデシコ・デルフィニュウム・ルピナス・アザレア・クンシラン・スズラン・・・・。

 それよりもう少し先になるが、シラン・ジャーマンアイリス・ハナショウブ・アジサイ・バラ・・・ 雪解けからふた月の間はほとんど絶え間なくいろいろな花が咲き続ける。それに付けても直ぐに名前を思い出せないのは情けない、えぇ~~とあれは何だっけ??。名前を思い出すのは頭の体操。でも・・・夕べは「夜」という字をド忘れしてなかなか書けなかった、ショックだった(>_<)。 こんなことがこれからどんどん増えるのだろうか? パソコン頼りではいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 9日 (木)

野焼き

 このところの初夏を思わせる陽気がつづき、温かいというより暑いくらいだ。空気が乾燥し各地で野焼きから山火事が頻発。市内でも連日のように何箇所かで消防車が出動している。

 我が家の畑でも枯れ草や枯れ枝の処理に困っている。焼いて土に戻すのが手っ取り早いが、こう乾ききっていると焼くのをためらう。さりとて有料のゴミ袋に詰めて出すには手間もお金もかかりすぎる。野焼きが禁止されているのはわかるが、耕作で出る枯れ草や枝などを燃やして処理するのは何千年も続いてきたこと。いまさら禁止なんて云うのは既得権の侵害だ。(--〆) 

 CO2排出云々をいうならば、食料生産もせずデカイ車を乗り回しCO2を垂れ流しているのを止めたり、少し暑いからといってエアコンのスイッチを入れるのを禁止するほうがよほど削減できるのではないか!と屁理屈をこねて焼却の機会を窺がっている。しかし、こう連日火災が起こっていることを思うと、肩身が狭く当分出来そうにない。早くrain雨が降ってくれないかなぁ~ 土が湿らないと苗も植えられない、その前に枯れ草を片付けてしまわないと・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧